FANDOM



イベント詳細 編集

ケイ・カワデという名の男の子が自身の部屋で絵を描いている間、空からは雨のように巨大モンスターが流れ入ってくる。アベンジャーズがモンスターの一体を相手にする間、ヴィジョンが世界中で類似した事件が発生していることを知る。ストームとX-MENはロンドンで、ブラックパンサーとシュリはワカンダで、ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーはシアトルで、インヒューマンズはベニスでモンスターに対処している。

一方、ムーン・ガールはマンハッタンのロウアー・イースト・サイドの研究所で状況を分析し、科学においてこの事件の問題を理解し始める。もう一体のモンスターがロサンゼルスを攻撃し、チャンピオンズによって対処される。エルサ・ブラッドストーンはペルーの古代遺跡で、侵入するモンスターが唯一恐れる存在が彼らの王であるとの予言が記されていた。何が起こっているのか知るためにケイは家から出るが、そこへフィン・ファン・フーム、ゴージラ、グリーンシング、ズタックに直面する。[1]

ますます多くのモンスターが襲来し続ける。キャプテン・マーベルとアルファ・フライトは宇宙でモンスターに対処し、より大きな群れが地球に向かっていることをアベンジャーズに知らせた。キャプテン・アメリカはヒーローチームの代表達(メデューサ、ストーム、スターロード、キャロル、エージェント・コールソン)から新たな情報を得る。世界中のヒーローがモンスターに対処する中、ムーン・ガールは状況を分析し彼らが何を言っているか知ろうとしていた。彼女の装置は彼らが統治者を呼び出し地球は荒らされるだろうとを表した。

イリノイでエルサ・ブラッドストーンはある人物の手がかりを探し、小学校でモンスターの一つと同じ印を発見する。そのシンボルを示すのはケイだった。ケイの家では両親が「それ」が再び起こっており、より悪いことになっていると話す。モンスターを描くケイの部屋に、突如エルサが現れた。彼はモンスター・ハンターであるエルサの大ファンで、なぜここに来たのか尋ねたが、彼女はただ仕事をしていると答えた。

ガーディアンズの下に増援としてアベンジャーズ、チャンピオンズ、デッドプール、ドクター・ストレンジ、メデューサが到着。しかし、もう一つの群れが彼らに接近し、より強大な群れの前にキャプテン・アメリカは立ち尽くしてしまう。[2]

キャプテン・アメリカは平静を取り戻し、アベンジャーズとチャンピオンズで左右に分かれて戦おうとする。しかし、そこへもう一組のモンスターが現れて彼らは向かい合い戦い始めた。キャプテン・アメリカはシールドを読んでモンスター達が戦っている間に市民を救助するようマリア・ヒルに指示した。勝ったモンスター達はヒーロー達に危害を加えないと話して消えていった。皆が何があったかについて考え、マリア・ヒルがそのモンスター達が空から降ってきたものではなく、かつてから地上にいる地球のモンスターであると知らせた。エルサ・ブラッドストーンがそこへ現れ、彼女は何が起きているか知っていると話した。

ニューヨークのパーカー・インダストリーズにてヒーロー達はケイの力について知る。彼の能力は彼が書くものは何でも生命を宿すことはできる。キャプテン・アメリカは問題の原因が彼ではないかと問うが、エルサいわく彼は解決であると。ケイは描いたモンスターを呼び出すことができ、それを証明するためにデビル・ダイナソーを呼び出したが、偶然にもムーン・ガールも一緒に現れた。彼はヒーローよりもモンスターを好んで描いており、ヒーローを書いて呼び出すのは絶望的だろうと話す。力の起源として両親が緑の雲にケイが飲まれてから発現したことを明かし、彼がインヒューマンだとメデューサが述べた。カーナックはかつてケイに似た能力をもったインヒューマンがおり、彼女とモンスターの間に戦いが起こり、大きなモンスターはリヴァイアサン・マザーと呼ばれた。スパイダーマンが彼女が戦いに勝ったか尋ねるも、カーナックは勝てなかったと話す。現在このリヴァイアサン・マザーは地球に向かっており、彼らの唯一の希望が11歳の子供であるとキャプテン・アメリカは話す。

地球の外側では巨大なモンスターの存在によってモンスターの全軍が地球へ送られるのだった。[3]

ニューヨークでスーパーヒーローとゴライアサンズはリヴァイアサンズを倒すために力を合わせて戦う。ケイ・カワデはパーカー・インダストリーズの資源を使って世界中に目を通し、彼の力でモンスターを送り込んで援助していた。リヴァイアサンズは彼らの叫び声で地球の破壊を明かす。ウルヴァリンやマイルズのスパイダーマン達はケイの護衛を任されている。ケイは世界中にモンスター達を送って戦っていたが、ムーン・ガールが未完成のスケッチを完成させるよう提案するも、ケイはそれが自分で思いついたモンスターであり書いても動かないと拒否した。リヴァイアサンズ・サーヴィターがバクスタービルを包囲し、ヒーロー達が対処する間にケイたちは逃れた。しかし、バクスタービルを狙っていたのはかつてないほど巨大な敵リヴァイアサン・マザーだった。[4]

ヒーロー達とゴライアサンズがリヴァイアサン・マザーに挑むも敵わず、隠れるケイを呼び始まる。ケイはリヴァイアサン・マザーのメッセージを理解するが、彼は何をすべきか確信できていなかった。ムーン・ガールとケイの両親は彼に逃げるよう提案するが、たとえ怖くともリヴァイアサン・マザーを止めない限り地球を破壊する彼女に立ち向かう義務があるとケイは話す。ケイはリヴァイアサン・マザーに近づいて、未完成だったスケッチを描き終え6人の新たなモンスター、スライジック、ハイヴォ、イージス、ファイアクロウ、スクラッグ、メカラが現れた。6人がリヴァイアサン・マザーに立ち向かうが、ファイアクロウが殺害されケイも鼻血を垂らした。劣勢になったモンスター達だったが、ケイは彼の力を使って5体のモンスターを合体させた姿、スマッシャーを完成させた。リヴァイアサン・マザーを圧倒し、最後はスマッシャーソードで一刀両断にし彼女を倒した。フィン・ファン・フーム達ゴライアサンズはケイの援助に感謝する一方で、彼らを呼び出すことには警告して去っていった。マリア・ヒルはリヴァイアサンズの一部が逃げずに世界各地で隠れたことを知らせた。ケイは彼のために作られたムーという名の島で両親とモンスターと共に過ごすこととなった。傍らではケイを導き世話をするためにエルサ・ブラッドストーンが島に残った。[5]

タイイン 編集

  • All-New X-Men Vol 2 #1.MU
  • Avengers Vol 7 #1.MU
  • Champions Vol 2 #1.MU
  • Doctor Strange Vol 4 #1.MU
  • Guardians of the Galaxy Vol 4 #1.MU
  • Spider-Man/Deadpool #1.MU
  • Totally Awesome Hulk #1.MU
  • Uncanny Inhumans #1.MU

ビデオ 編集

Marvel Monsters Unleashed - Part 102:13

Marvel Monsters Unleashed - Part 1

リンクとリファレンス 編集

  1. Monsters Unleashed Vol 2 #1
  2. Monsters Unleashed Vol 2 #2
  3. Monsters Unleashed Vol 2 #3
  4. Monsters Unleashed Vol 2 #4
  5. Monsters Unleashed Vol 2 #5

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki