FANDOM


キャラクターの概要はここに入れてください。

ヒストリー編集

恵まれし子らの学園編集

パイロこと ジョン・アラダイスは「恵まれし子らの学園」の生徒であり、ボビー・ドレイクとローグの友人だった。

ある日、ジョン・ストライカーの部隊によって学園が襲撃され、彼ら3人はウルヴァリンとともに脱出。郊外のボストンのボビーの家族の家へと逃げ込んだ。しかし、ミュータントであるボビーを受け入れられないボビーの弟が警察に通報してしまい、爪をナイフと間違えられたウルヴァリンは頭部を銃撃されてしまう。ローグとボビーは降伏しようとするも、パイロは警官にこう言い放つ。「ミュータントには危ない奴もいるけど、俺が最悪だ」。激怒したパイロは炎で反撃し、警官の車を次々と破壊。致命的な攻撃を与え歓喜するが、その過剰な行為を止めようとしたローグにより足首をつかまれ、一時的に能力を吸収される。その後能力を吸収した彼女によって火は消火された。

ブラザーフッド 編集

最終的に、パイロは彼の野心と能力の強さに目をつけたマグニートーに誘われ、プロフェッサーの元を離れる。アルカリ湖を脱出すると、マグニートーとミスティークに着いて行き、ブラザーフッドへと加わった。

後に拘束されたミスティークを開放すべくブラザーフッドと共に護送車を襲撃するも、ミスティークはキュアを装填した拳銃で撃たれ、能力を失ってしまう。その直後パイロは銃を発射した男を自身の炎で跡形もなく燃やしてしまった。

彼は後にキュアを開発した医療センターの前で、かつての友人であるボビーと再会する。短い討論の末、両者は戦闘態勢になるがボビーは手を引く。その後パイロはセンターを破壊した。

アルカトラズ島での決戦で、パイロはマグニートーが投げた車を次々と爆破し、X-MENを苦戦させ、その後ボビーとの一騎打ちを行う。最初は優勢だったものの、ボビーの捨て身の攻撃により敗北を喫する。

性格編集

Personalityの部分を記入してください。

力と能力編集

編集

パイロキネシス:炎を自在に操ることができる。しかし、発火能力そのものは持ち合わせていないため、ライターなどで一度火をおこし、増幅させる。

装備物編集

装備編集

火炎放射器:手首装着型であり、パイロの能力を最大限に引き出せる。

旧ジッポーライター

吹き出し編集

Speech Bubbleの部分を記入してください。

ノート編集

Notesの部分を記入してください。

スタン・リーによる創作秘話編集

Creation by Stan Leeの部分を記入してください。

トリビア編集

Triviaの部分を記入してください。

参考リンクと出典編集

Links and Referencesの部分を記入してください。

More編集

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート編集

Footnotesの部分を記入してください。

出典編集

Referencesの部分を記入してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki