Fandom

マーベル・コミック Wiki

レイチェル・マクアダムス

480このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

レイチェル・マクアダムスはドクター・ストレンジに出演する。


生い立ち編集

1978年11月17日カナダオンタリオ州ロンドンで生まれ、セント・トーマスで育つ。父親のランスはトラックドライバー、母親のサンドラは看護婦[1]。弟(ダニエル)と妹(ケイリーン)がいる。4歳からフィギュアスケートを学びはじめ、12歳から演技を学ぶ。 13歳の時にサマーキャンプシアターに参加。トロントのヨーク大学で演劇を学んだ。


キャリア編集

1998年にディズニー映画 The Famous Jett Jackson でデビュー。その後カナダのテレビや映画に出演した後、2002年公開の『ホット・チック』で注目を浴びる。

2004年にはリンジー・ローハンと共演した『ミーン・ガールズ』の学園の女王レジーナ役、また『きみに読む物語』のヒロイン役を演じてブレイクし、MTVムービー・アワードのブレイクスルー女優賞やベスト・キス賞(ライアン・ゴズリングと共に)を受賞した。

2005年にはウェス・クレイヴン監督のスリラー『パニック・フライト』、オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン主演のコメディ『ウェディング・クラッシャーズ』、ダイアン・キートン、サラ・ジェシカ・パーカー主演のロマンス『幸せのポートレート』のヒット作に出演。翌年にはアカデミー科学技術賞の司会を務めた。

2009年アクションミステリー映画『シャーロック・ホームズ』と2011年に続編『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』ではホームズを翻弄するアイリーン・アドラー役を演じた[3]。全世界で二作は合計10億ドルを超える興行収入を記録している。

2010年、主演コメディ映画『恋とニュースのつくり方』でニュース番組プロデューサーのベッキー・フラーを演じた。

2011年5月、第64回カンヌ国際映画祭でオープニング上映された作品『ミッドナイト・イン・パリ』ではオーウェン・ウィルソン(ギル)の婚約者イネスを演じている。

2012年に、チャニング・テイタムとの主演映画『君への誓い』[9]が高い評価を得た。

2013年、SF恋愛映画『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』で主演メアリー役を演じたマクアダムスを監督リチャード・カーティスは「彼女はどの作品でも素晴らしい演技を見せてくれるし、癒しの力を持っている」と評した。

2014年、スリラー映画『誰よりも狙われた男』で弁護士アナベル役で出演した。

2015年(日本公開12月)アニメーション映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』で声の出演をしている。同年、米HBOドラマシリーズ『TRUE DETECTIVE』第2シーズンに出演した。


私生活編集

『きみに読む物語』で共演したライアン・ゴズリングと交際していたが、2007年2月に破局。

2009年から俳優のジョシュ・ルーカスと交際していたが、数ヶ月間で破局した。

2010年からはマイケル・シーンと交際している。

ベジタリアンである。友人と「green is sexy」というエコロジー・ウェブサイトを運営していた。(同サイトは2014年5月30日現在、閉鎖の模様)


主な出演作編集

セリフ編集

トリビア編集

出典編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki