FANDOM


スパイダーマン2』(Spider-Man 2)は、2004年アメリカ映画、ならびにそれをモチーフにした2006年発表のパチスロである。ここでは映画について詳述する(パチスロについては『スパイダーマン2(パチスロ)』を参照)。

概要 編集

2002年に公開された『スパイダーマン』の続編である。最先端のVFXが高く評価され、第77回アカデミー賞において最優秀視覚効果賞を受賞した。2007年には続編『スパイダーマン3』の公開に併せて、本作に約8分間の未公開映像を追加したディレクターズ・カット版『スパイダーマン2.1』がDVD『スパイダーマン2プラス1 エクステンデッド・エディション』として発売された。

ストーリー 編集

グリーン・ゴブリンとの死闘から2年。

ピーターはスパイダーマンとして日夜悪と闘いながら大学にも通っていた。しかしヒーロー稼業の忙しさゆえに大学(コロンビア大学で物理学専攻)は落第寸前。せっかく見つけたピザ屋のバイトもクビになってしまった。そんな中ピーターは、メイおばさんが開いてくれた誕生パーティーでMJとハリーに久々の再会を果たす。しかしゴブリンの一件以来MJとの距離は広がり、ハリーともどこかぎこちなくなっていた。

ある日、ピーターはハリーの紹介で尊敬する科学者オットー・オクタビアスと出会う。ハリーは父ノーマン亡き後、オズコープ社の社運を賭けた核融合プロジェクトを仕切っており、その中心人物がオクタビアスだったのだ。オクタビアスはピーターを好意的に迎え入れ、科学に寄せる情熱を力説した。妻ロージーとも仲むつまじいオクタビアスは、ピーターにとってまさに理想の存在だった。

翌日。オクタビアスが観衆の前で核融合のデモンストレーションを行う日がやってきた。オクタビアスは脊髄に人工知能を搭載した金属製のアームを直結し、そのアームで人間の入り得ない状況下での実験を披露するという。実験は順調に進んでいったが、実験装置に過負荷がかかり、強力な磁場が発生した。会場は粉々に破壊され、観衆はパニックに。その場に居合わせたピーターがスパイダーマンとして活躍し、最悪の事態は免れたが、ロージーは命を落とし、オクタビアスも意識不明となり病院に運ばれるが、事故で制御チップを失ったアームの人工知能が覚醒し、医師たちを襲った。思考をアームに支配されたオクタビアスは「ドック・オク」と化し、実験装置の再建をもくろみ資金調達のため銀行を襲撃する。

一方、ヒーローとしての使命に迷いが生じていたピーターは、心理的要因によりスパイダー能力が消え始めていた。苦悩の末、ピーターは遂にスパイダーマンを引退することを決意する…。

キャスト 編集

キャッチコピー 編集

  • スパイダーマンにはもうならない…2度と
  • 彼は運命に苦悩する 
  • どんなにがんばっても愛する人を傷つけてしまう
  • 自分の人生に戻りたい
  • 正義だけが道なのか
  • 偽ることが愛なのか
  • 運命さえも敵なのか

スタッフ 編集

主題歌 編集

脚注 編集

外部リンク 編集

テンプレート:サム・ライミ監督作品ar:الرجل العنكبوت 2 (فيلم) bg:Спайдър-Мен 2 da:Spider-Man 2dv:ސްޕައިޑަރ މޭން 2 el:Spider-Man 2fa:مرد عنکبوتی ۲ fi:Spider-Man 2 – Hämähäkkimies 2hu:Pókember 2 is:Köngulóarmaðurinn 2lv:Zirnekļcilvēks 2 mn:Хүн-аалз 2 ms:Spider-Man 2 ne:स्पाइडरम्यान २ nl:Spider-Man 2 no:Spider-Man 2simple:Spider-Man 2 sk:Spider-Man 2 sq:Spider-Man 2 sr:Спајдермен 2 sv:Spider-Man 2 th:ไอ้แมงมุม 2 tr:Örümcek Adam 2 uk:Людина-павук 2

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki