FANDOM


フィリップ・J・コールソンことフィル・コールソンはS.H.I.E.L.D.の優秀なエージェントで、長官であるニック・フューリーからは全幅の信頼を寄せられ、彼の右腕として活動していた。トニー・スタークをはじめ、調査中に出会ったソーや昔から憧れの人物であったスティーブ・ロジャースらとと友人になるが、ロキによるヘリキャリア攻撃の際に胸を貫かれ死亡する。彼の死を悼むヒーローたちは結束し、チタウリによるニューヨーク侵攻は阻止された。

しかし、フューリーの手によってコールソンは極秘裏に蘇生させられる。生き返ったコールソンは自らリクルートした優秀なエージェントたちによるチームを率い、S.H.I.E.L.D.エージェントとしての活動に復帰した。

経歴 編集

キャラクターの経歴を入力してください

性格 編集

キャラクターの性格を入力してください

能力と弱点 編集

能力 編集

キャラクターの能力を入力してください

弱点 編集

キャラクターの弱点を入力してください

装備 編集

キャラクターの装備を入力してください

交友関係編集

デイジー・”スカイ”・ジョンソン
メリンダ・メイ(アース199999)
レオ・フィッツ(アース199999)
ジェマ・シモンズ(アース199999)
アイアンマン/トニー・スターク(アース199999)
戦う実業家。アイアンマンのデビュー戦の裏には、コールソンらシールドの活躍があった。
キャプテン・アメリカ
アメリカを代表する伝説のスーパーソルジャー。コールソン憧れのスーパーヒーローである。
マイティ・ソー
アスガルドの雷神。コールソンはニューメキシコ州でその復活に立ち会った。
ハルク

ヴィラン編集

グラント・ウォード(アース199999)
元部下。

名台詞 編集

キャラクターの名台詞を入力してください

トリビア 編集

  • フィル・コールソンはコミックキャラクターを元にせず、映画オリジナルのキャラクターとして『アイアンマン』に初登場した。のちにコミックに逆輸入され、マーベルユニバース(アース616)のコールソンがデビューしている。また、MCUをイメージさせる黒人のフューリー(本名:マーカス・ジョンソン。ニック・フューリーJr.=アース616版ニック・フューリーの息子)も同時にデビューしている。
  • 616版コールソンの活躍は、ヴィレッジブックスから発売された「アンキャニーX-MEN:レボリューション」やshoproから発売された「デッドプール(MARVEL NOW!)Vol.4 デッドプールVS.シールド」で読むことができる。とくに「デッドプール」版のコールソンは、原型にかなり忠実に描かれている。
  • テレビアニメ「アルティメット・スパイダーマン」にも登場。シールドのエージェントであり、同時に主人公のスパイダーマン(ピーター・パーカー)が通うミッドタウン高校の校長も兼任している。第3シリーズである「アルティメット・スパイダーマンVSシニスター・シックス」には、シールドの科学者としてフィッツとシモンズも登場しているが、コールソンとの関係への言及はなかった。
  • コミック好きであるコールソン役のクラーク・グレッグは、コミック「アベンジャーズ:エンドレス・ウォータイム」の序文を手がけている。同書は2016年にヴィレッジブックスから翻訳版が発売された。
  • また、グレッグは2016年12月に初来日し、衛星放送「D-life」での「エージェント・オブ・シールド シーズン3」の放送開始に合わせたファンイベントに出席している。このイベントで、グレッグは自らの日本語吹き替えを担当する声優、村治学ほか番組メインキャストを登壇させ、番組の脚本家に「エージェント・オブ・シールドを東京で撮りたいと話す」とリップサービスし、会場に集ったファンを沸かせている。
  • アスガルドでは名字の代わりに「~の息子」という意味で「~ソン」を名乗る(例:「オーディンの息子のソー」→「ソー・オーディンソン」)ため、コールソンはアスガルド人から「コールの息子」と呼ばれている。

参考リンクと出典 編集

参考リンクを入力してください

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki