FANDOM



ヒストリー編集

ホープ・スロットマンは陸上競技の選手である。奨学金でNYU(ニューヨーク大学)に通っていた。

ホープはキルグレイヴの洗脳下に入り失踪する。娘の行方を捜索するために両親がジェシカ・ジョーンズに依頼した。ジェシカは監禁されていた彼女を見つけ連れ出そうとするが、キルグレイヴのコントロールにより外に出ることに必死に抵抗した。なんとかホープを気絶させ事務所に連れ帰った。ジェシカは迎えに来た両親にできるだけ遠くに逃げるように指示をし、ホープも洗脳が解けたように見えたが、別れ際にキルグレイヴの洗脳が復活し、両親をエレベーターの中で殺害してしまう。

ホープは刑務所に収容され、ジェシカは彼女が無実であることを証明するために尽力しキルグレイヴに立ち向かった。ところがホープがキルグレイヴの強姦により妊娠していることが発覚し、薬によって流産させ中絶することになる。

ホープはホガースの弁護のもと、裁判で告訴しようとするが、終身刑から20年の減刑にとどまる。ホープはキルグレイヴの全てを話すことを決意した。

ジェシカがキルグレイヴを追い詰め捕らえたが、しばらくの尋問の後脱走させてしまう。ジェシカはホープに隠れるように指示をするがキルグレイヴがジェシカの前に再び現れホープを連れてレストランに来るように命令した。ジェシカと共にレストランを訪れたホープは、ジェシカにキルグレイヴを殺すように密かにお願いをする。

アルバート・トンプソンがキルグレイヴに抱きついた隙を見てホープはグラスで彼を殴るが、殺すことはできなかった。ホープはキルグレイヴの命令でガラスの破片を喉に突き刺し自殺する。自殺する瞬間にホープはジェシカに仇を取るよう言葉を遺した。

ノート編集

  • ホープはドラマオリジナルキャラクターであるが、コミックキャラクターのマッティ・フランクリンと設定が共通している。

トリビア編集

参考リンクと出典編集

More編集

フットノート編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki