FANDOM



ヒストリー編集

生い立ち編集

親に捨てられたレイブン・ダークホルムは食べ物を盗むためにウエストチェスターの屋敷に忍び込み少年時代のチャールズ・エグゼビアと出会った。彼女はエグゼビアの母親に変身してだまそうとしたが彼は偽物だと気づいた。自分だけが皆と「違う」わけではないという事実に興奮したエグゼビアはレイブンに家族として一緒に住むよう提案した。

数年後、ダークホルムはオックスフォードで遺伝学について研究するエグゼビアについてイングランドへ行き、彼の妹としてウェイトレスをしていた。彼女は自身の本当の姿を隠す必要がありそのためのふたりの関係に影を落とすこともあった。

X-メン編集

モイラ・マクタガートがエグゼビアにミュータント・テロリスト・セバスチャン・ショウ逮捕の協力を依頼すると、彼女もCIA本部に同行し、黒服の男ら政府職員たちに能力を見せた。エリック・レーンシャーショーン・キャシディアレックス・サマーズアーマンド・ムニョスたちミュータントを集め、後にX-メンとなるチームの原型を作った。

ハンク・マッコイはダークホルムに心奪われふたりの間に恋が芽生え始めた。マッコイは外見の変化を隠す代わりに能力が消える薬を開発してきたことを明かした。彼はダークホルムの姿を変える能力が薬を完成させるカギであると考えていた。マッコイは彼女の血液サンプルを欲しがり、「普通」の外見になりたいという望みやキスを共にした。しかし真の姿こそ美しいというレーンシャーの意見が考えを変え、彼女はマッコイが完成させた薬を使うことを拒んだ。マッコイは自ら薬を注射したが、その結果、全身が獣化してしまった。その薬は彼が想定していたのとは逆に変異を促進する効果があったのだった。

チームはキューバ危機に赴き、ヘルファイア・クラブの世界征服計画を防いだ。だが、レーンシャーはそこで、人間とミュータントの共存は不可能だと信じ始め、殺されるのを待つより支配することを主張した。レーンシャーに共感したダークホルムはチームを脱退し彼とブラザーフッド・オブ・ミュータンツを結成した。

ボリバー・トラスク殺害編集

1973年、ミスティークはミュータントで人体実験をし、友人たちを死に追いやったボリバー・トラスク博士を殺害した。これがはじめての殺人だった。トラスクはミュータントを殺すロボット、センチネルの開発をしていたが、この事件によって政府はセンチネルが必要であると考えるようになった。

ミスティークは拘束され拷問され、DNAのサンプルを採取された。彼女のDNAによりミュータントのパワーに順応するより強力なセンチネルの開発が可能になった。その後彼女は脱走に成功した。

ブラザーフッド・オブ・ミュータンツ編集

ミュータント登録法案を推し進めるケリー上院議員をミュータント化するため、ミスティークは彼の秘書ヘンリー・ガイリッチに変身した。

リバティ島においてミスティークはウルヴァリンと対決した。彼女はウルヴァリンの爪に刺され傷を負った。しかし彼女は負傷した警官に化けて警察の目をごまかし生き延びた。

マグニートーの装置によってケリー上院議員は死亡したため、ミスティークが議員に化けて法案成立を止めた。

X-メンとの協力編集

ケリーに化けたミスティークはウィリアム・ストライカーからマグニートーが連邦刑務所にいることを知った。彼女はストライカーの秘書ユリコに変身してオフィスに忍び込み、マグニートーのプラスティックの牢獄や警備員の名前、ストライカーの計画を突き止めた。マグニートーを救出した彼女は彼と共にX-メンと一時的に手を組んだ。

森に野営していたときミスティークはジーン・グレイに変身してウルヴァリンを誘惑した。ウルヴァリンが脇腹の傷に気がつくと、彼女は本来の姿に戻り、こんな傷をつけた者は初めてだと言った。その後ミスティークはアルカリ湖にあるストライカーの基地に入るためウルヴァリンに化けた。

キュア編集

ミスティークはワーシントン・ラボでミュータント化を止める薬(治療薬、キュア)についてのファイルを得るため食品医薬品局に忍び込んで捕まった。マグニートーが助けに現れたが、彼女は警官が放ったキュアの銃弾を身代わりになって受けた。自己犠牲に驚いたマグニートーだったが、ミュータントの力を失って白人の肌に黒髪となった彼女を見捨てて立ち去った。

ミスティークは政府にマグニートーの隠れ家を教えたがそれは罠だった。

舞台裏編集

X-メン』、『X-MEN2』、『X-MEN: ファイナル・ディシジョン』においてミスティークを演じたのはレベッカ・ローミンであり、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』、『X-MEN: フューチャー&パスト』、『X-MEN: アポカリプス』ではジェニファー・ローレンスが演じた。『ファースト・ジェネレーション』における少女時代の彼女はモーガン・リリーが演じた。この作品にはミスティークの変身フォームのひとつとしてレベッカ・ローミンが出演した。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki