Fandom

マーベル・コミック Wiki

ハルク/ブルース・バナー(アース199999)

480このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ブルース・バナー博士は、生化学と核物理学の分野における優れた科学者であり、中でもガンマ線の権威である。彼はスーパー・ソルジャー計画で開発された超人血清の再開発計画に関わり、実験中に多量のガンマ線を浴びたことで、高い心拍や強い怒りや憎しみにの感情によって緑色の巨体の怪物ハルクへと変身するようになった。

経歴 編集

生い立ち 編集

バナーは1969年12月18日に生まれた。成長したバナーは生化学と核物理学の分野で才覚を表し、カルバー大学で働いていた。彼は細胞生物学者のエリザベス・ロス博士と恋人であった。

やがて、バナーの存在はベティの父親サディウス・ロス少将の目に留まった。ロスは第二次大戦中にキャプテン・アメリカに使われたスーパー・ソルジャー血清の再開発を目的とした「超人兵士開発プログラム」を再開しており、バナーにその基礎研究を任せた。ロスは計画の全貌をバナーには明かさず、放射線耐性の研究であると説明していた。

実験の失敗 編集

実験の成功を確信したバナーは、自ら被験者となってガンマ線チェアに座った。ところが予期せぬ事態が起きる。ガンマ線を浴びたバナーの身体は突如、緑色の巨大なモンスター・ハルクへと変貌したのである。怪物と化したバナーは実験施設を破壊し、ベティとロスは重傷を負った。

逃亡生活 編集

ロスはバナーを逃亡犯と認定して、その行方を追跡した。

追っ手を逃れたバナーは、ブラジルのホッシーニャでガラナ・ソーダを出荷する工場で働きながら潜伏生活を送っていた。現地のポルトガル語を学ぶと同時に、ハルクへの変化を防ぐために感情を抑制コントールする方法も学んでいた。

ある日、バナーはソーダ工場の機材を修理した際に手を切ってしまった。バナーはすぐに生産レーンを停止させて飛び散った血を拭った。バナーは気づかなかったが、ボトリング前のビンに微量の血液が付着したままだった。ビンには血が混ざったソーダが詰められ、アメリカへ出荷された。

バナーはハルクへの変異を治療するため、ミスター・ブルーという人物に相談を持ち掛けていた。ある日、バナーはミスター・ブルーの助言で治療に有効だと思われる珍しい花を手に入れたが、花の作用はハルクへの変異源を血液から取り除くことはできなかった。ミスター・ブルーはバナーの血液のサンプルを送るよう求め、サンプルを分析したブルーは、治療には実験の詳細なデータが必要だと連絡してきた。

そのころ、ロスはガラナ・ソーダでガンマ線障害を負った男性の情報を手に入れ、バナーを借り出すために精鋭部隊を招集した。エミル・ブロンスキーらの部隊は眠っているバナーを奇襲しようとした。しかし、バナーは奇襲に気づき、すでに逃げ出していた。バナーは追っ手をまくために街中を逃走したが、バナーをよく思っていない工場の労働者たちと鉢合わせてしまった。バナーは工場へ逃げ込んだが、労働者たちに見つかってリンチをうけたバナーはハルクに変身し、労働者たちと部隊の両方を全滅させた。

翌朝、バナーは密林で目を覚ましたが、そこはグアテマラだった。道を行く車に助けられたバナーはメキシコのチアパスまでたどり着くと、そこで衣服を手に入れ、アメリカを目指した。

カルバー大学の戦い 編集

カルバー大学へたどり着いたバナーはベティ、馴染みの食堂の店主スタンリーと再会した。ベティはバナーの話を聞き、コピーしていた実験のデータを渡した。

翌日、バナーはミスター・ブルーのもとへ出発しようとしたが、スーパー・ソルジャー血清を投与されたブロンスキー率いるロスの部隊が現れ、バナーをカルバー大学の構内へ追い込んだ。催涙弾をうけたバナーはハルクに変貌し、ロスの部隊を相手に戦った。ベティはロスの部隊を壊滅させたハルクに近づいたが、そこへ戦闘ヘリコプターが迫っていた。ハルクはベティを庇ってヘリを撃墜すると、気絶したベティを抱えてスモーキー・マウンテンへ姿を消した。

ハーレムの戦い 編集

バナーは人間の姿に戻ると、ベティとともにニューヨークへ向かった。検問をかいくぐってマンハッタンへたどり着いたバナーはサミュエル・スターンズ博士に対面。スターンズはバナーを元に戻すため処置を行ったが、その後に判明したのは、スターンズがバナーのサンプルを使って実験を繰り返していたことだった。バナーがサンプルを破棄するようスターンズを説得していると、ブロンスキーたちが現れてバナーの身柄を拘束した。

バナーとベティはヘリに乗せられたが、マンハッタンに残った部隊から、街中にハルクが現れたという情報が入った。それはスターンズを脅してバナーの血液サンプルを身体に注入したブロンスキーが、怪物アボミネーションと化した姿だった。ロスと話したバナーは、アボミネーションを食い止めるためにハルクに変身しようと、ヘリから飛び降りた。

地面に墜落したバナーはハルクに変身すると、アボミネーションと戦いを繰り広げた。ハルクはアボミネーションを倒し、鎖で縛りあげると、どこかへ姿を消した。

そのおよそ1ヶ月後、バナーはブリティッシュ・コロンビア州のベラ・コーラにある山小屋に潜伏し、変身を制御するための訓練を続けていた。

ロキの襲来 編集

ロキが地球に現れたとき、バナーはインドのコルカタで、地元の人々のために医師として暮らしていた。S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリーの指示を受けたナターシャ・ロマノフは、四次元キューブを発する微量なガンマ線を追跡するため、協力を求めてバナーのもとを訪問してきた。

チタウリ来襲~ニューヨーク決戦 編集

ウルトロン蜂起 編集

暴走~ヨハネスブルクの戦い 編集

ソコヴィアの戦い 編集

オーストラリアにて編集

スタークとロジャースがヒーロー活動をめぐる考えの違いで対立し、多くのヒーローたちを巻き込んだ内戦「シビル・ウォー」が勃発した頃、バナーはオーストラリアで休暇中のソーと再会していた。シビル・ウォーに強い関心を抱き、居候先の主に代筆させたメールをスターク、ロジャースの双方に送りながら、連絡一つもらえないソーに対し、バナーはスタークから頻繁に協力要請を受けていたらしい。しかし、バナーは「いくら(金を)積まれても参加はしない」ときっぱり断っており、ヒーロー同士の潰し合いには興味がないことを表明している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki