FANDOM


テンプレート:Infobox comics character

パニッシャー (The Punisher) は、マーベル・コミック刊行の複数のコミックに登場する架空ヒーロー

概要編集

本名、フランク・キャッスル (Frank Castle) 。元は、アメリカ海兵隊所属の軍人だった。

フランクは家族と共に、セントラル・パークピクニックを楽しんでいた。しかし、突然勃発したギャング同士の抗争に巻き込まれ、その銃撃戦の流れ弾によって最愛の妻と二人の子供達は帰らぬ人なってしまう。暗黒街のギャング達への復讐を固く誓った彼は、いっさいの過去を捨てる。正面に大きく白い髑髏を描いた漆黒のコスチュームに身を包み、非情の私刑執行人「パニッシャー」となり、クライムファイター(=犯罪者退治専門のヒーロー)としての活動を始める。

パニッシャーとなってからは、主にニューヨークを中心に活動している。

特徴編集

コミックは子供向けの物という認識がアメリカにはあり、マーベル・コミックの他の多くのヒーロー達は、相手がどんなに極悪の犯罪者であっても彼らを故意に殺すことをしない。しかしパニッシャーは法律もモラルも無視し、犯罪者らを冷酷に処刑・殺戮する。そのため、当の彼自身が犯罪者として警察に追われる身であり、また他のスーパーヒーロー達とも対立しがち、あるいは軽蔑されがちである。現実のアメリカの治安の悪化という背景事情がこうしたヒーロー像を求め、許容するようになったと見られている。

スパイダーマンデアデビルゴーストライダーなどニューヨークを中心に活動するヒーローとは一応の親交がある。また、パニッシャーほど苛烈では無くとも場合によっては殺人もやむを得ないとするウルヴァリンとは、ある種の共感を持ちあっている様である。

また、クロスオーバー『バットマン/パニッシャー』ではDCコミックのヒーローであるバットマンと競演している。本作では「愛する者、肉親を殺された事の報復」という共通する行動原理を持つにもかかわらず、「絶対に犯罪者を殺さない」バットマンと「犯罪者は必ず殺す」パニッシャーの生き方の違いが浮き彫りにされ興味深い(日本版は権利関係のため絶版。アマルガム・コミックスも参照)。

現実に凶悪事件の増える中で、悪人の徹底的な倒し方が人気になり、映画版続編の製作が決定した。

能力編集

肉体的には全くの通常人で、何のスーパーパワーも持っていない。この点でも前述のバットマンと共通する。しかし、あらゆる火器・爆発物を自在に使いこなし、白兵戦での戦闘技術も超一流。特にギャングとの銃撃戦においては問答無用で情け容赦がない。その戦闘能力は、マーベル世界の超常的な能力を持つヒーローらにもひけをとらない(“もしも”の世界を描く『What If』シリーズの中では、他のスーパーヒーローを皆殺しにしたこともあった)。

隠密行動
敵に悟られることなく、隠密裏に行動することもフランクの得意技の一つである。
シビル・ウォーでは、この得意技をフル活用し、キャプテン・アメリカが率いる反対派を支援していた。

交友関係編集

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース(アース616)
スーパーヒーローであると同時に、フランクにとっては軍人の先輩にあたる。
スパイダーマン/ピーター・パーカー(アース616)
デアデビル

映像化作品編集

  • パニッシャーThe Punisher)(1989年、オーストラリア、日本公開1990年1月)
フランク・キャッスルがパニッシャーとして活動する以前の経歴は刑事で、そのため犯罪者の逆恨みを買いマフィアに家族を殺害されるという設定。この映画では、フランクはパニッシャーのトレードマークともいえるドクロマーク入りのコスチュームを着用していないが、これは主演のドルフ・ラングレンが着用を拒否したためという説がある。そのためか、ドクロはパニッシャーが犯罪者を処刑する際に使うナイフの意匠として盛り込まれている。
監督:マーク・ゴールドブラット
キャスト
  • パニッシャーThe Punisher)(2004年4月全米公開、日本公開2004年11月)
パニッシャーに関する設定が変更されている。経歴は海兵隊員から、湾岸戦争への従軍経験やCTUに所属した経歴を持つFBI捜査官となった。舞台もニューヨークではなくフロリダ州タンパに移されている。また、ロイ・シャイダーの遺作でもあった。劇場公開時の反響は少なかったが、ビデオソフトやDVDでのヒットから続編製作が決定。これが紆余曲折の末、『パニッシャー: ウォー・ゾーン 』となった。
監督:ジョナサン・ヘンズリー
キャスト

※以下の記述は、英語版wikipediaの本作に関する項目[1]及び、スタッフやキャストの項目の情報を元にしている。なお一部スタッフやキャストの名前の日本語表記は、公式な資料(パンフレット、チラシ等)での記述に準じる。

 前作の続編ではなくなり、パニッシャーの設定(家族構成など)は原作に準じたものとなった。舞台もニューヨークとなっている。監督はドイツ出身の女性映画監督で格闘家でもあるレクシー・アレクサンダーで、主演は北アイルランド出身の俳優レイ・スティーブンソン。銃撃で肉体の一部が血や肉片を撒き散らしながら吹き飛ぶのを事細かに表現するなど、前作と比べて直接的な暴力描写が多くなっている。そのためか15歳未満の観賞を不可とするR指定作品となった。撮影は2007年の10月から12月にかけて行われた。北米での公開は当初2008年9月12日を予定していたが、同年12月5日へと延期されている。
 2004年に前作続編の製作を発表してから度重なるプロジェクトの遅延があったようで、脚本も数名の脚本家の手によって幾度となく改稿がなされた模様。ただし、こういったことは映画製作の現場、特に多額の予算を投じて作品を製作するハリウッドではよくある話である。
 その中で、2007年前半までは出演に意欲的だった前作の主演俳優ジェーンが降板している。スケジュールの問題もあったようだが、「価値を認められない映画に人生の貴重な時間を費やしたくない。でも原作者であるマーベルがあの内容でいいのなら、それでいいのだと思う」という主旨の、前作を継承しない内容となった作品を拒絶したとも取れるコメントを残している。
 この大幅に変化した内容の基礎となった脚本を担当したKurt Sutterも、完成したフィルムには自分の提出した脚本が殆ど生かされていないとしてスタッフクレジットから自身の名を削除するよう求めたことも明らかになっている。公開されたフィルムのスタッフロールを見ると、彼の名前はクレジットされていない。
 また監督のアレクサンダーが、本作のセカンドトレイラー初公開の場となったサンディエゴ・コミックコン(2008年7月26日開催)にポストプロダクション作業を理由として姿を現さなかった事から、彼女も自分の名をクレジットから削除したのではという憶測を呼んだ。これは本作の北米での配給権を持つライオンズゲート・エンタテインメント(北米以外の地域での配給権はコロムビア・ピクチャーズ)がPG-13の評価を受けるよう本作を編集しているという噂と共に、撮影監督であるスティーヴ・ゲイナーによって否定されている。 

ゲーム作品編集

パニッシャー(1993年、カプコン)
テンプレート:Seealso
カプコンから出されていたベルトスクロールアクションゲーム。カプコン版では2Pキャラクターが特殊諜報機関S.H.I.E.L.D.のエージェント「ニック・フューリー」となっており、「スパイダーマン」「デアデビル」にも登場するキングピンの組織と闘う。また、銃を持った敵が現れるとパニッシャーとニックも拳銃を抜き、それで攻撃することが出来るなどといった独特のシステムがある。この銃のみ、弾数が無制限で使用できる(銃を持つ敵が居なくなると、銃をしまう)。
The Punisher(2005年、THQ)
テンプレート:Seealso
THQから出されたサードパーソンシューティングゲーム。ちなみにマット・マードックアイアンマン、ブラック・ウイドウ、ニック・フューリーが登場する。Xbox版、PC版はリージョンフリーなので日本の本体及び、PCで動作可能。また、Xbox版は日本版Xbox 360でも互換対応済みなので問題なく遊べる。

パロディ 編集

ルトガー・ハウアー主演の映画「ブラインド・フューリー」(米国版座頭市)の主人公は、上記の「ニック・フューリー」と同姓同名で、その親友の名前はフランク。

関連項目 編集

アンチヒーロー
パニッシャーは、これに分類される。
キャプテン・アメリカ
対照的な人格(見解の相違)により、しばしば比較される。
ジョニー・ブレイズ
2代目パニッシャー。

外部リンク 編集

el:Τιμωρόςfi:Tuomari (sarjakuvahahmo)hu:Megtorló

id:Punishernl:Punisherro:Punishersq:Punisher sv:Punisher tr:Punisher

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki