FANDOM



”俺たちは世界を変える。よく弱気になるけど、法の力でやるぞ

よくも引きずり込んだな。感謝してる。”

ーフォギー・ネルソン

ヒストリー編集

フランクリン”フォギー”ネルソンはコロンビア大学で法律の勉強をし、大学でマット・マードックと知り合う。フォギーはコロンビア大学を準首席で卒業した。そして親友になったマットとランドマン法律事務所でインターンを経験した後に二人で法律事務所を立ち上げる。一方でマットはフォギーに知られないように夜の自警活動を開始する。

ネルソン&マードック法律事務所を立ち上げた後に二人が取り組んだケースはカレン・ペイジの弁護とエレナ・カルデナスが関係している賃貸物件の明け渡しの件であった。

殺人容疑で逮捕されたカレンはユニオンアライド社の資金洗浄の重要なデータを隠し持っていた。カレンは二人に嘘をつきファイルを隠したが、データを奪い返そうとやってきたユニオンアライドの手先の殺し屋に襲われる。そこに覆面の男が現れて制圧し、カレンを助けた。ついでにファイルを手に入れた覆面はエセックス新聞社に明け渡しユニオンアライド社の情報を公開し、これによってカレンは無罪になった。

次にエレナ・カルデナスの立ち退きの一件があったが、調査をするうちにウィルソン・フィスクの存在を知ることになる。フィスクは街の再建のために建物を買い取ろうとしていたのだ。

エレナは強盗にことされてしまう。これは明らかにフィスクの手引きによる犯行であった。マットは怒りに身を任せフィスクと対峙し彼を半殺しの目に合わせる。マットはかろうじて生き延びてアパートに帰ってきた。マットに用があったフォギーがたまたま重症で覆面姿のままのマットの姿を見つけ彼がヘルズキッチンを騒がせている自警員だと知る。

マットは短く意識を回復した間にフォギーに病院に連れて行かせないこと、クレア・テンプルに治療を頼むことを彼に伝える。

クレアの治療で回復したマットは、フォギーに超感覚の事、そしてフィスクを殺そうとしている事を明かす。しかしフォギーは友人を頼って欲しかったと言い、その場を去った。

フォギーがマットと距離を置く間、フォギーは独自にフィスクの情報を集める。元カノのマーシーに取り次ぐ事ができユニオンアライドの弁護団の情報を手に入れた。

マットとフォギーは和解して一緒にフィスクを倒し、法の力で彼を裁くことを決心する。

汚職役員からフィスクの元で働いている仲間を吐き出させる事ができた。おかげで警察による一気の検挙があり、フィスクの計画は阻止されフィスクも逮捕される。FBIの車で輸送中にフィスクの手下の襲撃があったが、マットが再び彼に立ち向かいフィスクを倒した。

覆面姿のマットは新聞に「デアデビル(向こう見ず)」の名前で報道されヘルズキッチンを守るのもになった。

トリビア編集

  • フォギーはヘルズキッチン・ヘリオンズのファン

参考リンクと出典編集

More編集

フットノート編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki