FANDOM



H alternate 3 ネタバレが含まれています!!
この記事には、近日公開または公開中の
作品のネタバレが含まれています。ご注意ください。

”スイート・クリスマス!”

-ルーク・ケイジ

ルーク・ケイジは実験によって怪力と防弾の皮膚を手に入れた黒人のヒーローである。

ヒストリー編集

生い立ち 編集

カール・ルーカスは牧師の息子として生まれ育った。

投獄、レヴァとの出会い 編集

無実の罪を着せられシーゲート刑務所に投獄されたカールは、監察官レヴァ・コナーズと心を通わせる。

刑務所内の生活によって徐々に荒れていくカールだったが、

ジェシカ・ジョーンズ 編集

レヴァと結婚し、ニューヨークのヘルズキッチンで小さなバーを経営していたが、彼女を交通事故で亡くしてしまう。事故の原因がのちに出会うジェシカ・ジョーンズキルグレイヴだとは知らなかった。

数ヶ月後、ルークは密かに妻を殺した罪の意識から彼をつけていたジェシカと出会う。二人は夜を共に過ごす関係になり、お互いのパワーの秘密を知った後も関係を続けたが、彼への罪の意識とキルグレイヴへの恐れから、ジェシカは理由を伝えることなく一方的に関係を断ち切った。

ルークは妻が事故死した原因を調べ、レヴァを轢いたバスドライバーの名前を突き止める。ドライバーはその日飲酒運転をしていた。怒りに身を任せてドライバーの居場所を探し出したルークだったが、ドライバーを救うために現れたジェシカに止められ、妻の死を受け入れて過去を忘れるように説得を受けた。

ジェシカからキルグレイヴのことを聞いたルークは彼女と共に彼を殺そうとするが、逆にキルグレイヴの洗脳にかかってしまう。ジェシカとルークの関係を知ったキルグレイヴは、バーを破壊し彼女を殺すように命令した。ジェシカは彼を止めるため、至近距離でショットガンを発砲し昏睡させる。

ジェシカはルークを病院に連れて行ったが、鋼の皮膚を持つルークに注射の針は通らなかった。看護婦クレア・テンプルの機転で眼から注射することで助けられたルークは、引き続き治療を受けるためにジェシカの家に隠される。ジェシカがキルグレイヴを殺した後、目を覚ましたルークはひっそりと姿を消した。

ハーレムへ 編集

ルークはハーレム地区に移り、元妻レヴァとも親交があったポップの理髪店で働いていた。

性格編集

強大な体格とは裏腹に比較的穏やかな性格ではあるが、自分の正義や黒人としてのプライドに反するものには容赦がない。経営するバーには非常に愛着を持っており、店で不貞を働く輩には制裁を加えていた。

力と能力編集

編集

  • 超人的な強さ:最大25トンもの重さを持つことができる。
  • 超人的なスタミナ:常人のそれとは比べ物にならない無限に近いスタミナを持つ。
  • 鋼の皮膚:至近距離から放たれた銃弾を跳ね返す。高所から落ちても怪我をすることはなく、バスに轢かれても大丈夫だった。通常の刃物やドリルですら全く刺さることがなく、外科手術が必要な場合は医療レーザーで焼き切るしかない。皮下の筋肉組織もこの限りではないが、頭部にショットガンを撃ち込まれた際は脳震盪で昏倒した。また目玉や喉の奥などの内臓は強化されていない。
  • 速攻治癒:万が一怪我を負っても、常人の1/3の時間で治癒する。
  • 魅惑的な肉体:実験によって強化された肉体は非常に発達しており、全く鍛えることをせずとも常に屈強な身体を保ち続ける。女性に効果抜群のフェロモンを出している。
  • 強い免疫力:毒素や病気、放射性物質に耐えられる免疫力を持つ。また、食べ物や水なしでも生き続けることができる。
  • 超感覚:視力、聴力、嗅覚、味覚など感覚の全てが強化されている。暗闇でも動きを判別することができ、絶対音感を持ってわずかな音も聞き取れる。

能力編集

  • カリスマ:非常に雄弁で説得力のある話をし、人々を引き連れる力を持っている。
  • 知性:法ビジネスを独学で学ぶ。多言語を操る。

ノート編集

スタン・リーによる創作秘話編集

トリビア編集

  • コミックでのルーク・ケイジのキャッチフレーズは「スイート・クリスマス!」であり、ドラマ作中でもルークの口癖になっている。
Screen-shot-2016-10-03-at-122109-pmpng

脱獄するルーク

  • シーゲート刑務所から脱獄した際にルークが着ていたありあわせの服と実験用の拘束具、髪型は原作コミックのパワーマンの姿そのものである。ただしすぐに脱ぎ捨てられてしまった。

参考リンクと出典編集

More編集

フットノート編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki