FANDOM


The-evolution-of-captain-americas-uniform-uso-2.jpg この記事はあなたの編集を待っています!!
編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!
(ページ下部のEnglishから英語版のページに行けます。)
書きかけの記事については書きかけのページについて


概要編集

デッドプールは2016年2月に米国でリリースされ、同年6月1日に日本で公開となった映画。

あらすじ編集

傭兵のウェイドウィルソンは、ニューヨークシティで十代の女の子をストーカーから守り過ごしていた。彼は地元のバーでヴァネッサカーライルに出会い、徐々に恋愛関係を築いていた。

ある夜、彼は突然倒れ、末期ガンと診断された。 それでも彼女は彼のそばにいたが、ウェイドは彼女を失うことを恐れていた。

あるバーでの夜、彼は秘密プログラムのリクルーターから、ガンに対する実験的な治療法の話を持ちかけられ、一回は断ったものの、生きるために、と考え直し、計画に参加した。そして、彼はフランシスフリーマンにより、特殊な血清を注射されると、突然変異を誘発させるために、何日もエンジェルダストらに苦痛を味合わせられ、気密室に入れられる。 気密室で、酸素の低下により、彼のガンを治療するヒーリングファクターを引き起こしたが、その影響で、彼の顔と皮膚の外観がひどく醜いものになってしまった。

その後、彼は逃げるためにラボを吹き飛ばして、フランシスを殺そうとする。 そのときフランシスは、ウェイドの顔の傷を治せるのは自分だけだと言った。 そして格闘戦が続き、地面に倒れたウェイドの腹に鉄の棒を刺し、フランシスはその場から去った。

だがウェイドは生きていた。 それからヴァネッサを探しだすが、ウェイドを彼女が受け入れることができないと思い、ウェイドは自ら彼女を遠ざけた。

その後、ウェイドは、初老で盲目の女性、アルの家に移り住む。そして、親友のウィーゼルからアドバイスを受け、マスクをかぶり、デッドプールと名乗るようになった。そして、復讐も兼ねて、自分の顔の傷を治す方法を知るためにフランシスを探し出す。

それから、フランシスの情報を手に入れ、デッドプールは、高速道路で、フランシスの乗っている車を攻撃した。そして、フランシスを捕まえ、自分の傷の治療のためにフランシスを必要とするが、その戦いはXmenのコロッサスとネガソニックによって一時中断。そのときに、コロッサスらは、デッドプールがチームに加わるように望んだ。だが、彼らが仲裁したおかげで、フランシスは逃げてしまい、コロッサスはデッドプールを連れていくために手錠をかけたが、デッドプールは自分の手を切り落とし、自分の家へ逃げた。

次の夜、ウィーゼルはデッドプールにヴァネッサの元に帰れと説得し、彼女の働いてるストリップクラブに着くと、彼女は誘拐されていた。 そして、フランシスとエンゼルダストは、スクラップ置場の廃船にされた航空母艦にいる、とウェイドに言う。

デッドプールは、コロッサスとネガソニックに協力してもらうために、コロッサスらを納得させ、三人はスクラップ置場までタクシーに乗っていく。 スクラップ置場に着いて、デッドプールはチンピラ軍団を相手し、コロッサスとネガソニックは、エンゼルダストとの厳しい交戦をする。 それから、ネガソニックのパワーで航空母艦を破壊する前に、デッドプールとフランシスは、一対一の殴り合いの戦いになる。

そして、最後にデッドプールが優勢になった時、フランシスは、ウェイドの顔の治療法はないことを明かし、コロッサスは、デッドプールがフランシスにこれ以上何もしないことが本当のヒーローだ、というが、デッドプールはフランシスの頭を撃ち抜く。そして、彼を殺して、復讐した。 デッドプールはマスクを外し、ヴァネッサに顔を見せた。 彼が一度ヴァネッサの元を去ったので、怒ってはいるけれども、彼女は彼を受け入れ、そして、キスをして仲直りした。

キャスト編集

役名 俳優
ウェイドウィルソン/デッドプール ライアン・レイノルズ
ヴァネッサカーライル モリーナ・バッカリン
フランシスフリーマン/ エイジャックス エド・スクライン
ジャックハマー/ウィーゼル T・Jミラー
エンジェルダスト ジーナ・カラーノ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki