Fandom

マーベル・コミック Wiki

ベネディクト・カンバーバッチ

480このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ベネディクト・カンバーバッチはドクター・ステファン・ストレンジを、公開予定の映画ドクター・ストレンジで演じる。


主な出演作編集

沈黙の証人 のウォーレン・リード(2002)

Fortysomethingのロリー・スリッパリー(2003)

ホーキング のスティーブン・ホーキング(2004)

Nathan Barley のロビン(2005)

To the End of Earthのエドモンド・タルボット(2005)

Broken Newsのウィル・パーカー(2005)

Starter for 10のパトリック・ワッツ(2006)

アメイジング・グレイスのウィリアム・ピット(2006)

ジャスト・ア・ヒーローのジョー/チャーリー(2006)

つぐないのポール・マーシャル(2007)

Stuart: A Life Backwardsのアレクサンダー・マスターズ(2007)

ブーリン家の姉妹のウィリアム・キャリー(2008)

The Last Enemy のスティーブン・イザード(2008)

Agatha Christie’s Marple のルークフィッツウィリアム(2008)

Creationのジョセフ・フッカー(2009)

Van Gogh: Painted with Words のヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(2010)

僕が星になる前にのジェームズ(2010)

トゥルース・闇の告発 のニック・カウフマン(2010)

SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁のシャーロック・ホームズ(2010-2016)

裏切りのサーカスのピーター・ギリアム(2011)

戦火の馬のジェイミー・スチュワート(2011)

ミスティック・アイズのデビッド(2011)

ナショナル・シアター・ライヴのローゼンクランツ /ヴィクター・フランケンシュタイン/クリーチャー(2011-2013)

Parade’s Endのクリストファー・ティーチェンス(2012)

Girlfriend in a Comaのダンテ(2012)

ホビット 思いがけない冒険のネクロマンサー(2012)

Electric Cinema: How to Behaveのハンフリー・ボガート(2012)

ザ・シンプソンズのアラン・リックマン(2013)

スター・トレック イントゥ・ダークネス のカーン(2013)

それでも夜は明ける のフォード(2013)

フィフス・エステート 世界から狙われた男のジュリアン・アサンジ(2013)

8月の家族たちの リトルチャールズエイケン(2013)

Little Favourのウォレス(2013)

ホビット 竜に奪われた王国 のスマウグ/ネクロマンサー(2013)

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密のアラン・チューリング(2014)

ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービーの特定の役(2014)

ホビット 決戦のゆくえ のスマウグ/ネクロマンサー(2014)

ブラック・スキャンダル のビル・バーガー(2015)

Hollow Crownのリチャード三世(2016)

Magik のルイス(2016)

ジャングル・ブック オリジンズ(原題)のシェー・カーン(2016)

Flying Horse のハリー・ラーキンズ(2016)


セリフ編集

• “それはリスキーではないと思う。なぜなら、それはマーベルだから。マーベルは普通の漫画キャラクターを表出し、スクリーンの神々にそれらを変えてみせる安定性を持っています。それは非常に異なっていて、1つの宇宙と呼べる。この話とこのキャラクターの構築に使用されるであろう膨大で新たな要素が、このマーベル・ユニヴァースにあります。しかしもちろん、無限の想像力をもつスコットや誇り高きマーベルのメンバーとともに仕事ができることに興奮している。 そして、まずは身につけるべきものがある。夏にハムレットのステージ・プロダクション、シャーロックのクリスマス特別ステージをだいたい3日以内にスタートするんです。

•「ああ…少し待ってください。私は何も言わないですよ。これはかなり遠く離れてだが、私は明らかに、そのスピリチュアルな寸法について非常に興奮しています。それは私の人生にとって非常に大きな意味をもちます。」

• 「私は多くのことを瞑想します。それは自分自身を落ち着かせ、喧騒から距離を置き、世界の思いやりのあって親切な人のように心に集中するための重要な方法です。私はネパール国境すぐの、西ベンガル州ダージリンでの私の経験ののちに多くのものを捨てました。それはブータンの観点を持ち、インドでアレンジされたネパールの家にいたチベット仏教の僧侶でした。それは非常に若い年齢のときの、深く形成的な経験でした。それは私が私の人生において維持したいものです。それはすでに備わっています。」

•「いや、私は多くの漫画を読んだわけではありません。アステリックスを少し読んだくらい。そうだったと思います。私の家庭に多くの漫画はありませんでした – [自己あざける声で] 。残念だった。私たちはそんなにマーベルを持っていませんでした。しかし、賭けてもいいが、私は今間違いなく熱心に読んでいますよ。」

•「私はいつも漫画の強く心を揺さぶるビジュアルに興味がありました。私は、漫画に根ざした、映画がまだ到達していないビジュアルに非常に注目していました。そして、それの多くはディットコーのアートワークと、漫画で見られる60年代のすべての狂気に由来するのです。」

•「60年代、この漫画が初めに登場したとき、現在我々が知るように、それは本当に素晴らしく、非常にサイケデリックであると知らされた。スタン・リーと、特に、スティーブ・ディットコーは、素晴らしいサイケデリックなスタイルを持っていました。私は、彼らがマーベルのブルペンで奇妙な何かをやっていたことを知りませんが、確かに彼らがやっていたものは、一度に心の拡張実験をしていたすべての人々に影響を与えました。だから、それが財産です。そして、それはこの映画での視覚効果のための私たちのミッションステートメントです。」

・舞台裏で、我々が『マジカル・ミステリー・ツアー』と称するもので、一連のシーンはおわります。そして、それは多元性中を衝撃的で非常に速い方向に文字通り彼を連れて行きます。」と、彼はからかいます。「イメージはぼんやりしたものです — より良い表現が見つからない — それらのディッコのイメージは過去のものです。 そして、この映画は他のものとは一味違うもの出会って欲しいと願っています。他のあらゆる映画とも。いろいろな狂気があります。落ちて、飛んで、とんで、戦って、穴があいて、パンチされること。それは本当にラフで混乱したものです。本当に狂った作品です。」


トリビア編集

出典編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki