FANDOM



イベント概要 編集

マジックはサイクロプスが世界を破壊しようとした時、未来で何が起こるか見るために未来へと飛ぶ。スコットへの手紙でマジックは未来のため戦う価値があったかどうかわかったと話す。それはなかったのだった。

過去から来たオリジナルのX-MENとキティはジーン・グレイ学園の食堂にいた。キティ達は強力なミュータントがアリゾナのフェニックスで出現したと連絡が来て、すぐに向かった。そこで彼らはアニマックスと名乗るミュータントと遭遇。彼女はドラゴンのようなモンスターを作りだす。ジーンはテレパスで彼女が子供の頃、虐待を受けて下層の犯罪者となっていたことを知る。戦いのなか彼女を制圧したX-MEN達だったがそこへセンチネルがやってくる。一般の母子を救おうとした若きサイクロプスは、センチネルの攻撃を受けて危機に瀕するも、現代のサイクロプス率いるニューチャールズエグゼビア学園のアンキャニーX-MENによって救われる。あっという間にセンチネル達を破壊したX-MENだったが、完全に停止していなかったセンチネルの頭部によって若きサイクロプスが重傷を負う。若きサイクロプスは学生のクリストファー・ミューズによって治療され復活するが、彼の短い時間の死の瞬間に現在のサイクロプスはまるで自身も死んでいたかのように、世界は突然震えていたのだった。ジーン・グレイ学園に戻ってウルヴァリン達は過去のX-MENが傷を負って時間の流れが損害を受ける前に、彼らが戻るように議論する。キティですら同意していたが若きサイクロプスは自由意志のなさ、ジーンは頑固になっていた。しかし、タイムトラベル装置が突如起動して入口が開き、未来のX-MENが現在にやってくるのだった。[1]

未来からX-MENと名乗る人物達がやってくる。エグゼビア、キティ・プライド、ゾーン、ビースト、アイスシング、デッドプール・モリー・ヘイズがやってきた。しかし、怪しんだウルヴァリンと未来のX-MENが争う中、若きジーンとサイクロプスがいないことに気づくのだった。2分前、若きジーンは何かがおかしい未来のX-MENを怪しんで若きサイクロプスと共に逃げる。未来からきたゾーンはオリジナルのX-MENが過去に戻らなければ大災害が起こると話し、実は彼女が現在残ったその後の若きジーンであることを明かす。しかし、その大災害がどんあものなのかは明かされないままだった。そして、海岸沿いに乗り捨てられたブラックバードがあるのだった。[2]

逃げた若きジーンとサイクロプスはカルフォルニアに逃げ、干されていた衣服を盗んで着替えバイクで逃走する。結局彼らはジーン・グレイ学園のX-MEN達に追いつかれて止めらるも、しっとうに追うX-MENに対してキティとレイチェル・サマーズが割って入る。レイチェルはテレパスで彼らが議論する間に2人に逃げるよう話す。そちて、若きサイクとジーンはレイチェルとキティが乗ってきたハミングバードに乗って逃げる。そして、彼らが連絡を取ったのはニューチャールズエグゼビア学園のX-MENであった。[3]

連絡を受けてやってきたアンキャニーX-MENと現在のサイクロプスは若きサイクとジーンを助けることに同意する。問題に対するサイクロプスの考えが危ういと感じたエマ・フロストは、2人の居場所をジーン・グレイ学園のX-MENと未来のX-MEN達にテレパスで知らせる。そこへやってきたX-MENだったが、ゾーンが若い自身の攻撃するのを見たエマは心変りして、カッコーズとと共に彼女に立ちはだかるのだった。[4]

ウルヴァリンとサイクロプスが言い争う中、ゾーンは若きジーン、エマ、カッコーズ5人とのテレパスによる戦いで圧倒する。そんな中でX-MEN達は争い始める。最終的に最後に残った若きジーンはゾーンを破ることに成功。ゾーンは若きジーンとの戦いで未来を垣間見せ、彼女に自身達の時代に戻らなければならないと信じさせる。そして、彼らはジーン・グレイ学園のX-MENと共に帰っていく。一方、若きビーストとアイスマンはマジックに未来へと連れて行かれて、未来のジーン・グレイ学園で本物のX-MENと会うのだった。[5]

現在にやってきた未来のX-MENを疑っていたマジックは、未来にやってきて未来のジーン・グレイ学園のX-MEN達と出会う。実は現在にやってきたX-MENはブラザーフッドであったのだ。ゾーン、ビースト、ローグによってダズラーが大統領になる計画を立て、幾人かのX-MENや一般人を殺して彼女は当選。当選演説をホワイトハウスで行おうとするも何者かの悪魔によって暗殺される。これによってビーストはブラザーフッドを準備するのだった。そして、彼らは現在にやってきてX-MENと偽り、利己的な動機によってオリジナルX-MENを過去に帰そうとする。未来のX-MEN達はブラザーフッドを止めるために現在にやってくることに同意し、アンキャニーX-MENの前にマジックと共にやってくるのだった。[6]

若きジーン、サイク、エンジェルと共にX-MENは戻ってくると、未来のX-MENは若きビーストとアイスマンが未来にいると気づく。彼らはX-MEN達がやってくる前に計画を進めなければならないと判断し、未来にキティ・プライドに化けていたミスティークとウルヴァリンの息子レイズ・ローガンとしての姿を現し、ブラザーフッドによってX-MEN達は破られていく。未来からやってきたX-MENの1人であるセンチネルXがブラザーフッドと戦ったジュビリーの下へ訪れる。彼は今ジュビリーが育てているショウゴ・リーであることを明かすのだった。[7]

アンキャニー・X-MENと未来のX-MENによって未来のブラザーフッドの戦いが始まる。アンキャニーX-MENはチェールズ・エグゼビア二世のテレパスで操られるクラコアに邪魔され、時間を稼いでいる間に過去へとオリジナルX-MENを戻そうとするも、未知の力によって彼らを過去に戻すことができなかった。そこへサイクロプス等アンキャニーX-MENがやってくるのだった。[8]

現在のサイクロプスはテレパスでゾーンにジーンへの気持ちの隙を着け入れられる間、ブラザーフッドに逃げられてしまう。回復したジーン・グレイ学園のX-MEN達と合流したアンキャニーX-MENはブラザーフッドが向かった場所へと向かう。ブラザーフッドはオリジナルX-MENを連れてX-MENとマグニートーの最初の戦いの場である砦岬へと逃げる。そこへやってきたX-MENとブラザーフッドの大混戦となる。X-MEN達は協力してそれぞれブラザーフッドを破るが、ミュータントに注意してそこへやってきていたシールドに対し、ゾーンは攻撃を仕掛けてシールドヘリキャリアからの攻撃を受けるのだった。[9]

シールドは密かに政府によって作られていたセンチネルを出撃させ、ゾーンはいかにミュータントが信用されていないかを示すことが目的だった。X-MENはセンチネルを破りゾーンとの戦いに挑む。ゾーンはX-MEN達を寄せ付けず、ウルヴァリンとサイクロプスを倒す。オリジナルのX-MEN達との交戦において彼女自身の力がオーバーロードし爆発して死亡する。幾人かの未来のX-MENの犠牲を払い戦いは終息。未来のX-MENは自身達の時間軸へと帰還し、ブラザーフッドの幾人かの所在は分からなかった。キティはオリジナルのX-MENに対するジーン・グレイ学園の対応に怒り、彼等と共にニュー・チャールズ・エグゼビア学園へと渡るのだった。[10]

リンクとリファレンス 編集

  1. X-Men: Battle of the Atom #1
  2. All-New X-Men #16
  3. X-Men #5
  4. Uncanny X-Men #12
  5. Wolverine and the X-Men #36
  6. All-New X-Men #17
  7. X-Men #6
  8. Uncanny X-Men #13
  9. Wolverine and the X-Men #37
  10. X-Men: Battle of the Atom #2

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki