FANDOM


スパイダーマン:ホームカミング』(原題:Spider-man: Homecoming)は、マーベル・スタジオ制作、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント配給による実写映画作品である。日本では2017年8月11日に公開予定。

スパイダーマンの映画化作品としては、前作アメイジング・スパイダーマン (映画)の続編ではなく、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に組み込まれた新しいスパイダーマン実写版シリーズとなる。本作はMCU16番目の映画作品であり、スパイダーマンは今後も同ユニバースでの活躍が見込まれている。

ストーリー編集

本作はシビル・ウォー/キャプテン・アメリカで展開されたヒーロー達の衝突が終わった後に展開される物語となる。

シビル・ウォーにおいて活躍したスパイダーマンことピーター・パーカーが、アべンジャーズの一員ではないがヒーローとして成長する物語とされている。サブタイトルの"ホームカミング"からも分かるように、本作のピーターはまだ若い高校生としての要素が強く描かれている。

キャスト編集

役名 役者 日本語吹替
ピーター・パーカー トム・ホランド
エイドリアン・トゥームス マイケル・キートン
ミシェル ゼンデイヤ
ネッド・リーズ ジェイコブ・バタロン
リズ・アラン ローラ・ハリアー
フラッシュ・トンプソン トニー・レヴォロリ
ハーマン・シュルツ ボキーム・ウッドバイン
メイ・パーカー マリサ・トメイ
トニー・スターク ロバート・ダウニー・Jr
ハッピー・ホーガン ジョン・ファヴロー

プロダクション編集

追記お願いします。

マーベル・シネマティック・ユニバースとの関連性編集

若きスパイダーマンを導く師匠としてアイアンマンことトニー・スタークが登場するほか、ヒーローの存在が公然となった世界での学生生活が描かれる。

また、スパイダーマンは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも出演が決定している。

トリビア編集

  • 日本語吹替版は、本作のジャパンアンバサダーとして就任した関ジャニ∞が主題歌アーティストを務める。[1]
  • サブタイトルの"ホームカミング"とは(主に)高校や大学の卒業生が母校を訪れ、在校生が歓迎する行事。大体はパーティー形式で行われ、ダンスなどが行われる。その他、単に"帰郷""帰省"という意味ももつ。

ギャラリー編集

動画編集

映画『スパイダーマン:ホームカミング』 予告01:43

映画『スパイダーマン:ホームカミング』 予告

映画『スパイダーマン:ホームカミング』最新予告解禁!02:30

映画『スパイダーマン:ホームカミング』最新予告解禁!

外部リンク編集

出典編集

  1. http://natalie.mu/music/news/225087

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki