Fandom

マーベル・コミック Wiki

リランド・オウルズレイ(アース199999)

480このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

私が万一のことを考えていないとでも思うか?”

ーリランド・オウルズレイー

リランド・オウルズレイは、ジェームズ・ウェスリーを通してウィルソン・フィスクと同盟を結んでいた会計士である。

経歴 編集

フィスクとの同盟 編集

デアデビルとの対峙 編集

ヤクザとの話し合いの直後、ウラジーミルからリランドの情報を聞き出したマット・マードックに襲撃されるが、スタンガンで応戦し逃走することに成功する。

フィスクとの決裂 編集

ヴァネッサがフィスクを誘惑し正気を失わせていると考え、マダム・ガオと協力して彼女を殺害しようと目論む。フィスクのパーティでは、政敵の犯行に見せかけて彼女を含む多数の人間に毒を盛った。 

ウェスリーの死後、彼が独断で動くのを止めなかったフランシスを殴り続けるフィスクに対し、フランシスから彼への忠誠心を評価することで暴力を止めた。

マダム・ガオがマードックの襲撃を受けた後、組織の今後について話し合うが、彼女にあっさりと組織を抜けると告げられ驚く。

その後、フィスクと組織について話し合っていた最中、金の動きを不自然に思っていた彼から問い詰められ、ヴァネッサを殺そうとしていたことや、彼の金を横領していたことについて自白する。そしてフィスクとの決別を宣言し、秘密裏に匿っていたホフマンによるFBIへの自白をちらつかせ彼を脅迫、資産の半分を要求する。しかしヴァネッサを殺そうとしたことを許さないフィスクはリランドに襲いかかり、スタンガンで反撃するも効果のないまま転落死させられた。

もし生きていれば、息子と税金のない国で身を隠して生活する予定だった。

性格 編集

神経質な性格で、マードックによる襲撃の後、フィスクが増やした護衛の数を少ないと心配していた。さらにフィスクへの対抗策としてホフマンを匿うなど、味方に対しても疑いの目を向けることが多かった。

また隠し事が下手で、秘密について聞かれると不自然な喋りになったり、震えが止まらなくなったり、汗を流したりなどとわかりやすい特徴が出る。

能力と弱点 編集

能力 編集

  • 頭脳:裏の金を常に動かして怪しまれないようにしたりなど、経理関係の作業に長けている。また戦略的な頭脳の持ち主であり、フィスクを正気に戻すためにヴァネッサに毒を盛る、ホフマンを匿ってフィスクへの切り札にするなど、味方に対しても気づかれず先回りした計画を練ることができる。

弱点 編集

格闘技術は皆無。フィスクに襲われた際にはスタンガンで抵抗したが彼には通用せず、容易に投げ落とされてしまった。

装備 編集

メルヴィン・ポッターが作った丈夫な生地の防護服を着ている。

トリビア 編集

  • 初期のプロットでは、リランドは最後まで生き残り、ニューヨークから逃げる最中に謎の男に射殺されるというポストクレジットシーンが挿入される予定であった。これはシーズン2にパニッシャーが登場する伏線となるシーンであったが、この案は廃止された。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki