FANDOM


The-evolution-of-captain-americas-uniform-uso-2.jpg この記事はあなたの編集を待っています!!
編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!
(ページ下部のEnglishから英語版のページに行けます。)
書きかけの記事については書きかけのページについて


デッドプール(Deadpool)はマーベル・コミックに登場する架空の人物。本名はウェイド・ウィルソン(Wade Winston Wilson)。脚本のファビアン・ニシーザとアーティストロブ・ライフェルドによって生み出された。初登場は1991年2月刊行のニューミュータンツ#98。X-FORCEに再登場して以降アベンジャーズやデアデビルなどにゲストとして登場している。

ヒストリー編集

生い立ち編集

Wade Wilson (Earth-616) as a child from Deadpool Vol 2 60.jpg

ウェイドが子供の頃、彼の父はウェイドとその母を捨てた。

母は捨てられたショックから目をそらすために、アルコール、テレビショッピングに夢中になった。

ウェイドはそんな家から逃げるために、軍に入隊できる年齢に達してすぐにアメリカ軍に入隊した。

しかし、入隊後両親が一緒にカナダで暮らしてることが明らかになったが、ウェイドはそれを認めなかった。それ以降のウェイドの軍での活動はほとんど知られていないが、ある時モロッコのタンジールで活動し、そこでフランシーという女性と知り合った。しかし、彼女との関係が悪くなり、ウェイドはアジア中を旅した。そして、日本に来た時に日本の犯罪組織の親玉『BOSS』に対抗するため、OYAKATAが所持する相撲部屋に雇われ、OYAKATAの下で三年間力士として個人指導を受けた。そして最後に、BOSSがOYAKATAの暗殺を命じた時、ウィルソンは初めて命令を拒否し、アメリカへ移動した。

アメリカでウェイドは十代の売春婦のミュータント『ヴァネッサカーライル』に出会い、恋に落ち、より楽しい人生を過ごした。

ウェイドはその後、中東の利益のためにアルーシア(別名盲目のアル)という盲目の英国政府のスパイを暗殺するために雇われる。

ウェイドが、中東のザイールにある拠点へ到着した時に、逃げたアルを除いた全員を皆殺しにした。

だが、ウェイドの雇い主はアルが目的だったため、この失敗の報復として彼女のヴァネッサが狙われたが、ゾーイカロデン、Landau, Luckman, Lake, and LeQuareによって助けられた。

Weapon X編集

Back in Canada, he was offered hope in the form of Department K, a special weapons development branch of the Canadian government. Wilson became a test subject in Department K’s branch of the joint U.S./Canadian superhuman enhancement project, the Weapon X Program; his cancer was temporarily arrested via the implantation of a healing factor derived from another Department K agent, the mutant adventurer Wolverine.

Mercenary編集

Following his escape, Deadpool served for a time as an enforcer alongside the surgically altered criminal Hammerhead. He soon returned to his freelance mercenary activities, donning a costume in keeping with his new identity. At some point during his mercenary career, he was employed as an assassin by Wilson Fisk, the Kingpin of crime. He also clashed with Wolverine, at that time a spy for the Canadian government. At some point during these years, Deadpool caught up with Blind Al and kept her a prisoner in his home. Al’s attempts to escape only resulted in death for those whose help she sought, leaving her no choice but to resign herself to captivity.

ラスト・デイ~世界最後の日~編集

アルティメイタムとの因縁にケリをつけたあと、ウェイドは傭兵デッドプールから引退することを決めた。
愛する人々を連れ、クルーザーで大海原に乗り出したウェイドは、人間ウェイド・ウィルソンとして再出発を切ろうとしていたのだ。しかし、ウェイドの人生は、そこで唐突な終わりを迎えることになる。
以前からマーベルユニバースを脅かしていた「インカージョン」が、ついに最終局面を迎えたのだ。ウェイドの属するアース616とアース1610が激突し、無数のマルチバースで構成されたマーベルユニバースは最期の時を迎える。それは、不死身の傭兵すらも逃れることのできない万物の死を意味していた。
あまりに唐突な出来事だったが、ウェイドは愛する人々に囲まれて最期の瞬間を静かに迎えた。エレノアと抱き合いながら、全てが光に包まれていく。ウェイド・ウィルソンの生涯は幸福の中で終わった。


性格編集

デッドプールはとても滑稽。しかし、これは彼の精神病が起因したように思える。 彼は考えることなく行動するのが速くて、非常に衝動的。 他の人を無視することは問題なしだが、後に、アクシス事件で性格が逆転した時には、言葉で虐待することは誰かにとって良くないと感じると思うほど、ウェイドは良心を回復した。

Powers and Abilities編集

Powers編集

ヒーリングファクター
デッドプールは、普通の人間よりはるかに早い速度で破壊された損傷を回復できる、ヒーリングファクターという能力を持っている。例えば、刺創、弾傷、ひどい火傷など、様々な損傷から回復できる。(ハルクがデッドプールの腰から上のすべてを失くした後、デッドプールがなくなった手足と気管を再生し、回復することができたので、同じ能力を持ったウルヴァリンよりはるかに強力なことがわかる)
また、この能力を使って体のどこでも再生することができ、たとえ首を切られても体を動かすことができる。
耐性
デッドプールの体は、ほとんどの薬や毒素に高度な耐性を持っている。例えば、彼がアルコールで酔うことはほぼない。しかし大量の投与となればその限りではなく、影響を受ける場合もある。
不死の呪い
サノスからかけられた呪い。この呪いがある限り、デッドプールが死ぬことはない。
この呪いは、死神デスとデッドプールの関係への嫉妬ゆえに生まれたもので、この呪いが続く限り、サノスは永遠に両者のイチャイチャラブラブな光景を見ないですむことになる。

交友関係編集

ケーブル/ネイサン・サマーズ(アース616)
X-MENサイクロップスの息子。ウェイドとは名コンビで知られている。
X-MEN
スパイダーマン/ピーター・パーカー(アース616)
ニューヨークを守る超有名ヒーロー。ケーブルと同じく、ウェイドと何度もチームアップしている。
キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース(アース616)
大先輩ヒーロー。実はウェイドと深い繋がりがある。
ブラインド・アル
シクラー
妖魔の女王。のちにウェイドと結婚して夫婦となる。
プレストン
シールドのエージェント。ダンナと子供を抱えて戦う肝っ玉母さん。
MARVEL NOW!のシリーズでは、ウェイドの相棒として、数々の事件を解決してきた。
エヴァン
アポカリプスの少年体クローン。ウェイドが何かと気にかけている。
マッドキャップ
デス
死の化身。そしてウェイドの恋人。

ヴィラン編集

サノス
インフィニティ・ガントレットで知られる怒れるタイタン人。デスをめぐって何度も衝突している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki