FANDOM



ヒストリー編集

生い立ち編集

ジョンエレイン・グレイの娘として生まれたジーンは、子どものころから強力なミュータントのパワーと能力を持っていた。

それぞれの目的のために彼女に能力の使い方を教えたいと思っていたエリック・レーンシャーチャールズ・エグゼビアが彼女を訪問した。

ジーンでは自身の強大なサイキック・パワーを制御できないと考えたエグゼビアは、能力を押さえるために彼女の無意識の心をブロックした。その結果、成長するにつれてジーンに2つの人格が生まれた。1つは普段のジーン、もう1つは強く力にあふれた闇の面で自らをフェニックス・フォースと呼び、怒りによって目を覚ますものだった。心をブロックされていてもジーンはテレパシー、エンパシー、サイキックの能力を育んでいった。

X-メン編集

ジーンはX-MENの一員に加わり、恵まれし子らの学園で医師を務めた。サイクロップスと深い関係にあった彼女だが、ウルヴァリンが現れると三角関係に陥った。

ミスティークセレブロを妨害してエグゼビアが昏睡状態に陥ると、ジーンは装置を直してマグニートーの位置を特定した。このときに膨大なパワーが頭に流れ込んで彼女のテレパシー能力を進化させ、エグゼビアの築いた、フェニックスを押さえる心のブロックも崩壊してしまう。その後ジーンはマグニートーを止める戦いに参加し、リバティ島でトードと対決した。ジーンたちは変異装置を使って国連の首脳たちをミュータント化しようとするマグニートーの計画を妨害し、ローグを救った。

フェニックス覚醒編集

ジーンは次第に悪夢や頭痛に悩まされるようになり、同時に能力は増し続けていった。合衆国大統領が襲撃されるとジーンはストームを伴ってボストンに赴き、テレキネシスを使ってナイトクローラーを捕獲した。彼女はアメリカ空軍によって放たれたミサイルを偏向するなどフェニックスの強力な能力を示し始めた。マグニートーと協力することになった後、ジーンはナイトクローラーの記憶を探って彼がウィリアム・ストライカーの基地に捕らわれていたことを突き止めた。それから、ストライカーに操られたサイクロップスと戦い、テレキネシスのシールドを創り出して彼を倒した。

アルカリ湖が崩壊すると、ジーンは仲間を救うために自らを犠牲にしてダムに残った。彼女の超人的能力は完全に目覚め、X-ジェットを飛ばして彼女を救おうとするナイトクローラーのテレポート能力を封じた。X-MENの仲間を助けた彼女の体は炎に包まれていたが、押し寄せる水に飲み込まれ消えていった。

フェニックス・サーガ編集

ジーンを失った悲しみに打ちひしがれていたサイクロップスはアルカリ湖に行き、怒りに駆られて目から光線を発した。すると生きていたジーンが彼の前に現れ、2人はキスを交わした。彼女はサイクロップスにバイザーを外すよう要求し、パワーで光線を押さえて見せた。そして強く高度なテレキネシスの能力を使って彼を殺してしまった。

エグゼビアは即座にこれを感じ取り、X-MENにアルカリ湖へ行くよう命じた。ストームとウルヴァリンが着くと宙に浮いた石やサイクロップスのルビー・クォーツ・グラスが見つかった。そして意識を失っていたジーンはX-マンションに運ばれた。ここでエグゼビアは彼女がガラスのミュータントであり、子供のころから危険な人格を押さえてきたことを話した。エグゼビアが再び彼女の心に壁を築くことに失敗した後、ジーンはもう1つの人格と共に目覚め、ウルヴァリンを弾き飛ばして逃亡した。マグニートーの新たな部下カリストはジーンのすさまじいエネルギーを感知しその場所を教えた。自身の能力でジーンが実家に戻ったことを知ったエグゼビアは、不安定でもろい彼女を慰めようとしたが、マグニートーはエグゼビアがジーンをコントロールしようとしていると主張した。やがてジーンの闇のフェニックスが目覚め、エグゼビアがなおも心に入ろうとしていることに怒りを感じて彼を消滅させてしまった。そして家を破壊したフェニックスは、マグニートーのブラザーフッド・オブ・ミュータンツに加わった。

マグニートーは隠れ家において彼女を「進化の新たな段階」と称賛し、忠誠心を勝ち取ろうとした。フェニックスはミュータントの能力を消すキュアが入ったプラスティック銃を彼の顔に向けた。パニックに陥ったマグニートーだったが、なんとか彼女を思いとどまらせることができた。カリストは彼女の力が「まったく不安定」であるとしてその危険性を伝えたが、マグニートーはその力を信じ、リスクを無視した。

アルカトラズ島での戦いが始まると、ジーンはX-MENにもブラザーフッドにも加勢しなかったが、兵士たちがキュアを彼女に向けて放つと怒りを爆発させ、周りにある物を次々と破壊していった。ヒーリング・ファクターを持つウルヴァリンだけがジーンに近づくことができ、愛を伝えて彼女を刺した。ジーンとフェニックスの両方が死亡し、彼女の墓はサイクロップスとエグゼビアの横に建てられた。

ローガンの夢編集

7年間、ジーンはローガンの夢や幻覚に現れ、彼に自分を殺した責任を問い続けた。ローガンが死の淵をさまよっていたとき彼女の幻覚が現れ、共に過ごすように持ち掛けた。ローガンが断るとジーンは白い光の中に消えていった。

性格 編集

フェニックスのジーン・グレイは常に感情に身を任せた凶暴な性格をしている。

力と能力 編集

  • テレキネシス:原子一つでも動かすことができるほどの強大な力を持っている。
  • テレパシー:プロフェッサーXを上回るかもしれないほどの力を有している。
  • q:テレキネシスを利用して飛行可能

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki