FANDOM


マイティ・ソー』(Thor)は、2011年公開のアメリカ映画である。マーベル・コミックの作品『マイティ・ソー』を原作とするスーパーヒーロー映画で、マーベル・シネマティック・ユニバースに属するシリーズの第4作目である。

ストーリー 編集

西暦965年。オーディン(アンソニー・ホプキンス)率いるアスガルドの軍団は、ラウフェイ(コルム・フィオール)率いるヨトゥンヘイムフロスト・ジャイアントの侵略からミッドガルド地球)を守るために戦った。戦闘の末、アスガルドの戦士たちはフロスト・ジャイアントを破り、彼らのパワーの源である「箱」を押収した。

現代。オーディンの息子のソークリス・ヘムズワース)がアスガルドの王位継承の儀を行っていた最中、フロスト・ジャイアントが「箱」を奪おうと宝物庫に侵入した。幸い、戦闘マシン「デストロイヤー」によって事前に阻止され、休戦を崩したくないオーディンは事を穏便に済まそうとする。しかし、晴れの舞台を台無しにされたソーはオーディンの制止を無視し、弟のロキトム・ヒドルストン)、幼馴染のシフ(ジェイミー・アレクサンダー)、ウォーリアーズ・スリーのヴォルスタッグ(レイ・スティーヴンソン)、ホーガン(浅野忠信)、ファンドラル(ジョシュア・ダラス)を引き連れ、ヨトゥンヘイムに攻め込んだ。激しい戦いの後にオーディンが介入し、一同は退却するが、アスガルドとヨトゥンヘイムは開戦突入の危機となった。怒ったオーディンはソーの傲慢な性格への罰として彼のパワーを奪い、ムジョルニアと共に地球に追放した。

ソーはニューメキシコ州へと落下し、天文物理学者のジェーン・フォスターナタリー・ポートマン)、そのアシスタントのダーシー(カット・デニングス)、指導者のエリック・セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)に発見される。さらにやや離れた場所ではムジョルニアも発見され、後にやってきたS.H.I.E.L.D.のエージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)らが調査を始める。ジェーンはワームホールの研究のヒントがソーにあると考え、興味を持つが、その後間もなくして研究データや機材をS.H.I.E.L.D.に押収されてしまう。ムジョルニアを探すソーと研究データを取り戻したがっているジェーンはS.H.I.E.L.D.のキャンプに向かい、そして彼は単身で突入するがムジョルニアを持ち上げることができず、捕らわれてしまった。その後、ソーはセルヴィグの助けにより解放されてジェーンと再会し、やがて二人は惹かれあい、また彼は追放という罰を受け入れようとしていた。

一方アスガルドでは、ロキは自分はかつての戦争の末にオーディンによって拾われたラウフェイの息子であることを知る。そしてオーディンが回復のために深い「眠り」につくと、ロキは玉座へつき、さらにヨトゥンヘイムに行ってラウフェイにオーディンを暗殺すれば「箱」を返すという取引を持ちかけた。ロキの行動に不信感を抱いたシフとウォリアーズ・スリーは、ソーを追放から帰ってこさせるためにビフレストの番人であるヘイムダル(イドリス・エルバ)を説得し、地球へと向かった。これを見逃さなかったロキはソーを抹殺するためにデストロイヤーを地球へ送り込んだ。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹替
ソー クリス・ヘムズワース 三宅健太
ジェーン・フォスター ナタリー・ポートマン 坂本真綾
ロキ トム・ヒドルストン 平川大輔
オーディン アンソニー・ホプキンス 浦山迅
エリック・セルヴィグ ステラン・スカルスガルド 金子由之
ダーシー カット・デニングス 田村睦心
フィル・コールソン クラーク・グレッグ 村治学
ヘイムダール イドリス・エルバ 斉藤次郎
ローフェイ コルム・フィオール 水野龍司
ヴォルスタッグ レイ・スティーヴンソン 咲野俊介
ホーガン 浅野忠信 本人
ファンドラル ジョシュア・ダラス 小松史法
シフ ジェイミー・アレクサンダー 北西純子
フリッガ レネ・ルッソ 滝沢久美子
イザベル・アルバレス アドリアナ・バラッザ
シットウェル マシミリアノ・ヘルナンデス 丸山壮史
クリント・バートン / ホークアイ ジェレミー・レナー(クレジット無し) 阪口周平
ニック・フューリー サミュエル・L・ジャクソン(クレジット無し) 手塚秀彰

製作 編集

企画 編集

かつてサム・ライミ監督が『ダークマン』の後に『ソー』を映画化する話があったが、実現せず[4]、映画化企画はマーベル・スタジオズが軌道に乗る1997年4月まで破棄された[5]。その後、映画『X-メン』の成功により映画化が現実味を帯びてきた。その後テレビ映画にとして作り、UPNが放送し、タイラー・メインをソー役にする話があった[6]2000年5月、マーベル・スタジオズはArtisan Entertainmentに融資を求めるも、結局企画倒れになってしまう[7][8][9]。その後、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが映画化権を獲得し、2004年12月デヴィッド・S・ゴイヤーに監督・脚本が依頼された[10]2005年に、ゴイヤーとマーベルの間で話し合いが行われたが、その後、彼は企画から外れた。

2006年4月、パラマウントがソニーから映画化権を買い取り、マーク・プロトセヴィッチが脚本を書くことになった[11]。同年、映画はマーベル・スタジオズによって制作されることが発表された[12]。2007年8月、マシュー・ヴォーンが本作を監督する契約を交わした[13]。ヴォーンはプロトセヴィッチの初期案では3億ドルの製作費がかかると予想し、1億5000万ドルまで落とすために脚本が書き直された[2]。またヴォーンは2008年後半にクランクインするつもりであり[14]、そして『アイアンマン』の成功後、マーベル・スタジオズは『アイアンマン2』でソーを紹介し、2010年6月4日に『マイティ・ソー』を公開するつもりであると発表した[15]

プリプロダクション 編集

ファイル:KennethBranaghApr2011.jpg

2008年5月にヴォーンの契約が切れると、マーベルは再度プロトセヴィッチに脚本を書かせ、新たな監督を探し始めた[16]。2008年9月には、D・J・カルーソがプロジェクトを引き受ける話が出てきた[17]。その後、ケネス・ブラナーへの交渉が行われ[18]、2008年12月に彼が雇われたことが発表された。ブラナーは2010年1月に撮影を開始することを希望し[19]、マーベル・スタジオズ側が予定していた2010年7月16日から約1年遅れの2011年6月17日に公開日を遅らせることとなった[20]。さらにその後、2011年7月22日公開予定の同スタジオ製作映画『キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー』から公開日を遠ざけるために2011年5月20日に変更された[21]。2009年2月、『アイアンマン』でニック・フューリーを演じたサミュエル・L・ジャクソンが、本作を含む9作品に同役で出演する契約を交わした[22]。しかしながらジャクソンは2010年4月のインタビューで、自分が『マイティ・ソー』に出演する予定でないと述べた[23]。2011年2月、『レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』にて、ジャクソンは『マイティ・ソー』でのシーンを撮影中であると明らかにした[24]

2009年2月、ソー役の俳優を探す為にオーディションが行われた[25]。25歳の前後の俳優を探し、2009年5月にクリス・ヘムズワースと交渉した[26]。後日、マーベルは以前にブラナーと働き、当初主演に考えられていたトム・ヒドルストンロキ役にキャスティングしたことを発表した[27][28]。マーベル・スタジオズのケビン・フィージはヘムズワースとヒドルストンの両者との契約が成立したと6月に明かした[29]。フィージはまた、映画では現代の地球とアスガードの両方が舞台となるが、ソーの人間体であるドナルド・ブレイク医師の設定は無いとを述べた[29]

ヘムズワースとヒドルストンが決まった状態で、残りのキャストが埋まり始めた。7月、マーベルはナタリー・ポートマンジェーン・フォスターを演じると発表した[30]。9月、ジェイミー・アレクサンダーコルム・フィオールがキャストに加わ、アレクサンダーがシフ、フィオールが役名不明の悪役を演じるだろうと報じられた[31]。スウェーデンのニュースサイト『Ystads Allehanda』のインタビューで、ステラン・スカルスガルドはキャストに加わったと述べた[32]。10月下旬までに、アンソニー・ホプキンスがオーディンに配役された[33]。さらに数週間後、マーベルはウォリアーズ・スリーをキャスティングし、ファンドラルをスチュアート・タウンゼント、ホーガンを浅野忠信、ヴォルスタッグをレイ・スティーヴンソンが演じると発表した[34] 。数日後、イドリス・エルバがヘイムダール役でキャストに加わったと発表された[35]

ナタリー・ポートマンはインタビューにて、女優のカット・デニングスがプロジェクトにかかわるのを明らかにした[36]。デニングスは、ポートマン演じるジェーン・フォスターの同僚のダーシー役となった[37]。12月、レネ・ルッソがソーの養母でオーディンの妻のフリッガ役に振り当てられた[38]。その後、ジョゼフ・ガットトロイ・ブレンナジョシュア・コックスが役名不明でキャスティングされたことが明らかになった[39]。また2010年1月、アドリアナ・バラッザが脇役でキャストに加わった[40]。撮影開始の数日前、「創造性の違い」を理由とし、スチュアート・タウンゼントが降板し、ファンドラル役はジョシュア・ダラスに変わった[41]。『スパイダーマン4』の製作が遅れることが決まり、パラマウントとマーベル・エンタテインメントは、2週間繰り上げた2011年5月6日に公開することを決めた[42]

撮影 編集

2008年10月、マーベル・スタジオは『アイアンマン2』、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー』、『ジ・アベンジャーズ』の計4作の撮影の為にカリフォルニア州マンハッタンビーチのラリースタジオと長期契約した[43]。主要撮影は2010年1月11日より開始された[44]。2月、パラマウントがビーチ撮影のためにカリフォルニア州デル・マー市と交渉したことが報じられた[45]3月15日、撮影場所はニューメキシコ州ガリステオに移った[46]。4月、パラマウントは撮影のための移動費用が掛かり過ぎることを理由にデル・マーでの撮影を諦め、カリフォルニア北部に変更した[47]

ポストプロダクション 編集

主要撮影は5月6日に完了し、ポストプロダクションが始まったことがクリス・ヘムズワースにより明らかにされた[48]。特殊効果はフランスBUF Compagnieが主導となり[49]デジタル・ドメインと協力して行われる[50]。2010年6月、クリス・ヘムズワースの衣装のコンセプト・アートが公開された[51]

2010年7月、『ロサンゼルス・タイムズ』は本作と『キャプテン・アメリカ』の2作が3D映画として公開される予定であることを報じた[52]。プロデューサーのケヴィン・フィージによると、撮影は3Dカメラを使わない従来と同じ「2D」であるが、特殊効果ははじめから3Dとして製作される[52]

2010年10月、2、3の新しい場面のために撮り直しをしたと報じられた[53]

2011年3月、編集処理の際に劇場公開版からアドリアナ・バラッザのシーンが取り除かれた。ケネス・ブラナーはカットした理由の説明と謝罪の手紙を彼女に送った。バラッザは「映画が素晴らしい出来で、才能ある俳優たちと共演した場面がカットされるのは残念ですが、私は映画の性質を理解しており、そして場面がカットされることは珍しいことではありません」と答えた[54]。バラッザは劇場公開版では一場面のみ登場する。

2011年5月、エンドクレジット後のステラン・スカルスガルドとサミュエル・L・ジャクソンのシーンは『ジ・アベンジャーズ』のジョス・ウェドンが監督していたことが明らかとなった[55]

音楽 編集

:en:Thor (soundtrack)」も参照

本作の音楽はパトリック・ドイルが手掛け、ブエナ・ビスタ・レコーズよりアルバム盤が発売された。 また主題歌にはフー・ファイターズの『Walk』が使用された。

公開 編集

2011年4月17日にオーストラリアシドニーでワールド・プレミアが行われた[56]。アメリカでは5月2日にハリウッドエル・カピタン・シアターで行われた[57]

宣伝 編集

ファイル:Thor Comic-Con Panel.jpg

2010年のコミコン・インターナショナルで5分以上におよぶ予告編が初公開され[58]、インターネット上に流出した[59]。一般向けの第一弾ポスターは2010年12月9日に公開され[60]、翌10日には予告編が公開された[61]。2011年2月、フォックス放送が中継する第45回スーパーボウルでテレビスポットが流された。この30秒のスポットには300万ドルの広告料が支払われている[62]。マーベル・スタジオとアキュラは共同で2011年のシカゴ・コミック・アンド・エンターテインメント・エキスポでEXPOでバイラルマーケ・ティングを開始した[63]。この他の公式プロモーション・パートナーはバーガーキングドクターペッパーセブン-イレブンビザなどである[64]

本作の公開に合わせて、マーベルアニメーションによるテレビアニメの製作が発表された[65]。また、OVA Thor: Tales of Asgard が5月17日に発売された[66]

さらにセガから本作をベースとしたコンピュータゲーム Thor: God of Thunder が開発し、2011年5月3日に発売された。このゲームではクリス・ヘムズワースとトム・ヒドルストンが声の出演を果たしている[67][68]

評価 編集

興行収入 編集

世界で最も早い一般公開はオーストラリアの2011年4月21日で、公開3日間で580万ドルを稼ぎ、『ワイルド・スピード MEGA MAX』に次いで初登場2位となった。これは、2008年の『アイアンマン』を1%上回る成績である.[69]。その翌週、56市場で公開され、週末に8920万ドルの売り上げた[70]。北アメリカでは、公開初週末に約6600万ドルを稼いだ。その内10%の約660万ドルは、213か所のIMAX劇場によるものである[71]。2011年5月18日時点で北米で1億7793万1000ドル、それ以外の国々で2億6170万ドルを売り上げている[3]

批評家の反応 編集

本作は批評家には概ね好意的な反応を得ており、Rotten Tomatoesでは231のレビュー中77%が支持して「フレッシュ」となっており、平均点は10点満点で6.7点を獲得した[72]。また、Metacriticでは、39のレビューで100点満点中58点となっている[73]

ハリウッド・リポーター』誌のメーガン・レーマンは「雷神のハンマーを投げつける衝撃音で今年のスーパーヒーローの夏がスタートする」と述べた[74]。『シカゴ・サンタイムズ』のリチャード・ローパーは、「オリジナルのスパイダーマン以来最も愉快なスーパーヒーローのデビューだ」と評した[75]

逆に、『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは「マーケティングには成功しているが作品としては失敗」と、否定的なレビューを書いた[76]。また、『ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは、「想像以上に商業的成功への打算がプログラムされた一例」と、映画を嫌った[77]。『ロサンゼルス・タイムズ』のケネス・トゥランは、絶賛も酷評もせず、「予測できる要素とできないものとの美的なにらみ合い」と記した。トゥランはヘムズワース、ホプキンス、エルバの演技を称賛したが、特殊効果が矛盾し、地球でのストーリーに目新しさが無いと感じていた[78]

続編 編集

2011年4月、マーベル・スタジオズの社長のケヴィン・フィージは、『ジ・アベンジャーズ』に続いて「新たな映画でソーは新しい冒険を始め、キャプテン・アメリカは現代の世界を探検し続けるだろう」と語った[79]

2011年6月、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズThor 2 を2013年7月26日に公開し、クリス・ヘムズワースがソー役で続投すると発表した。ケネス・ブラナーは監督はしないが、プロデューサーとして参加を続ける[80]。また後日、脚本のドン・ペインが続投することも報じられた[81]

脚注 編集

  1. テンプレート:Cite web
  2. 2.0 2.1 テンプレート:Cite news
  3. 3.0 3.1 3.2 テンプレート:Cite web
  4. テンプレート:Cite news
  5. テンプレート:Cite news
  6. テンプレート:Cite news
  7. テンプレート:Cite news
  8. テンプレート:Cite news
  9. テンプレート:Cite news
  10. テンプレート:Cite news
  11. テンプレート:Cite news
  12. テンプレート:Cite news
  13. テンプレート:Cite news
  14. テンプレート:Cite news
  15. テンプレート:Cite news
  16. テンプレート:Cite news
  17. テンプレート:Cite news
  18. テンプレート:Cite news
  19. テンプレート:Cite news
  20. テンプレート:Cite news
  21. テンプレート:Cite news
  22. テンプレート:Cite news
  23. テンプレート:Cite news
  24. テンプレート:Cite news
  25. テンプレート:Cite news. WebCitation archive.
  26. テンプレート:Cite news. WebCitation archive.
  27. テンプレート:Cite news WebCitation archive.
  28. テンプレート:Cite news. WebCitation archive.
  29. 29.0 29.1 テンプレート:Cite news
  30. テンプレート:Cite news
  31. テンプレート:Cite news
  32. テンプレート:Cite news
  33. テンプレート:Cite news
  34. テンプレート:Cite news
  35. テンプレート:Cite news
  36. テンプレート:Cite news. WebCitation archive.
  37. テンプレート:Cite news
  38. テンプレート:Cite news
  39. テンプレート:Cite news
  40. テンプレート:Cite news WebCitation archive of abstract.
  41. テンプレート:Cite news
  42. テンプレート:Cite news. WebCitation archive.
  43. テンプレート:Cite web
  44. テンプレート:Cite web
  45. テンプレート:Cite web
  46. テンプレート:Cite web
  47. テンプレート:Cite web
  48. テンプレート:Cite web
  49. テンプレート:Cite news
  50. テンプレート:Cite news
  51. テンプレート:Cite news
  52. 52.0 52.1 テンプレート:Cite news
  53. テンプレート:Cite news
  54. テンプレート:Cite news
  55. テンプレート:Cite web
  56. テンプレート:Cite web
  57. テンプレート:Cite web
  58. テンプレート:Cite web
  59. テンプレート:Cite web
  60. テンプレート:Cite web
  61. テンプレート:Cite web
  62. テンプレート:Cite news. WebCitation archive.
  63. テンプレート:Cite web
  64. テンプレート:Cite news
  65. Hi-Res Promotional Image From Upcoming "Thor" Animated Series, Press Release
  66. テンプレート:Cite news
  67. テンプレート:Cite news
  68. テンプレート:Cite news
  69. テンプレート:Cite web
  70. テンプレート:Cite web
  71. テンプレート:Cite web
  72. テンプレート:Cite web
  73. テンプレート:Cite web
  74. テンプレート:Cite web
  75. テンプレート:Cite web
  76. テンプレート:Cite web
  77. テンプレート:Cite web
  78. テンプレート:Cite web
  79. テンプレート:Cite web
  80. テンプレート:Cite web
  81. テンプレート:Cite web

外部リンク 編集

テンプレート:ケネス・ブラナー監督作品

da:Thor (film)el:Thor (ταινία)et:Thor (film) fi:Thor (elokuva)gl:Thor (filme)ka:თორი (ფილმი) ko:토르: 천둥의 신 ms:Thor (filem) nl:Thor (film) no:Thor (film)sv:Thor (film) tr:Thor (film) uk:Тор (фільм)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki