FANDOM


H alternate 3 ネタバレが含まれています!!
この記事には、近日公開または公開中の
作品のネタバレが含まれています。ご注意ください。

アレックス・サマーズ(ハボック)は、チャールズ・エグゼビアエグゼビア・スクールを卒業したミュータントである。太陽エネルギーを吸収して、全方位へ広がる波長を、赤光のプラズマ・ボルト光線として胸部から放つ能力を秘めている。弟のスコット・サマーズ(サイクロップス)もミュータントである。

ヒストリー編集

X-MEN: ファースト・ジェネレーション 編集

1962年、アレックスは刑務所の独房に収容されていた。彼のプラズマ・ボルト光線は狙いを定めることができず、アレックス自身も1人でいることを望んだためである。しかし、世界支配を企てるミュータント、セバスチャン・ショウ率いるヘルファイア・クラブの悪行を防ぐため、チャールズとエリック・レーンシャ―がCIAの協力のもとで結成するミュータント・チームにアレックスをスカウトした。アレックスを連れていく2人に、刑務官は彼を他人と引き合わせないほうがいいと警告する。

だが、チャールズがスカウトした他のミュータントたちと滞在していたCIAの秘密研究施設ディヴィジョンXがショウたちに襲われ、同じくチャールズがスカウトしたエンジェル・サルバドーレをヘルファイア・クラブに引き入れた。その際アレックスはプラズマ・ボルト光線をショウに放つが、爆発を吸収したショウはアレックスの仲間ダーウィンに光線を放って殺してしまう。

その後、アレックスはチャールズの屋敷(Xマンション)に移り、ヘルファイア・クラブを倒すためのトレーニングを積む。ディヴィジョンXの研究者ハンク・マッコイ(ビースト)が、アレックスのエネルギーを効率的に吸収して発射可能にする制御装置を開発した。装置の使用テストの成功後、アレックスは正式にチームの一員になるのだった。

やがてアレックスはチャールズたちと共に、キューバ危機に乗じて第三次世界大戦を誘発しようと企むヘルファイア・クラブと最終決戦を繰り広げる。ビースト化したハンクと共に敵のミュータントのアザゼルと戦い、バンシーに協力して寝返ったエンジェル・サルバドーレとも対峙した。

X-MEN: アポカリプス 編集

1983年。眼からオプティック・ブラスト光線を発する、弟スコットの特殊能力が顕在化したことで、アレックスは弟をエグゼビア・スクールに連れていく。チャールズと面会したスコットはスクールに招き入れられ、ハンクが開発した特製のバイザーをかけることで光線を制御できるようになった。

その後、ジーン・グレイのテレパシー能力を通じて災厄を察知したチャールズはアレックスを伴い、CIAエージェントとしてカイロの遺跡発掘を調査していたモイラ・マクタガートと接触する。モイラからの情報をきっかけに、彼らはアポカリプスと呼ばれる1万年以上前に誕生した最古のミュータント、エン・サバ・ヌールの存在を知る。1973年にミュータントの存在が表面化して以来、現地のカルト的な集団がアポカリプスを崇拝、復活させようとしていたのだ。

同じころ、ミスティークに相談されたチャールズはセレブロを使用してエリックを探し出す。ところがエリックの側にいたアポカリプスがテレパシーを察知し、セレブロへハッキング。テレポートしてきたアポカリプスと黙示録の四騎士がチャールズを連行しようとすると、逆上したアレックスは彼らにプラズマ・ボルトを放つが攻撃は防がれ、逆にスクールの爆発を引き起こしてしまった。結局チャールズは連れ去られ、居合わせたミスティーク、モイラたちはちょうどスクールにやって来たクイックシルバーに救出されたが、アレックスは爆発に巻き込まれ命を落とした。だが、彼の死体は見つかっていない……。

性格編集

Personalityの部分を記入してください。

力と能力編集

Powers and Abilitiesの部分を記入してください。

編集

Powersの部分を記入してください。

能力編集

Abilitiesの部分を記入してください。

強さレベル編集

Strength Levelの部分を記入してください。

弱点編集

Weaknessの部分を記入してください。

装備物編集

Paraphernaliaの部分を記入してください。

装備編集

Equipmentの部分を記入してください。

移動手段編集

Transportationの部分を記入してください。

武器編集

Weaponsの部分を記入してください。

吹き出し編集

Speech Bubbleの部分を記入してください。

ノート編集

Notesの部分を記入してください。

スタン・リーによる創作秘話編集

Creation by Stan Leeの部分を記入してください。

トリビア編集

  • 原作コミックのアレックスは、映画とは逆にスコットの弟という設定。日本では90年代に小学館プロダクションから発売された「X-MEN」シリーズ(絶版)のほか、ヴィレッジブックスから発売された「X-MEN:デイズ・オブ・フューチャーパスト」や「アンキャニー・アベンジャーズ」などで原作の活躍を楽しむことができる。「アンキャニー・アベンジャーズ」では、ミュータントを守るため、過激路線に走った兄スコットに対し、キャプテン・アメリカの後押しを受け、アベンジャーズとX-MENの混成チーム「アベンジャーズ・ユニティ・スクワッド」の中心人物として戦うアレックスの姿が描かれている。

参考リンクと出典編集

Links and Referencesの部分を記入してください。

More編集

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート編集

Footnotesの部分を記入してください。

出典編集

Referencesの部分を記入してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki