FANDOM


マーベル・シネマティック・ユニバースMarvel Cinematic Universe)は、マーベル・スタジオが製作するスーパーヒーロー映画作品が共有する架空の世界、及び作品群の総称である。略称は「MCU」。

概要 編集

アメリカン・コミックの「マーベル・コミック」を原作としたスーパーヒーローの実写映画化作品を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う作品群。 世界で最も大きな興行的成功を収めている映画シリーズであり、2位の『スター・ウォーズ・シリーズ』に大差をつけ世界歴代1位の興行収入を記録している[1]。 公開順で挙げると、以下の映画作品が同一の世界観を舞台としており、当シリーズに該当する。作品によっては別のコミック作品であるキャラクターが共演している。なお、日本での公開順は最初期の2作が入れ替わっている。

フェイズ1 編集

フェイズ2 編集

フェイズ3 編集

フェイズ3以降 編集

  • 『スパイダーマン2 (仮)』(2019年7月5日全米公開予定)
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3 (原題)』(2020年公開)

テレビドラマシリーズ 編集

また映画以外に、テレビドラマシリーズとしても作品展開している。

作品 編集

作品名 北米
公開日
日本公開日 監督 脚本 製作 現状

フェイズ1: アベンジャーズ・アッセンブルド

アイアンマン 2008年5月2日 2008年9月27日 ジョン・ファヴロー[2] マーク・ファーガス
ホーク・オストビー[3]
アート・マーカム
マット・ホロウェイ[2]
アヴィ・アラッド
ケヴィン・ファイギ
公開済み
インクレディブル・ハルク 2008年6月13日 2008年8月1日 ルイ・レテリエ[4] ザック・ペン[5] アヴィ・アラッド
ゲイル・アン・ハード
ケヴィン・ファイギ
アイアンマン2 2010年5月7日 2010年6月11日 ジョン・ファヴロー[6] ジャスティン・セロー[7] ケヴィン・ファイギ
マイティ・ソー 2011年5月6日 2011年7月2日 ケネス・ブラナー[8] アシュリー・エドワード・ミラー
ザック・ステンツ
ドン・ペイン
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 2011年7月22日 2011年10月14日 ジョー・ジョンストン[9] クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー[10]
アベンジャーズ 2012年5月4日 2012年8月14日 ジョス・ウェドン[11]

フェイズ2

アイアンマン3 2013年5月3日[12] 2013年4月26日 シェーン・ブラック[13] ドリュー・ピアース
シェーン・ブラック[14][13]
ケヴィン・ファイギ 公開済み
マイティ・ソー/ダーク・ワールド 2013年11月8日[15] 2014年2月1日 アラン・テイラー[16] クリストファー・ヨスト
クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー[17]
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 2014年4月4日[18] 2014年4月19日 ジョー&アンソニー・ルッソ[19] クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリイ[20]
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 2014年8月1日[21] 2014年9月13日 ジェームズ・ガン[22][23]
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 2015年5月1日[24] 2015年7月4日 ジョス・ウェドン[25]
アントマン 2015年7月17日 2015年9月19日 ペイトン・リード エドガー・ライト
ジョー・コーニッシュ
アダム・マッケイ
ポール・ラッド

フェイズ3

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 2016年5月6日 2016年4月29日 ジョー&アンソニー・ルッソ[26] クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー[26]
ケヴィン・ファイギ 公開済み
ドクター・ストレンジ 2016年11月4日 2017年1月27日 スコット・デリクソン スコット・デリクソン
C. ロバート・カージル
ジョン・スペイツ
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス 2017年5月5日 2017年5月12日 ジェームズ・ガン
スパイダーマン:ホームカミング 2017年7月7日 2017年8月11日 ジョン・ワッツ ジョナサン・ゴールドスタイン
ジョン・フランシス・デイリー
ジョン・ワッツ
クリストファー・フォード
クリス・マッケーナ
エリック・ソマーズ
マイティ・ソー バトルロイヤル 2017年11月3日 タイカ・ワイティティ エリック・ピアソン
ブラックパンサー 2018年2月16日 2018年3月1日 ライアン・クーグラー ジョー・ロバート・コール
ライアン・クーグラー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 2018年4月27日 ジョー&アンソニー・ルッソ クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
ポストプロダクション
アントマン&ワスプ テンプレート:Start date N/A ペイトン・リード アンドリュー・バラー
ガヴリエル・フェラーリ
ポール・ラッド
クリス・マッケーナ
エリック・ソマーズ
ポストプロダクション
キャプテン・マーベル テンプレート:Start date N/A ライアン・フレック
アンナ・ボーデン
ジェネバ・ロバートソン=ドゥウォレット 撮影中
アベンジャーズ4 (仮) テンプレート:Start date N/A ジョー&アンソニー・ルッソ クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
撮影中

企画 編集

フェイズ1 編集

『アイアンマン』(2008年) 編集

2005年、『バラエティ』誌はマーベル・スタジオによる自社製作でコミックを映画化し、パラマウント映画がそれらを配給することを報じた。資金提供はメリルリンチより7年間で5億2500万ドルを受ける[27]。マーベルの計画は、初めに主要なキャラクターの個々の映画を公開し、その後クロスオーバー映画で合流させるというものであった[28]。マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギは当初これらの物語が連続する映画作品群を「マーベル・シネマ・ユニバース」と呼んだが[29]、後に「マーベル・シネマティック・ユニバース」(Marvel Cinematic Universe)という名称が使われるようになった[30]

2006年4月、マーベルは『アイアンマン』の監督としてジョン・ファヴローを雇い[2]、アート・マーカム マット・ホロウェイ、マーク・ファーガス、ホーク・オストビーらに脚本を完成させた[2][31]。さらにファヴローはジョン・オーガストに脚本を修正させた[3]。9月、ロバート・ダウニー・Jrがアイアンマン役にキャスティングされた[32]。主要撮影は2007年3月12日始まり[33]、最初の数週でスタークがアフガニスタンで捕らわれる場面が[34]カリフォルニア州インヨー郡で撮られた[35]。4月半ばに『アイアンマン』の製作はエドワーズ空軍基地に移り[36]、2007年6月25日にラスベガスのシーザーズ・パレスで完了した[37]

『アイアンマン』は2008年4月14日にシドニーのテンプレート:仮リンクテンプレート:仮リンク劇場でプレミア上映された[38]。映画のエンドクレジット後の場面ではサミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーが登場する。ファヴローはこの場面について「ファンへのちょっとした感謝の言葉...『アベンジャーズ』を準備する方法だ」と説明した。ジャクソンのカメオ出演のニュースが漏洩するのを防ぐ為、撮影は最低限のスタッフで1日だけで行われた[39]。映画の背景でILMがジョークとしてテンプレート:仮リンクを入れたが、ファヴローはこれをそのまま残すことに決めた[40]

『インクレディブル・ハルク』(2008年) 編集

2006年1月[41]、マーベルは2003年の映画『ハルク』の続編を期限内に製作できなかったユニバーサル・ピクチャーズからハルクの映画化権を取り戻した(配給権はユニバーサルに残った)[42]。マーベルは当初『アイアンマン』に関心を示していたルイ・レテリエを『インクレディブル・ハルク』の監督として雇った[4]。脚本は2003年の映画で草案を書いたザック・ペンが執筆した[43]。2006年4月、エドワード・ノートンがブルース・バナー役の交渉に入り、さらにペンの脚本を書き直したが[44]、最終的に脚本にクレジットされたのはペンのみであった[5]。撮影は2007年7月9日にトロントで始まり[45]、他にニューヨーク、リオデジャネイロで行われた[46]

エンドクレジット後の場面で『アイアンマン』と同じくトニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jrがカメオ出演した[47]。DVDに収録されたオルタナティブ版のオープニングでは氷漬けにされたキャプテン・アメリカが確認できる[48]

『アイアンマン2』(2010年) 編集

2008年5月に『アイアンマン』が成功するとマーベル・スタジオは続編を企画中であると発表した[49]。2008年7月、ジョン・ファヴローは続編を監督する契約を交わした[6]。同月、ファヴローとダウニーによる原案を脚本化するためにジャスティン・セローが雇われた[7]。2008年10月、ダウニーは最初の映画を含む新たな4作品分への出演契約を交わした[50]。また『アイアンマン』でニック・フューリーを演じたサミュエル・L・ジャクソンは9本の映画での同役への出演契約を交わし[51]スカーレット・ヨハンソンもまたブラック・ウィドウ役で複数の映画に出演する契約を交わした[52]。主要撮影は2009年4月6日に[53]カリフォルニア州パサデナのパサデナ・マソニック・テンプルで始まった[54]。主な撮影地はカリフォルニア州テンプレート:仮リンクのローリー・スタジオである[55]。他に、エドワーズ空軍基地[56]モナコ[57]テンプレート:仮リンクでもロケが行われた[55]

今作でもキャプテン・アメリカの盾が再登場するなど、他のマーベル映画への参照が続いている[40]。映画終盤でのS.H.I.E.L.D.の秘密基地の場面では、『インクレディブル・ハルク』の場面の映像が流れ、また世界地図がブラックパンサーが住むアフリカなどを指しているといったイースター・エッグが含まれた[58]。エンドクレジット後の場面ではクレーターからテンプレート:仮リンクが発見される[59]

『マイティ・ソー』(2011年) 編集

ソニー・ピクチャーズからソーの権利が取り戻された後の2006年4月、マーク・プロトセヴィッチが脚本執筆のために雇われた[2]。2007年8月、マーベル・スタジオはマシュー・ヴォーンと監督契約を交わした[60]。2008年5月にヴォーンは契約期限が切れて去り、マーベルはプロトセヴィッチに新たな脚本の草案に取り掛からせた[61]。9月、ヴォーンに代わってケネス・ブラナーへの監督交渉に入った[8]。2009年5月、クリス・ヘムズワースがソー役に交渉され[62]、またトム・ヒドルストンがその弟のロキ役となった[63]。両俳優は複数の映画への出演契約を交わした[64]。撮影は2010年1月11日にカリフォルニア州ロサンゼルスで始まり[65]、3月15日にはニューメキシコ州ガリステオへ移った[66]

『アイアンマン』及び『アイアンマン2』にも出演したクラーク・グレッグは『マイティ・ソー』でもS.H.I.E.L.D.エージェントのフィル・コールソン役を務めた[67]ジェレミー・レナーは『アベンジャーズ』へホークアイ役での出演契約を交わした後、『マイティ・ソー』でのカメオ出演の撮影を済ませた[68]。エンドクレジットの場面でエリック・セルヴィグとニック・フューリーがテンプレート:仮リンクについて話し、それを見るロキの姿が描かれた[69]。この場面は『アベンジャーズ』の監督でもあるジョス・ウィードンが監督した[70]。セルヴィグを演じたステラン・スカルスガルドは、『マイティ・ソー』の脚本を最初に読んだ時はこの場面は存在しなかったが、『アベンジャーズ』への出演契約を交わしたあとにページが追加されたと述べた[71]

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年) 編集

2006年4月、マーベルは『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の脚本執筆のためにテンプレート:仮リンクを雇った[2]。2008年11月にジョー・ジョンストンが監督契約を交わし[9]、脚本書き直しのためにクリストファー・マルクススティーヴン・マクフィーリーが雇われた[10]。2010年3月、クリス・エヴァンスがキャプテン・アメリカ役、ヒューゴ・ウィーヴィングレッドスカル役にキャスティングされた[72]。撮影は2010年6月28日にイギリスで始まり[73]、ロンドン[74] テンプレート:仮リンク[75]マンチェスターリヴァプールでロケが行われた[76]。プレミア上映は2011年7月19日にカリフォルニア州ハリウッドテンプレート:仮リンクで行われた[77]

四次元キューブは『マイティ・ソー』のエンドクレジット後に登場した「テッセラクト」と同一であり、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』ではマクガフィンの役割を果たしている[78]。映画ではドミニク・クーパーがトニー・スタークの父親のテンプレート:仮リンクの若年期を演じ[79]、『アイアンマン2』でも行われたスターク・エキスポの初期バージョンで司会を務める[80]。映画の最後の場面ではサミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーが登場し、さらにエンドクレジット後には『アベンジャーズ』のティーザー予告が流れる[81]

『アベンジャーズ』(2012年) 編集

2007年6月、『インクレディブル・ハルク』の脚本を書いたザック・ペンが『アベンジャーズ』の脚本執筆のために雇われた[82]。2010年4月、ジョス・ウェドンが監督契約を交わし、さらにペンの脚本を書き直した[11]。マーベルはエドワード・ノートンがハルクを再演しないことを発表し[83]、2010年7月、新たにマーク・ラファロがキャスティングされた[84]。2010年10月、ウォルト・ディズニー・カンパニーは『アベンジャーズ』と『アイアンマン3』の世界配給権を1億1500万ドルでパラマウントから買い取ったが[85]、パラマウントは興行収入を受け取り続け、また配給の際に同社はクレジットが残り続ける[86]。主要撮影は2011年4月にニューメキシコ州アルバカーキで始まり[87]、8月にオハイオ州クリーブランド[88]、9月にニューヨークに移った[89]

『アイアンマン』及び『アイアンマン2』でテンプレート:仮リンクを演じたグウィネス・パルトローは、ウィードンの構想では登場しない予定であったが、ダウニー・Jrの勧めにより出演が決まった[90]ソニー・ピクチャーズとディズニーは『アメイジング・スパイダーマン』からオズコープ・タワーを『アベンジャーズ』のクライマックスに登場させる案を話し合っていたが、オズコープの建物のデザインが完了する前に既に『アベンジャーズ』のマンハッタンのスカイラインが出来上がっていたために没となった[91]。エンド・クレジット後の場面にはダミオン・ポワチエ演じる悪役のサノスが登場する[92]

フェイズ2 編集

『アイアンマン3』(2013年) 編集

詳細はアイアンマン3を参照

2010年末、マーベルとディズニーは『アイアンマン3』の公開日を2013年5月3日に設定した[12]。2011年2月、マーベルは監督としてシェーン・ブラックを雇った[93]。ブラックはドリュー・ピアースと共同で脚本も執筆した[13][14]。撮影は2012年5月にノースカロライナ州で始まった[94]。他にフロリダ州南部[95]中国[96]ロサンゼルスでも行われた[97]

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年) 編集

詳細はマイティ・ソー/ダーク・ワールドを参照

2011年6月、『マイティ・ソー』の続編企画が発表され、公開日が2013年7月に設定された[98]。2011年12月、アラン・テイラーが監督契約を交わし[16]、公開日は2013年11月8日に変更された[15]。2012年7月のコミコンにてタイトルは『Thor: The Dark World』であると発表された[21]。撮影は2012年9月よりサリーテンプレート:仮リンクで始まった[99]

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年) 編集

詳細はキャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーを参照

2012年4月、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編企画が発表された[18]。2012年6月にルッソ兄弟が監督として雇われ[19]、7月にタイトルが『Captain America: The Winter Soldier』となった[21]。クリス・エヴァンスとサミュエル・L・ジャクソンはキャプテン・アメリカ役とニック・フューリー役で続投し[19]、またスカーレット・ヨハンソンもブラック・ウィドウ役で出演する[100]。製作は2013年4月にテンプレート:仮リンクで始まり、ワシントンD.C.オハイオ州クリーブランドで撮影が行われた。[101][102]

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年) 編集

詳細はガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (映画)を参照

2012年7月、マーベル・スタジオは『Guardians of the Galaxy』の企画があり、2014年8月1日公開予定であることを発表した[21]。監督はジェームズ・ガンであり[22]、ニコール・パールマン、クリス・マッコイがガンと共に脚本を執筆する[103][104][22]。2013年2月、クリス・プラットが主役のスター・ロード役にキャスティングされた[105]。撮影は2013年7月よりロンドンで始まった[106]。従来のシリーズ作品と異なりコミック版で既に人気のあるキャラクターではなく一般的知名度の低いマイナーヒーローチームが原作となっているが、映画が大ヒットしたことで逆にコミック世界での出番が増える相乗効果を生み出した。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年) 編集

詳細はアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンを参照

2012年5月に『アベンジャーズ』が公開された直後にウォルト・ディズニー・ピクチャーズは続編企画を発表した[107]。公開日は2015年5月1日を予定している[24]。2012年8月、ウェドンは脚本及び監督を続投する契約を交わした[25]。2013年6月、ロバート・ダウニー・Jrが『アベンジャーズ』の2作目及び3作目でトニー・スターク役を続投する契約を交わした[108]。2013年7月20日、コミコン・インターナショナルにてウェドンはタイトルが『Marvel's The Avengers: Age of Ultron』に決まったことを発表した[109]

『アントマン』(2015年) 編集

詳細はアントマン (映画)を参照

アントマン』は エドガー・ライトが監督し、ライトとジョー・コーニッシュが脚本を執筆する。ライトの計画ではヘンリー・ピムスコット・ラングが主要キャラクターとなる[110]。2012年のコミコン・インターナショナルのマーベル・スタジオのパネルではテスト映像が上映された[21]。公開は2015年11月6日を予定し[111]、ファイギはこれがマーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ3の1作目となることを明かしている[112]。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』後の、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』や『Dr.ストレンジ』と同じフェイズ3の扱いだったが、後にフェイズ2に改められた。2013年9月10日、公開予定日が2015年7月31日に変更されたが[113]、翌2014年1月に2015年7月17日公開予定へと再度変更された[114]。2014年5月23日、マーベルとライトは互いのビジョンの相違によりライトが監督を降板すると共同声明を出した[115]。2014年6月7日、ペイトン・リードが監督に、またアダム・マッケイが脚本で参加する事が発表された[116]

フェイズ3 編集

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年) 編集

詳細はシビル・ウォー/キャプテン・アメリカを参照

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に引き続きルッソ兄弟が監督し[117]、2016年5月6日に公開された[118]

『ドクター・ストレンジ』(2016年) 編集

詳細はドクター・ストレンジ (映画)を参照

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』(2017年) 編集

詳細はガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックスを参照

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年) 編集

詳細はスパイダーマン:ホームカミングを参照

『マイティ・ソー バトルロイヤル』 (2017年) 編集

詳細はマイティ・ソー バトルロイヤルを参照

『ブラックパンサー』 (2018年) 編集

詳細はブラックパンサー (映画)を参照

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (2018年) 編集

詳細はアベンジャーズ/インフィニティ・ウォーを参照

『アントマン&ワスプ』 (2018年) 編集

詳細はアントマン&ワスプを参照

キャストと登場人物 編集

詳細はマーベル・シネマティック・ユニバースのキャスト一覧を参照

注釈

  • この一覧にはマーベル・シネマティック・ユニバース作品の複数のフランチャイズに登場したキャラクターのみを含む。
  • セルが灰色の部分はその作品に未出演、または予定されていない俳優である。
  • テンプレート:Note - 声の出演のみ
  • テンプレート:Note - クレジット無しのカメオ出演
</blockquote>

フェイズ1 編集

キャラクター 公開済みの作品
アイアンマン インクレディブル・ハルク アイアンマン2 マイティ・ソー キャプテン・アメリカ/
ザ・ファースト・アベンジャー
アベンジャーズ
トニー・スターク
(アイアンマン)
ロバート・ダウニー・Jr[32] ロバート・ダウニー・Jrテンプレート:Ref[47] ロバート・ダウニー・Jr[50]   ロバート・ダウニー・Jr[50]
ペッパー・ポッツ グウィネス・パルトロー   グウィネス・パルトロー   グウィネス・パルトロー
ジェームズ・ローズ
(ウォー・マシン)
(アイアン・パトリオット)
テレンス・ハワード   ドン・チードル  
J.A.R.V.I.S. ポール・ベタニーテンプレート:Ref   ポール・ベタニーテンプレート:Ref   ポール・ベタニーテンプレート:Ref[119]
フィル・コールソン クラーク・グレッグ   クラーク・グレッグ[67]   クラーク・グレッグ[120]
ニック・フューリー サミュエル・L・ジャクソンテンプレート:Ref[39]   サミュエル・L・ジャクソン[51] サミュエル・L・ジャクソンテンプレート:Ref[121] サミュエル・L・ジャクソン[121]
ハワード・スターク ジェラード・サンダース   ジョン・スラッテリー   ドミニク・クーパー[79]  
ブルース・バナー
(ハルク)
  エドワード・ノートン
ルー・フェリグノテンプレート:Ref
  マーク・ラファロ[84]
ナターシャ・ロマノフ
(ブラック・ウィドウ)
  スカーレット・ヨハンソン[52]   スカーレット・ヨハンソン[52]
スターン上院議員   ギャリー・シャンドリング[122]  
ソー   クリス・ヘムズワース[62]   クリス・ヘムズワース[123]
ロキ   トム・ヒドルストン[63]   トム・ヒドルストン[123]
エリック・セルヴィグ   ステラン・スカルスガルド[71]   ステラン・スカルスガルド[71]
ジャスパー・シットウェル   マキシミリアーノ・ヘルナンデス   マキシミリアーノ・ヘルナンデス
クリント・バートン
(ホークアイ)
  ジェレミー・レナーテンプレート:Ref[68]   ジェレミー・レナー[124]
スティーブ・ロジャース
(キャプテン・アメリカ)
  クリス・エヴァンス[72]
ペギー・カーター   ヘイリー・アトウェル  
マリア・ヒル   コビー・スマルダーズ[125]
サノス   ダミオン・ポワチエ
ジ・アザー   アレクシス・デニソフ

フェイズ2 編集

キャラクター 公開済みの作品
アイアンマン3 マイティ・ソー/
ダーク・ワールド
キャプテン・アメリカ/
ウィンター・ソルジャー
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー アベンジャーズ/
エイジ・オブ・ウルトロン
アントマン
トニー・スターク
(アイアンマン)
ロバート・ダウニー・Jr[50][126]   ロバート・ダウニー・Jr[108]  
ペッパー・ポッツ グウィネス・パルトロー[90]  
ジェームズ・ローズ
(ウォー・マシン)
(アイアン・パトリオット)
ドン・チードル   ドン・チードル  
J.A.R.V.I.S. ポール・ベタニーテンプレート:Ref   ポール・ベタニーテンプレート:Ref  
ニック・フューリー   サミュエル・L・ジャクソン[19]   サミュエル・L・ジャクソン  
ハワード・スターク   ドミニク・クーパー[127]   ジョン・スラッテリー
ブルース・バナー
(ハルク)
マーク・ラファロテンプレート:Ref[128]   マーク・ラファロ[129]  
ナターシャ・ロマノフ
(ブラック・ウィドウ)
  スカーレット・ヨハンソン[100]   スカーレット・ヨハンソン  
スターン上院議員   ギャリー・シャンドリング[130]  
ソー   クリス・ヘムズワース[16]   クリス・ヘムズワース  
ロキ   トム・ヒドルストン[131]  
エリック・セルヴィグ   ステラン・スカルスガルド[132]   ステラン・スカルスガルド  
ヘイムダル   イドリス・エルバ   イドリス・エルバ  
ジャスパー・シットウェル   マキシミリアーノ・ヘルナンデス[133]  
クリント・バートン
(ホークアイ)
  ジェレミー・レナー  
スティーブ・ロジャース
(キャプテン・アメリカ)
  クリス・エヴァンステンプレート:Ref クリス・エヴァンス[18]   クリス・エヴァンス[134] クリス・エヴァンステンプレート:Ref
ペギー・カーター   ヘイリー・アトウェル   ヘイリー・アトウェル
マリア・ヒル   コビー・スマルダーズ[135]   コビー・スマルダーズ  
サム・ウィルソン
(ファルコン)
  アンソニー・マッキー[135]   アンソニー・マッキー
サノス   ジョシュ・ブローリンテンプレート:Ref  
ジ・アザ―   アレクシス・デニソフ  
コレクター   ベニチオ・デル・トロテンプレート:Ref[136]   ベニチオ・デル・トロ[23]  
カリーナ   オフィリア・ラヴィボンドテンプレート:Ref   オフィリア・ラヴィボンド  
ワンダ・マキシモフ
(スカーレット・ウィッチ)
  エリザベス・オルセンテンプレート:Ref   エリザベス・オルセン  
ピエトロ・マキシモフ
(クイックシルバー)
  アーロン・テイラー=ジョンソンテンプレート:Ref   アーロン・テイラー=ジョンソン  
バロン・フォン・ストラッカー   トーマス・クレッチマンテンプレート:Ref   トーマス・クレッチマン  
ヴィジョン   ポール・ベタニー  

フェイズ3 編集

キャラクター 公開済みの作品
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ ドクター・ストレンジ ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス スパイダーマン:ホームカミング
トニー・スターク
(アイアンマン)
ロバート・ダウニー・Jr[50][137]   ロバート・ダウニー・Jr
ペッパー・ポッツ   グウィネス・パルトロー
ジェームズ・ローズ
(ウォー・マシン)
ドン・チードル  
ニック・フューリー  
ハワード・スターク ジョン・スラッテリー  
ブルース・バナー
(ハルク)
 
ナターシャ・ロマノフ
(ブラック・ウィドウ)
スカーレット・ヨハンソン[100]  
スターン上院議員  
ソー   クリス・ヘムズワーステンプレート:Ref  
ロキ  
エリック・セルヴィグ  
ヘイムダル  
クリント・バートン
(ホークアイ)
ジェレミー・レナー  
スティーブ・ロジャース
(キャプテン・アメリカ)
クリス・エヴァンス  
ペギー・カーター  
マリア・ヒル  
サム・ウィルソン
(ファルコン)
アンソニー・マッキー[135]  
サノス  
ジ・アザ―  
コレクター  
ワンダ・マキシモフ
(スカーレット・ウィッチ)
エリザベス・オルセン  
ヴィジョン ポール・ベタニー  

ホームメディア 編集

2012年6月、『Marvel Cinematic Universe: Phase One – Avengers Assembled』と題された10ディスクBlu-rayボックス・セットが2012年9月25日に発売されることがマーベルより発表された。セットはマーベル・シネマティック・ユニバースの6作品(『アイアンマン』、『インクレディブル・ハルク』、『アイアンマン2』、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』、『アベンジャーズ』)が『アベンジャーズ』のニック・フューリーのブリーフケースのレプリカに収納されている[138]。2012年8月、『アベンジャーズ』でブリーフケースを作った荷物会社のリモワGmbHが、レプリカを作る許可を与えていないとしてマーベル・スタジオとブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントを訴えた[139]。セットの発売は2013年に延期され、再デザインされた[140]。2013年4月2日、再デザインされたボックスセットが発売された。ボックスセットには本編映像の他、公開予定のフェイズ2作品のフッテージやコンセプトアート、フェイズ1作品の削除されたシーンが収録された[141]

他のメディア 編集

短編映画 編集

<p class="boilerplateMain" style="margin-left:2em; font-style:italic">詳細はマーベル・ワンショットを参照

2011年8月、マーベルは「マーベル・ワンショット」という題の2作のビデオ短編映画を告知した。第1作の題は『マーベル・ワンショット: 相談役』であり、2011年9月3日に北米で発売された『マイティ・ソー』のBlu-ray Disc及びBlu-ray 3Dに付属された。第2作の題は『マーベル・ワンショット: ハンマー墜落現場へ向かう途中での出来事』である。「マーベル・ワンショット」2作はクラーク・グレッグ演じるフィル・コールソンを主役としており、S.H.I.E.L.D.エージェントとして活動する彼の1日が描かれる[142]。第3作の短編映画『アイテム47』は2012年9月25日発売の『アベンジャーズ』のBlu-rayに収録された[143]。第4作『エージェント・カーター』は2013年9月4日発売された『アイアンマン3』のBlu-rayに収録され、ヘイリー・アトウェルがペギー・カーター役で出演する[144]

テレビ 編集

映画シリーズを補完するスピンオフ(外伝)作品として、マーベル・シネマティック・ユニバースに属するテレビドラマシリーズが、ABCフリーフォームネットフリックスで制作されている。

シリーズ名 シーズン 話数 放送日(米国)/配信日(米国) 主人公
シーズン初回 シーズン最終回
ABCシリーズ
エージェント・オブ・シールド 1 22話 2013年9月24日 2014年5月13日 S.H.I.E.L.D.
2 22話 2014年9月23日 2015年5月12日
3 22話 2015年9月29日 2016年5月17日
エージェント・カーター 1 8話 2015年1月6日 2015年2月24日 ペギー・カーター
2 10話 2016年1月19日 2016年3月1日
ネットフリックスシリーズ
Marvel デアデビル 1 13話 2015年4月10日(全話一挙配信) デアデビル
2 13話 2016年3月18日(全話一挙配信)
Marvel ジェシカ・ジョーンズ 1 13話 2015年11月20日(全話一挙配信) テンプレート:仮リンク
2 13話 2018年3月8日(全話一挙配信)
Marvel ルーク・ケイジ 1 13話 2016年9月30日(全話一挙配信) テンプレート:仮リンク
Marvel アイアン・フィスト 1 13話 2017年3月17日 (全話一挙配信) テンプレート:仮リンク
Marvel ザ・ディフェンダーズ 1 8話 2017年8月18日 (全話一挙配信) デアデビル
ジェシカ・ジョーンズ
ルーク・ケイジ
アイアン・フィスト
Marvel パニッシャー 1 13話 2017年11月17日 (全話一挙配信) パニッシャー
フリーフォームシリーズ
Marvel クローク&ダガー 1 10話 2018年6月7日 クローク&ダガー

ディズニーパークでのマーベル・シネマティック・ユニバース 編集

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー - ミッション:ブレイクアウト!」(" Guardians of the Galaxy - Mission Breakout!")
ディズニーランド・リゾートディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに、2017年5月27日にオープン。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーをテーマにしたアトラクション。

評価 編集

興行成績 編集

作品名 北米公開日 興行収入 製作費 出典
北米 北米以外 全世界
アイアンマン 2008年5月2日 $318,412,101 $266,762,121 $585,174,222 $140,000,000 [145]
インクレディブル・ハルク 2008年6月13日 $134,806,913 $128,620,638 $263,427,551 $150,000,000 [146]
アイアンマン2 2010年5月7日 $312,433,331 $311,500,000 $623,933,331 $200,000,000 [147]
マイティ・ソー 2011年5月6日 $181,030,624 $268,295,994 $449,326,618 $150,000,000 [148]
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 2011年7月22日 $176,654,505 $193,915,269 $370,569,774 $140,000,000 [149]
アベンジャーズ 2012年5月4日 $623,357,910 $895,455,078 $1,518,812,988 $220,000,000 [150]
アイアンマン3 2013年5月3日 $409,013,994 $805,797,258 $1,214,811,252 $200,000,000 [151]
マイティ・ソー/ダーク・ワールド 2013年11月8日 $206,362,140 $438,209,262 $644,571,402 $170,000,000 [152]
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 2014年4月4日 $259,766,572 $454,497,695 $714,264,267 $170,000,000 [153]
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 2014年8月1日 $333,176,600 $440,152,029 $773,328,629 $170,000,000 [154]
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 2015年5月1日 $459,005,868 $946,397,826 $1,405,403,694 $250,000,000 [155]
アントマン 2015年7月17日 $180,202,163 $339,109,802 $519,311,965 $130,000,000 [156]
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 2016年5月6日 $408,084,349 $745,220,146 $1,153,304,495 $250,000,000 [157]
ドクター・ストレンジ 2016年11月4日 $232,641,920 $445,076,475 $677,718,395 $165,000,000 [158]
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2017年5月5日 $389,813,101 $473,742,192 $863,555,293 $200,000,000 [159]
スパイダーマン:ホームカミング 2017年7月7日 $334,201,140 $545,965,784 $880,166,924 $175,000,000 [160]
マイティ・ソー バトルロイヤル 2017年11月3日 $315,034,103 $538,831,458 $853,865,561 $180,000,000 [161]
合計 $4,624,762,091 $7,152,751,785 $11,777,513,876 $2,705,000,000

批評家の反応 編集

作品名 Rotten Tomatoes Metacritic
アイアンマン 94% (268 reviews)[162] 93% (42 reviews)[163]
インクレディブル・ハルク 67% (225 reviews)[164] 55% (38 reviews)[165]
アイアンマン2 73% (278 reviews)[166] 67% (36 reviews)[167]
マイティ・ソー 77% (270 reviews)[168] 66% (38 reviews)[169]
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 80% (250 reviews)[170] 78% (40 reviews)[171]
アベンジャーズ 92% (324 reviews)[172] 86% (42 reviews)[173]
アイアンマン3 79% (294 reviews)[174] 62 (43 reviews)[175]
マイティ・ソー/ダーク・ワールド 66% (249 reviews)[176] 54 (44 reviews)
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 89% (269 reviews)[177] 70 (44 reviews)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 91% (293 reviews)[178] 76 (46 reviews)
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 75% (320 reviews)[179] 66 (49 reviews)
アントマン 81% (281 reviews)[180] 64 (43 reviews)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 90% (352 reviews)[181] 64 (43 reviews)
ドクター・ストレンジ 90% (306 reviews)[182] 72 (49 reviews)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 83% (336 reviews)[183] 67 (47 reviews)
スパイダーマン:ホームカミング 92% (313 reviews)[184] 73 (51 reviews)
マイティ・ソー バトルロイヤル 92% (322 reviews)[185] 74 (51 reviews)
平均 83% 70

参考文献 編集

  1. テンプレート:Cite web
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 テンプレート:Cite news
  3. 3.0 3.1 テンプレート:Cite news
  4. 4.0 4.1 テンプレート:Cite news
  5. 5.0 5.1 テンプレート:Cite news
  6. 6.0 6.1 テンプレート:Cite news
  7. 7.0 7.1 テンプレート:Cite news
  8. 8.0 8.1 テンプレート:Cite news
  9. 9.0 9.1 テンプレート:Cite news
  10. 10.0 10.1 テンプレート:Cite news. (First paragraph; subscription required for full story.)
  11. 11.0 11.1 テンプレート:Cite news
  12. 12.0 12.1 テンプレート:Cite web
  13. 13.0 13.1 13.2 テンプレート:Cite web
  14. 14.0 14.1 テンプレート:Cite web
  15. 15.0 15.1 テンプレート:Cite web
  16. 16.0 16.1 16.2 テンプレート:Cite web
  17. テンプレート:Cite web
  18. 18.0 18.1 18.2 テンプレート:Cite web
  19. 19.0 19.1 19.2 19.3 テンプレート:Cite web
  20. テンプレート:Cite web
  21. 21.0 21.1 21.2 21.3 21.4 テンプレート:Cite web
  22. 22.0 22.1 22.2 テンプレート:Cite web
  23. 23.0 23.1 テンプレート:Cite web
  24. 24.0 24.1 テンプレート:Cite web
  25. 25.0 25.1 テンプレート:Cite web
  26. 26.0 26.1 テンプレート:Cite web
  27. テンプレート:Cite news
  28. テンプレート:Cite web
  29. テンプレート:Cite web
  30. テンプレート:Cite web
  31. テンプレート:Cite news
  32. 32.0 32.1 テンプレート:Cite web
  33. テンプレート:Cite news
  34. テンプレート:Cite news
  35. テンプレート:Cite web
  36. テンプレート:Cite news
  37. テンプレート:Cite news
  38. テンプレート:Cite news
  39. 39.0 39.1 テンプレート:Cite web
  40. 40.0 40.1 テンプレート:Cite web
  41. テンプレート:Cite news
  42. テンプレート:Cite news
  43. テンプレート:Cite news
  44. テンプレート:Cite news
  45. The Making of Incredible, 2008 DVD documentary
  46. テンプレート:Cite news
  47. 47.0 47.1 テンプレート:Cite web
  48. テンプレート:Cite web
  49. テンプレート:Cite news
  50. 50.0 50.1 50.2 50.3 50.4 テンプレート:Cite news
  51. 51.0 51.1 テンプレート:Cite news
  52. 52.0 52.1 52.2 テンプレート:Cite news
  53. テンプレート:Cite news
  54. テンプレート:Cite web
  55. 55.0 55.1 テンプレート:Cite news
  56. テンプレート:Cite web
  57. テンプレート:Cite news
  58. テンプレート:Cite web
  59. テンプレート:Cite news
  60. テンプレート:Cite news
  61. テンプレート:Cite news
  62. 62.0 62.1 テンプレート:Cite news
  63. 63.0 63.1 テンプレート:Cite news
  64. テンプレート:Cite news
  65. テンプレート:Cite web
  66. テンプレート:Cite web
  67. 67.0 67.1 テンプレート:Cite web
  68. 68.0 68.1 テンプレート:Cite news
  69. テンプレート:Cite web
  70. テンプレート:Cite web
  71. 71.0 71.1 71.2 テンプレート:Cite web
  72. 72.0 72.1 テンプレート:Cite web
  73. テンプレート:Cite web
  74. テンプレート:Cite web
  75. テンプレート:Cite web
  76. テンプレート:Cite web
  77. テンプレート:Cite web
  78. テンプレート:Cite web
  79. 79.0 79.1 テンプレート:Cite web
  80. テンプレート:Cite web
  81. テンプレート:Cite web
  82. テンプレート:Cite news
  83. テンプレート:Cite web
  84. 84.0 84.1 テンプレート:Cite web
  85. テンプレート:Cite news
  86. テンプレート:Cite news
  87. テンプレート:Cite web
  88. テンプレート:Cite web
  89. テンプレート:Cite web
  90. 90.0 90.1 テンプレート:Cite web
  91. テンプレート:Cite web
  92. テンプレート:Cite news
  93. テンプレート:Cite web
  94. テンプレート:Cite news
  95. テンプレート:Cite news
  96. テンプレート:Cite news
  97. テンプレート:Cite news
  98. テンプレート:Cite web
  99. テンプレート:Cite web
  100. 100.0 100.1 100.2 テンプレート:Cite web
  101. テンプレート:Cite web
  102. テンプレート:Cite news
  103. テンプレート:Cite web
  104. テンプレート:Cite web
  105. テンプレート:Cite web
  106. テンプレート:Cite web
  107. テンプレート:Cite web
  108. 108.0 108.1 テンプレート:Cite web
  109. テンプレート:Cite web
  110. テンプレート:Cite news
  111. テンプレート:Cite web
  112. テンプレート:Cite web
  113. テンプレート:Cite web
  114. テンプレート:Cite web
  115. テンプレート:Cite web
  116. テンプレート:Cite web
  117. テンプレート:Cite web
  118. テンプレート:Cite web
  119. Paul Bettany Confirms ‘Avengers’ Role, Will Return As Voice Of J.A.R.V.I.S
  120. テンプレート:Cite web
  121. 121.0 121.1 テンプレート:Cite news
  122. テンプレート:Cite news
  123. 123.0 123.1 テンプレート:Cite web
  124. テンプレート:Cite news
  125. テンプレート:Cite news. .
  126. テンプレート:Cite web
  127. テンプレート:Cite web
  128. テンプレート:Cite web
  129. テンプレート:Cite web
  130. テンプレート:Cite web
  131. テンプレート:Cite web
  132. テンプレート:Cite news
  133. テンプレート:Cite web
  134. テンプレート:Cite web
  135. 135.0 135.1 135.2 テンプレート:Cite web
  136. テンプレート:Cite web
  137. テンプレート:Cite web
  138. テンプレート:Cite web
  139. テンプレート:Cite news
  140. テンプレート:Cite web
  141. テンプレート:Cite web
  142. テンプレート:Cite web
  143. テンプレート:Cite web
  144. テンプレート:Cite web
  145. テンプレート:Cite web
  146. テンプレート:Cite web
  147. テンプレート:Cite web
  148. テンプレート:Cite web
  149. テンプレート:Cite web
  150. テンプレート:Cite web
  151. テンプレート:Cite web
  152. テンプレート:Cite web
  153. テンプレート:Cite web
  154. テンプレート:Cite web
  155. テンプレート:Cite web
  156. テンプレート:Cite web
  157. テンプレート:Cite web
  158. テンプレート:Cite web
  159. テンプレート:Cite web
  160. テンプレート:Cite web
  161. テンプレート:Cite web
  162. テンプレート:Cite web
  163. テンプレート:Cite web
  164. テンプレート:Cite web
  165. テンプレート:Cite web
  166. テンプレート:Cite web
  167. テンプレート:Cite web
  168. テンプレート:Cite web
  169. テンプレート:Cite web
  170. テンプレート:Cite web
  171. テンプレート:Cite web
  172. テンプレート:Cite web
  173. テンプレート:Cite web
  174. テンプレート:Cite web
  175. テンプレート:Cite web
  176. テンプレート:Cite web
  177. テンプレート:Cite web
  178. テンプレート:Cite web
  179. テンプレート:Cite web
  180. テンプレート:Cite web
  181. テンプレート:Cite web
  182. テンプレート:Cite web
  183. テンプレート:Cite web
  184. テンプレート:Cite web
  185. テンプレート:Cite web

外部リンク 編集

テンプレート:マーベル・シネマティック・ユニバース テンプレート:Marvel Comics films テンプレート:Film-stub