FANDOM



”救世主と抑圧者、両方になることはできない。光と影だもの。

どちらかが必ず犠牲になる。選びなさい…賢い選択をして。

他の誰かが代わりに選ぶ前に”

ーマダム・ガオ

経歴編集

マダム・ガオウィルソン・フィスク の協力者のひとりで、ニューヨークのヘルズ・キッチンで合成麻薬を製造している。フィスクがヴァネッサ・マリアンヌ と交際を始めると、ガオとフィスクの会計士リランド・オウルズレイは、彼が感情によって不安定になることを懸念する。二人は協力し、パーティーの飲み物のいくつかに毒を混ぜヴァネッサを毒殺しようとした。

彼女の所有する麻薬工場の一つがマット・マードックによって破壊された後、国外へと逃亡したが、その後再びニューヨークに現れる。

性格編集

能力と弱点編集

編集

能力編集

  • マルチリンガル:ガオは中国語と英語を話す。彼女曰く「世界中のあらゆる言葉をしゃべれる」という。
  • 高い隠蔽能力:英語を流暢に話せることを隠蔽していた。また、普段はか弱い老婆のふりをしている。
  • 拳法:太極拳に似た拳法を使い、戦闘も可能。男性でも片手で触れただけで投げ飛ばすことができ、実力は未知数。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki