FANDOM


レイ・スクーノヴァは海兵隊大佐でフランク・キャッスルの元上官。

ヒストリー 編集

アフガニスタン時代 編集

フランク・キャッスルの海兵隊時代に、彼の所属する部隊の指揮官を務めた。アフガニスタンでは自らの指揮によって部隊が危機になったところを、フランクの独断によって窮地を脱した。その時に片腕を失くしている。

ブラックスミス 編集

海兵隊での一線を退いてからは、元部下を集めて麻薬売買のための組織を結成。表舞台に全く姿を現さずに取引を操作する「ブラックスミス」として活動する。

遊園地でメキシカン・カルテル、キッチン・アイリッシュ、ドッグズ・オブ・ヘル3つの組織を利用して麻薬取引を行おうとするが、その場の人間が潜入捜査官の存在に気づいたため銃撃戦になり取引は中止、フランク一家が巻き込まれて彼以外死亡してしまう。

フランクの裁判では彼の性格証人として登壇、アフガニスタンでの英雄譚を語る。

フランクが脱獄してからは、レイエス、検視官のテッパー医師など事件に関わった人間を次々と殺害、フランクに罪を着せようとする。彼の反撃に対しては影武者や部隊を送るが、フランクは生存。取材のため訪れたカレンに正体を見破られたため、彼女を脅して連れて行こうとするがフランクによって阻止される。その後、小屋で射殺された。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki