FANDOM


H alternate 3.png ネタバレが含まれています!!
この記事には、近日公開または公開中の
作品のネタバレが含まれています。ご注意ください。


ヒストリー編集

オリジン編集

ハンク・マッコイは子供時代から天才であり、15歳でハーバード大学を卒業した。「ディヴィジョンX」の研究員としてCIAにリクルートされ、超音速飛行機やセレブロの試作型を開発した。

ファーストジェネレーション編集

ある日、CIAのエージェント(Man in Black)に連れられたチャールズ・エグゼビアエリック・レーンシャーレイブン・ダークホルム、モイラ・マクタガートらの接触を受け、初期のX-メンに秘密作戦員として加わった。エグゼビアにミュータントであると見抜かれた彼は巨大な足を見せ、同時に彼はレイブンに惹かれた。

ハンクは外見の変化を隠す代わりに能力が消える薬を開発してきたことをレイブンに明かした。彼はレイブンの姿を変える能力が薬を完成させるカギであると考えていた。ハンクは「普通」の外見になりたいという望みのため、彼女の血液サンプルと彼女からのキスを欲しがった。しかし真の姿こそ美しいというエリックの意見が考えを変え、彼女はハンクが完成させた薬を使うことを拒んだ。ハンクは自ら薬を注射したが、その結果、全身が獣化してしまった。その薬は彼が想定していたのとは逆に変異を促進する効果があったのだった。ミスティークは彼を「美しい」「これがあるべき姿」と表現した。ハヴォックは彼に「ビースト」という名を付けた。

キューバ危機においてアメリカ合衆国とソビエト連邦との間で第三次世界大戦を起こそうとしているセバスチャン・ショウを止めるべく、彼はチームのパイロットを務めた。戦闘中、一行は近くの浜に墜落しハンクはハヴォックと共にアザゼルと戦った。ショウを倒したエリックはチャールズと意見が合わず、ヘルファイア・クラブの仲間とレイブンと共に消えハンクはチャールズの側に残った。

フューチャー&パスト 編集

かつてのエグゼビア邸に学園を開き残ったメンバーと共に経営していたが、ベトナム戦争により生徒と教師たちが次第に減り最終的にはチャールズとハンクが学園に2人きりとなった。

ハンクの作った能力を抑える薬を過剰投与したチャールズをずっと面倒見ていた。そこへウルヴァリン/ジェームズ・ハウレットが未来から現れ彼に協力することとなる。未来から来たと主張する彼を疑ったが、自分の正体を見破り喧嘩をふっかけてきたウルヴァリンに激昂しビーストに変身し応戦するも、チャールズの登場であっけなく終わった。未来を守るために来たこと、それにはレイブン(ミスティーク)を止めることが必要なことをウルヴァリンは説明し、ビーストたちを説得した。

ジョン・F・ケネディ暗殺でペンタゴンに収容されているエリックを連れ出すために超高速移動の能力を持つクイックシルバー/ピーター・マキシモフを仲間に引き入れ映像電波のジャミングを担当した。

ピーターと別れた一行は世界平和サミットでレイヴンを捕まえるためにパリへと飛行機を飛ばした。

無事レイヴンによるトラスクの暗殺を防いだが、平和会議は混乱に陥った。レイヴンは窓から逃げ、ビーストの姿になったハンクは、大勢の記者の前に晒され、世界中のテレビに映ることとなる。

逃亡したエリックがいないままX-マンションに戻り、チャールズは自分の能力を再び使うことを決意した。ローガンとハンクを伴ってセレブロを使用し空港でレイヴンを見つけ空港にいる人々を使って彼女の説得を試みるが、彼女はそれを拒んだ。

しかし、チャールズは彼女がワシントンD.C.ハンクはテレビのチャンネルを監視してワシントンD.C.でセンチネルの披露があること、レイヴンが再びトラスクの暗殺を計画していることを知る。ハンクは、まだ未来を変える手助けを何もできていない事実をかみしめた。ハンクは簡潔に未来はその瞬間は不変で簡単に変えることはできないと説明した。川と同じで石を投げ込んでも川の流れは変わらない。何をしても時間の流れは元のままだということをローガンとチャールズに説明したが、チャールズは「希望を絶たれてはいない」とハンクの持論を一蹴した。

ワシントンD.C.へと飛行機を飛ばす道中でローガンはチャールズにたとえ今日が変えられなくてもいい未来もありX-MENという大切なチームを一緒に必ず作ることを約束した。

三人はトラスクが発表を準備している会場に着き、一方レイヴンはシークレット・サービス・エージェントに変装してストライキの機会をうかがっていた。チャールズは能力で再び彼女に話しかけるが、それもまた失敗に終わってしまう。センチネルが起動した後閣僚たちに加わったレイヴンはトラスク、ニクソン大統領とともにホワイトハウスの地下避難室に入った。

彼らが感知できずにいるうちにマーグニートーはホワイトハウスの周りにスタジアムを置いて事前に仕込んでおいた鉄でセンチネルをコントロールした。マーグニートーは7体のセンチネルを警備にまわらせ、残りの1体にウルヴァリンとビーストの排除を命令した。ビーストがセンチネルの相手になり、燃料の配線をちぎるが、吹き飛ばされてパトカーへと落下した。ハンクは血清を使って人間に戻りなんとかセンチネルから逃れることができた。チャールズは能力で再度彼女に最後の説得をし、より良い未来があることを諭し彼女の暗殺を止めることができた。ミュータントが大統領を救ったと報道され、トラスクは軍事機密売却で逮捕されることとなった。

アポカリプス 編集

時は経ち10年後の1983年。ハンクはチャールズと共に"恵まれし子らの学園"を運営していた。かつて共にキューバ危機で戦ったハヴォック/アレックス・サマーズが弟のスコット・サマーズ(後のサイクロップス)を学園に連れてきた。スコットは目からオプティック・ブラストを出すミュータントで数日前に発動し、能力をコントロールできるようにと兄が連れてきたのであった。チャールズは能力を見るために裏庭に連れて行き池の対岸の的に当ててみるように言った。目隠しを取り目を開けたスコットは、的どころかその先の大木までも破壊する。スコットは不合格かと思ったが、チャールズは喜んで彼の入学を許可した。ハンクは、スコットが目を開けられるようにルビー・クォーツ製のサングラスをプレゼントする。ある夜、地震が発生し、ジーンが悪夢にうなされ強大なテレパシーで屋敷全体を揺らしていた。ジーンをなだめるためにハンクとチャールズは向い、なんとかチャールズのお陰でジーンは悪夢から目覚める。ジーンは世界の終わりを見たと言ってひどく怯えていた。地震の原因がジーンにあるかとチャールズは思ったが、ハンクは世界規模で同時に地震があり、それが原因でジーンが悪夢を見たのではないかと推測した。地震の震源地のカイロで何か手がかりはないかとセレブロを使って探索する。そこにいたのは調査中のモイラ・マクタガートであった。モイラは翌日の飛行機でCIAへ帰ることを知り、何があったのか聞くためにチャールズはハヴォックを連れてCIAへと向かった。ハンクは学園に残ったが、助けを求めにやってきたレイヴンに遭遇する。レイヴンはナイトクローラー/カート・ワグナーを連れていた。ハンクはレイヴンに地下のX-Jet格納庫を披露し、またX-MENとして一緒に戦わないかと説得したが、レイヴンは断った。やがてモイラを連れてもどってきたチャールズも彼女の帰還に驚いたが、彼女からエリックの妻と娘が殺され、同じ場所に警官たちも首を切られて死んでいたと聞き、エリックを助けて欲しいと頼まれる。一行はエリックの行方を追うためにセレブロへと向かった。エリックを見つけ説得を試みたがエリックはチャールズを拒絶した。そしてエリックのそばにいたアポカプス/エン・サバ・ヌールにチャールズの能力を逆利用され、世界中の核弾頭が宇宙に向けて発射した。暴走するセレブロを止めようとハンクは機械に手をかけるが吹き飛ばされてしまう。チャールズは最後の気力を振り絞ってアレックスにセレブロを破壊するよう命令し、なんとかセレブロは停止したがチャールズは気を失ってしまった。急いで外に出ようとしたが、セレブロの外にはテレポートでやってきたアポカリプス、エリック、ストーム/オロロ・マンローサイロック/エリザベス・ブラドックエンジェルがいた。チャールズはエリックのパワーで車椅子ごとアポカリプス一行にさらわれてしまう。テレポート寸前のアポカリプスたちに向けてハヴォックが攻撃したが、光線は扉の向こうのX-Jetに当たり爆発が起こってしまう。全員が爆発に巻き込まれるかと思いきや、一瞬のうちに外の庭に避難していた。たまたま学園に尋ねてきたクイックシルバーが一瞬のうちに屋敷にいたほとんどの人を助けたのである。しかし、爆発の一番近くにいたハヴォックは助からなかった。モールに遊びに行って爆発を免れたスコット、ジーン、カート、ジュビリーもちょうど戻ってきたが、ハンクから兄のアレックスがなくなったことを聞いたスコットは瓦礫の方へと走り出し、ジーンとカートもその後を追う。程なくしてヘリコプターの音が聞こえ、ウィリアム・ストライカー大佐がやってきた。モイラはCIAの者だと明かし助けを求めようとしたが、ソニックブラストを発射され庭にいた全員が気絶してしまった。幸い瓦礫側にいたスコット、ジーン、カートの三人は逃れることができた。ストライカーは気絶した人の中から、ミスティーク、ハンク、ピーター、モイラを運び出しヘリに乗せた。ハンクたちが目覚めるとそこはカナダ・アルカリ湖の施設だった。緑の光線が張りめぐされた檻に入れられたハンクたちは、ストライカーにチャールズの居場所を聞かれ知らないと答えるが、核発射の命令が学園から出ていたといい、アポカリプスの存在をモイラが知らせても取り合わなかった。しばらくして突然全員の脳内にチャールズの声が響き渡る。アポカリプスが言葉をチャールズを介して全世界の人にテレパシーで伝えたのであった。さらにストライカーからの詰問がありどん詰まり状態であったが、突然セキュリティが作動し檻の外が騒然となった。銃声に叫び声が聞こえたが、檻の中からはその様子を伺うことは困難であった。しばらくすると、カートが現れて窓ごしに何か叫んでいたが聞き取れないためマイクを使うように全員でジェスチャーをする。マイクを使ってもとぎれとぎれで聞こえづらかったものの何とか”ドアから離れろ”と話しているのを理解し全員が急いで壁際に寄った瞬間ドアが吹き飛ばされた。スコットがオプティック・ブラストで破壊したのであった。続いてジーンも現れ、チャールズを助けるためにカイロに向かうことになる。ジェット機格納庫に向かう途中に死屍累々の様子を見てレイヴンはどうしたのか聞いたが、助っ人が現れただけだとスコットは返した。ハンクの操縦で一路カイロへと向かう。機内では昔のX-MENの話題になったが、レイヴンは今残っているのはハンクと自分のみで、自分はヒーローではないと言った。

カイロへ到着した一行は手分けしてアポカリプスと黙示録の四騎士に立ち向かう。ハンクはビーストの姿に変身しチャールズ救出に向かったカートの後を追ったが、サイロックに行く手を阻まれ戦闘となった。優劣つけがたい戦いの中、チャールズを救い出したカートがハンクを機内へとテレポートさせる。ジェットがカイロを離れようとしたが、追いついたサイロックとエンジェルに進入されそうになり、なんとかカートが全員テレポートさせ建物の一角に隠れた。それもつかの間、チャールズに逃げられ激怒したアポカリプスが現れる。ビーストとスコットはアポカリプスに立ち向かうが、赤子の手を捻るかの如く、倒されてしまった。アポカリプスから翻ったストームやマグニートーもアポカリプスに立ち向かうがその強大な力になかなか勝つチャンスがつかめなかった。チャールズは、アポカリプスと精神が繋がっていることを逆手に取り、精神世界の戦いに持ち込む。ジーンの助けもあり、アポカリプスをついに倒すことができた。学園へと戻った一行はジーンとエリックの能力で学園を建て直し、X-MENを結成する。

キャラクターの特徴 編集

非常に有能な科学者、研究者として知られている。大学生の時から特に遺伝子変異の分野において類い稀なる知性と洞察力を発揮し、研究室からも一目置かれる存在となった。

大学時代にフットボールで異様な怪力も見せていた彼はのちにアレックスに”ビースト”の名前をもらう。

戦闘の時の驚くべき俊敏さ、強さにもかかわらずその一撃の拳には知性を感じる時もある。

能力とパワー 編集

パワー

  • 強さ:人間以上のかなりの強さを持つ。
  • 俊敏さ:通常の人間よりもはるかな俊敏さを誇る。
  • 持久力:人並みならぬ体力を持つ。
  • 巧みさ:通常の人間よりもはるかな俊敏さを誇る。

能力

  • 知性:ブラックバードやX-MENのユニフォームをデザインするなどハンクはかなりの知性を有している。X-MENで一番の頭脳とまではいかないが、それに匹敵するほどの逸材である。
  • 至近距離戦:ビーストは白兵戦や格闘技に熟練している。彼のミュータント能力を十分に生かした技術で一騎打ちでも敵にとっては脅威である。
  • パイロット技術:ビーストは、ブラックバードを飛ばすことができる。

装備 編集

  • ユニフォーム:戦闘において防護でユニフォームを着用する。

トリビア 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki