FANDOM


ミッチェル・エリソンはニューヨーク・ブレティン紙の記者であり編集長。カレン・ペイジに協力する。

ヒストリー 編集

ユニオン・アライド事件〜フィスクの逮捕 編集

記者であったベン・ユーリックウィルソン・フィスクの事件について調べることをよく思っておらず、記者から編集者の道へ進むことを勧める。

しかし、その後もフィスクの事件を調べ続けるベンの独断に苛立ちを覚え、彼をクビにする。その後ベンの葬式にもやってくるが、彼に対しての態度からカレンにはフィスクに買収されているのではないかと疑われた。

フィスクの逮捕後、彼に買収されていたニューヨーク・ブレティンの女性社員が逮捕されるのを、物憂げな表情で見つめていた。

パニッシャー出現後 編集

パニッシャーの事件について調べるためにやってきたカレンに対して、スクープがあれば自社の独占記事にすることを条件に調査に協力する。

パニッシャーことフランクの裁判後も、未だに謎が残る彼の家族が死亡した事件について調べるため、カレンとともにテッパー医師のもとを訪れる。しかし二度目に訪れた時はテッパー医師はブラックスミスの手により死亡しており、カレンが同じような目に合わないよう「同じ間違いはしない。大事な人は守る」と言って2人の警官を彼女の護衛につけた。

フランクが死亡したという報道がなされた後は、彼についての調査を諦めようとするカレンを諭して、調査を再開させる。

闇の手による誘拐事件後のクリスマスイブには、カレンがフランクの記事を書こうとしていることに対し「いや、もう古い。すでに全て報道されてる」「何か新しいものを書け。他とは違い、君にか書けないものを」とアドバイスし、カレンが経験した真実を書くことを促し、スコッチを渡して「サンタが現れるまでに仕上げろ」と告げる。

力と能力 編集

能力 編集

  • 人脈:ニューヨーク・ブレティンの編集長として警察にも多少の人脈があり、独断で警官を警護に回すことができる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki