Fandom

マーベル・コミック Wiki

ヴァネッサ・カーライル(アースTRN414)

480このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

  ヴァネッサカーライルは、ニューヨークに住むストリッパー、売春婦で、ウェイド・ウィルソンの恋人。

バイオグラフィー編集

ヴァネッサは、小さい頃、彼女の叔父から卑猥な虐待を受けていた。

X-MEN2編集

ミスティークがストライカーのコンピューターにアクセスした時、ミュータントのリストに彼女の名前が載っていた。

デッドプール(映画)編集

売春婦だったヴァネッサは、傭兵達が仕事を貰いに集う「シスターマーガレットのバー」で傭兵のウェイド・ウィルソンに出会った。 やがて彼女らは付き合い始めてほぼ一年経ったあと、ウェイドは彼女にプロポーズをした。 だが、その直後にウェイドは末期ガンを発症してしまい、彼はヴァネッサに辛い思いをさせたくない為、家を出ていこうとする。 そしてある日、バーでウェポンXプログラムのリクルーターに出会い、末期ガンが治せると聞き、計画の被験者になり、彼女のもとを離れた。ミュータント遺伝子を活性化させる血清の突然変異を誘発させるために、エイジャックスらはウェイドに苦痛を与えた。 その結果、アドレナリンで血清の効果が出始め、驚異的な治癒能力を得たが、その影響で彼の顔と皮膚の外観が火傷を負ったようにひどく醜い容姿になってしまった。

そして、ウェイドは自作の赤いマスクとコスチュームに身を包み、傭兵「デッドプール」として知られるようになった。

その後、彼女は働いているストリップクラブに行くと、その近くの路地でAjaxらに誘拐されてしまい、廃船になった航空母艦へと連れていかれる。 デッドプールは、彼女を助けに行き、Ajaxらを倒し、全てをヴァネッサに話すと、彼女は怒っていたが、最後はキスをして仲直りした。

相関関係編集

  • エンジェルダスト– 敵

登場作品/俳優編集

X-MEN2(名前だけ)

Deadpool-モリーナ・バッカリン

トリビア編集

  • コミックスでは、ヴァネッサはミュータントで、名前はコピーキャットといい、変身能力を持っている。
  • コミックスでも、彼女は売春婦だったが、ウェイドウィルソンに出会ったのはニューヨークではなくボストン。
  • コミックスでは、傭兵になった。

ギャラリー編集

Galleryの内容を入れてください。

参照編集

See Alsoの内容を入れてください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki