FANDOM




ドクター・ストレンジ(Doctor Strange、略称はDr.ストレンジ)は、アメリカ合衆国マーベル・コミックが刊行しているアメコミに登場する架空のスーパーヒーロー

概要 編集

本名は、スティーブン・ヴィンセント・ストレンジ (Stephen Vincent Strange)。

かつて天才的な脳外科医として全米に名声を轟かせていたストレンジは、自動車事故で両腕に大怪我を負ってしまい、精密な腕の動きが出来なくなってしまう。脳外科医の道を閉ざされ、プライドの高さ故に勤務医になることも受け入れられなかったストレンジは、失業し貧困に苦しめられていた。そんな時、どんな傷をも治せる魔術師がチベットに居ることを聞きつけた彼は、藁にもすがる思いでチベットに赴く。

チベットの魔術師エンシェント・ワンは、紛れも無く本物の魔法・魔術を扱う魔術師であった。ストレンジの中に何かを感じ取ったエンシャント・ワンは、治療の代償としてストレンジに弟子入りを持ちかける。最初はそれを断ったストレンジだったが、ブリザードによる足止めの最中、エンシャント・ワンの弟子・モルド男爵が、師に向けてスケルトンを召喚し嗾ける様子を目撃する。

すぐにエンシャント・ワンにその事を知らせようとしたストレンジだったが、モルドの魔法で身動きできなくされてしまう。ところが、エンシャント・ワンはスケルトンの攻撃をあっさり退けてみせた。エンシャント・ワンの力に驚き、同時にモルドの悪意ある魔術に落胆するストレンジ。しかし、「自らの師を襲う」というモルドの行動に疑問を抱いたストレンジは、その理由の中にこそ彼を止める方法があると考え、エンシャント・ワンの弟子として魔術を学ぶ事を決意する。

7年間の修行の末に魔術を会得したストレンジは、魔術を正しき事に使う為「Dr.ストレンジ」を名乗ってヒーロー活動を開始する。

その後、エンシャント・ワンが魔神シュマゴラスと刺し違えて死亡した為、現在ではマーベル最高の魔術師(ソーサラー・スープリーム)となっている。

マーベルユニバースでは、突然変異、あるいは薬物や放射線など影響によって発現した超能力や、超科学を駆使して戦うヒーロー達が多い中、魔術というオカルトな力を使って戦う珍しいヒーローである。自らの努力で長い修行の末に力を手に入れただけあって、人生経験が豊富であり、またよく出来た人格者として、多くのヒーロー達の相談相手となっており、彼らが様々な困難に直面した際には彼らを導く存在として頼りにされている。

能力 編集

知性
豊富な人生経験と、修行で培った普通では知りえないような専門的な知識を持っている。これにより、常に沈着冷静に事を運んで戦略に生かすことが出来、チームのリーダーとしての高い資質を備えている。
格闘能力
魔法を使わずとも、普通の人間では最高レベルと言えるほどの格闘能力を有している。これは修行の過程のひとつとして、魔法が使えなくなった時の戦う術としてエンシャント・ワンが教えたもの。
不老
魔法の修行のおかげで、ストレンジは年をとらなくなっている。しかし、不老であっても不死ではない。マーベルユニバースの在り得たかも知れない未来を描くシリーズ『アースX』では、意識不明の昏睡状態のまま生き続けていた。
テレパシー
魔法を使わずとも、思念を飛ばして離れた人間と会話することが出来る。
可視光線以外の光線を視認することが出来、また透視能力によって隠された罠等を見破ることも出来る。
占星術
星の動きを感知する力に長けており、近い未来を予知することが出来る。
魔術
ストレンジの最大の力。魔力によって様々な超常的現象を起こすことが出来る。
具体例
  • 魔法によるバリア
  • 空間跳躍による瞬間移動
  • 飛行能力
  • 催眠術
  • 念動力
  • その他、自然現象の操作等の多数の力。
黒魔術
通常の魔法では起こせない程の超常現象を扱う事ができる強力な魔術。しかし、使用には強い副作用が生じ、また現世への悪影響も大きい為に、ストレンジは滅多に使おうとはしない。ストレンジ自身もこれを嫌っている節がある。

他のバージョン 編集

プロトタイプ 編集

スタン・リーの『テイルズ・オブ・サスペンス』で、ロバート・バーンスタインとジャック・カービーは「カール・ストレンジ」という犯罪者の科学者を紹介した。落雷の影響によってそのキャラクターは、高い知能を獲得し、世界征服を試みたが、アイアンマンによって倒された。そのストーリーはドクター・ストレンジがデビューする2カ月前に描かれた[1]

1602 編集

リミテッド・シリーズの『マーベル1602』で、「スティーブン・ストレンジ卿」は専属医師兼魔術師としてエリザベス1世に仕えた[2]

マーベル2099 編集

スパイダーマン2099』では身体を悪霊と共有する女性のストレンジとして登場した[3]

交友関係 編集

エンシェント・ワン(Ancient One)
Dr.ストレンジの魔術の師匠。500歳以上の年齢で、長期にわたり地上を悪魔等の侵略から守ってきた偉大な魔道師。シュマゴラスが地球に侵入しようとした際に、シュマゴラスを道連れに死亡した。死の間際、Dr.ストレンジに「エンシェント・ワン」の称号とその力の一部を譲り渡した。その後、何度か霊的存在として姿を現している。
クレア(Clea)
ストレンジにとって、カオスディメンションにおける唯一の盟友である女性。同時に弟子であり恋人でもある。強敵ウマールの娘でドーマムゥの姪にあたり、元々は敵だった。その後、母に対して反旗を翻し、ストレンジに協力するようになった。後のカオスディメンションの女王として迎えられている。ディフェンダーズにも参加していたこともある。
ディフェンダーズ(Defenders)
Dr.ストレンジが中心となって、超自然の驚異からこの次元を守る為に結成したヒーローチーム。初期メンバーは、ハルクシルバーサーファーネイモアX-メンアイスマンやエンジェルもかつて所属していた。
ファンタスティック・フォー(Fantastic Four)
マーベル最古のヒーローチーム。超科学を駆使するリーダーのMr.ファンタスティックは、Dr.ストレンジとは対極の力を駆使するヒーローであるが、互いを認め合う良き友人である。
アヴェンジャーズ(Avengers)
キャプテン・アメリカらが中心となって活躍する、マーベルで最も尊敬を集めるヒーローチーム。ストレンジはメンバーらに多岐に渡る助言をしており、ディフェンダーズとの共闘も多い。
X-メン
ミュータントによるヒーローチーム。ストレンジとは様々な場面で協力し合っており、助言を求められることも多い。メンバーのひとりであるサイロックを治療した際に、魔力の影響で彼女が瞬間移動能力を得た。
イルミナティ(Illuminati)
クリー=スクラル戦争(Kree-Skrull War)を契機として結成された影のコミュニティ。マーベルユニバースの大きな勢力を持つヒーロー達の長によって構成されており、大きな事変が起こった際に秘密裏に連絡を取り合い、それを正しい方向に導くべく活動している秘密結社的存在である。伝説的なクロスオーバー『インフィニティ・ガントレット』事件後に、絶大な力を秘めた6個の宝石「インフィニティ・ジェム」をそれぞれのメンバーが封印する役割を担った。
メンバーは以下の通り
  • ディフェンダーズのリーダー、Dr.ストレンジ
  • X-メンの創始者、プロフェッサーX
  • アベンジャーズのビッグ3、アイアンマンことトニー・スターク
  • ファンタスティック・フォーのリーダー、Mr.ファンタスティックことリード・リチャーズ
  • 月の超人類インヒューマンズのリーダー、ブラックボルト
  • 海底王国アトランティスの王子、ネイモア・ザ・サブマリナー
デッドプール/ウェイド・ウィルソン(アース616)
X-MENと関わりの深いミュータント。
多方面に首を突っ込むデッドプールは、魔法の世界とその重要人物であるストレンジとも接点がある。

ヴィラン 編集

モルド男爵(Baron Mordo)
本名:カール・アマデウス・モルド(Karl Amadeus Mordo)
ストレンジの兄弟子である、トランシルヴァニア人の貴族出身の男。最初からドーマムゥの手下であり、エンシャント・ワンに弟子入りした後も師の命を狙っていた。しかし、エンシャント・ワンはその事を全て知った上でモルドを弟子におき、彼を改心させようとしていた。Dr.ストレンジがヒーロー活動を開始した後には、敵として何度も戦うことになった。ストレンジと同門であるが故に同じ魔法を扱うことが出来、催眠術と占星術に特に優れている。また、ストレンジが滅多に使おうとはしなかった黒魔術や悪魔召喚等を積極的に使っていた。黒魔術の副作用と末期癌に侵されて死去。死の間際、自らの人生を思い返して悔い改め、悪の道から離れた。
ドーマムゥ(Dormammu)
燃え盛る頭を持つ異次元のロボット。元々は、ファルティナと呼ばれるエネルギー集合体の一つだったが、実体を得てドーマムゥになった。他のファルティナ達からカオスディメンションを追放されていたが、力を溜めて現実界への侵攻を繰り返すようになった。元々がエネルギー体である為、自らの質量を自由に変化させることが出来、魔術に似た能力で爆発を引き起こしたり、時間移動することが可能。高い戦略的知識を持っている、Dr.ストレンジにとって最も古い強敵の一人。
ウマール(Umar)
ドーマムゥの妹でクレアの母。ドーマムゥと同質の存在である。
シュマゴラス(Shuma-Gorath)
異界カオスディメンションの混沌の神。見た者が恐ろしいと感じる姿をとる。
ナイトメア(Nightmare)
死の女神 デス(Death)
死を司るコズミック・ビーイング。

出版物 編集

シリーズ・ミニシリーズ 編集

  • Strange Tales #110-111 & 114-168 (1963年7-8月 & 1963年11月-1968年5月)
  • Doctor Strange #169-183 (1968年6月-1969年11月)
Doctor Strange, also known as Doctor Strange: Master of the Mystic Arts #169-175; Dr. Strange #176-181; and Dr. Strange: Master of Black Magic #182-183
  • Marvel Premiere #3-14 (1973年7月-1974年3月)
  • Doctor Strange (vol. 2) #1-81 (1974年6月 - 1987年2月)
Dr. Strange: Master of the Mystic Arts #1; Doctor Strange: Master of the Mystic Arts #2-50; and Doctor Strange #51-81 (Note: #30, 34, 36-37, 40, 42-46, 48 missing subtitle)
  • Strange Tales #182-188 (1975年11月-1976年11月; reprints only)
  • Dr. Strange Annual #1 (1976)
  • Doctor Strange Classics #1-4 (1984年3月-6月; reprints only)
  • Strange Tales (vol. 2) #1-19 (1987年4月-1988年10月)
  • Doctor Strange (vol. 3) #1-90 (1988年11月-1996年6月)
  • Doctor Strange: Sorcerer Supreme #1-4 and Dr. Strange: Sorcerer Supreme #5-90 (Note: Following issue #4, subtitle appears only sporadically)
  • Dr. Strange: Sorcerer Supreme Annual #2-3 & Doctor Strange: Sorcerer Supreme Annual #4 (1992年-1994年)
  • Doctor Strange: Sorcerer Supreme Special (1992年)
  • Secret Defenders (1993年のシリーズ) #1-25 (1993年3月-1995年3月)
  • Doctor Strange: The Flight of Bones #1 - 4 (1999年2月-5月)
  • Witches #1-4 (2004年8月-11月)
  • Strange #1-6 (2004年11月-2005年6月)
  • X-Statix Presents Deadgirl #1-5 (2005年12月-2006年4月)
  • Doctor Strange: The Oath #1-5 (2006年10月-2007年5月)

読み切り・グラフィックノベル 編集

  • Giant-Size Dr. Strange #1 (1975年; reprints only)
  • Doctor Strange Special Edition #1 または Dr. Strange/Silver Dagger Special Edition #1 (1983年3月)
  • Marvel Graphic Novel #23: Doctor Strange: Into Shamballa (1986年、グラフィックノベル)
  • Doctor Strange and Doctor Doom: Triumph and Torment (1989年、グラフィックノベル)
  • Doctor Strange & Ghost Rider Special #1 (1991年4月; reprints only)
  • Spider-Man / Dr. Strange: The Way To Dusty Death (no number; 1992年)
  • Dr. Strange vs. Dracula #1 (1994年3月; reprints only)
  • Dr. Strange: What is It that Disturbs You, Stephen? (no number; 1997年10月)
  • Custom: Lions Gate Dr. Strange #0 (prologue to the animated feature as well as four-page story by the "The Oath" team; came with the animated "Iron Man" DVD; Jan. 2007)

コレクテッドエディション 編集

ソフトカバー
  • Doctor Strange (Vol. 1) (1963-1968) Strange Tales #110-111, 114-168 (2002). ISBN 0-7851-2316-4
  • Doctor Strange (Vol. 2) (1968-1974) Doctor Strange #169-178, 180-183, Avengers (vol. 1) #61, Sub-Mariner #22, Hulk (vol. 1) #126, Marvel Feature #1, Marvel Premiere #3-10, 12-14. (2005) ISBN 0-7851-1668-0
  • Doctor Strange (Vol. 3) (1974-1978) Doctor Strange #1-29, Annual #1, The Tomb of Dracula #44-45. (2007) ISBN 978-0785127338
  • Doctor Strange (Vol. 4) (1978-1981) Doctor Strange #30-56, Chamber of Chills #4, Man-Thing #4 (2009). ISBN 978-0785130628
ハードカバー

脚注 編集

  1. Tales of Suspense #41 (May 1963)
  2. Marvel 1602 #1 - 8 (Nov. 2003 - June 2004)
  3. Spider-Man 2099 #33 (July 1995)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki