FANDOM


マーガレット・エリザベス・カーターことペギー・カーターは、SSR(戦略科学予備軍)に所属していたエージェント。第二次世界大戦中に再生計画における超人兵士の被験者選定・強化手術に関わり、のちにキャプテン・アメリカとして知られるようになる青年スティーブ・ロジャースと、彼が率いたハウリング・コマンドーズの補佐を務めた。任務を続けるうちペギーは次第にスティーブと恋に落ちるが、ヒドラとの戦いの中スティーブは行方不明となる。戦争が終わった後も、コマンドーズやハワード・スタークらスティーブの遺志を継ぐ仲間たちと共に戦いを続けるペギーはS.H.I.E.L.D.を創設。世界中のあらゆる危機に対して戦いを続け、かつてスティーブが救い出した元兵士の男性と結婚。二人の子供を育て、2016年に死去した。

経歴 編集

キャラクターの経歴を入力してください

性格 編集

キャラクターの性格を入力してください

能力と弱点 編集

能力 編集

キャラクターの能力を入力してください

弱点 編集

キャラクターの弱点を入力してください

装備 編集

キャラクターの装備を入力してください

名台詞 編集

キャラクターの名台詞を入力してください

トリビア 編集

  • エージェント・オブ・シールド(シーズン2)第1話「新生S.H.I.E.L.D.始動」に1945年のSSRの一員として登場。ヒドラ基地に乗り込み、ヒドラから劇中のキーアイテムである「オベリスク」を押収している。

参考リンクと出典 編集

参考リンクを入力してください

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki