Fandom

マーベル・コミック Wiki

スパイダーマン/ピーター・パーカー(アース199999)

430このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント1 シェアする


ヒストリー編集

PParker-FirstScene-CACW.jpg

ピーター・パーカー

トニー・スタークとの出会い 編集

叔母メイとふたりでクイーンズに住む高校生ピーター・パーカーは、超人的な俊敏さや怪力,クモのように壁に張り付く能力を持つ超人であり、スパイダーマンと名乗っている。流体状の糸を射出する手製の小型ウェブシューターとコスチュームを身に着けて街の犯罪と戦っていた。

スパイダーマンとしての活動を始めてから半年後、ピーターはアイアンマンこと実業家トニー・スタークの訪問を受ける。彼はインターネット上の映像などからスパイダーマンの存在とその正体を把握していたのだ。トニーからソコヴィア協定を巡るキャプテン・アメリカとの対立を告げられたピーターは、彼を追跡・逮捕するチームへの勧誘を受ける。

空港での戦い 編集

トニーの呼びかけに応え、キャプテン・アメリカの盾を奪いつつ彼の両腕を拘束しながら登場。ファルコンウィンター・ソルジャーを足止めのため翻弄し、二人を制圧・床に拘束した。その後も巨大化したアントマンを『スター・ウォーズ/エピソード5 帝国の逆襲』の戦法になぞらえて転倒させるなどの活躍を見せるが、若きピーターを深入りさせまいとしたトニーによって戦線から離脱するよう言われる。クイーンズの自宅に帰った彼は、トニーからの贈り物であるスパイダーシグナルを見て笑顔を浮かべるのだった。

性格編集

戦闘中に軽口をたたいたりなど基本的に能天気に振る舞っているが、状況によって機転の利いた対応を見せることもある。トニー・スタークことアイアンマンの求めに応じて戦いに参加したが、敵対しながらもファンであることを明かすほどキャプテン・アメリカをも尊敬している様子。

能力と弱点編集

能力編集

  • 超人的筋力:ピーターはクモのような力を有している。自身より重い車を持ち上げたり、時速40マイルで天井を飛び回ったり、倒壊したボーディングブリッジを軽々と支えたりすることが可能である。
  • 俊敏性:常人より遥かに優れた五感と筋肉の反応速度を持つ。
  • 指の収縮器官:壁やガラス等を蜘蛛のようによじ登れる。
  • スパイダーセンス:第六感。詳細に何が起こるかまでは分からないが、危険を予知することができる。

弱点編集

  • 五感が常人より遥かに優れているため、戦闘中はマスクやゴーグルがないと情報量が制御出来ない。
  • 屋根や突起、また屋外ではビルなどの高い建物がないと高度を保てない。

装備物編集

装備編集

  • スパイダーマンスーツ:トニーに出会う前まではタイツを改良した自作のスーツで活動していたが、空港での戦いで着たスーツはトニーによって全面的に改良が施されている。ピーターの意見や能力を参考に、より俊敏な動きや情報の処理が可能になった。ゴーグルの代わりとなるマスクの目元にはシャッターのような絞り機能がある。のちに改良され、ムササビのように滑空することができるウィング機能が搭載された。
  • ウェブシューター:自分で調合し開発した薬品を詰めたカートリッジを装填し、強靭かつ粘着質な糸(ウェブ)を発射する。鍛え上げられた軍人であるファルコンや、キャプテン・アメリカに匹敵する筋力をもつウィンター・ソルジャーですら一時的に拘束することが可能。また、糸を用いてスイングしながら移動することができる。空港での戦いで使用したものはトニーに改良を施されたものであり、それまでのものより発射がスピーディーになった。
  • スパイダーシグナル:トニー・スタークから贈られた新型のウェブシューターに取り付けられたもの。連絡や情報収集が可能。

トリビア編集

Triviaの部分を記入してください。

参考リンクと出典編集

Links and Referencesの部分を記入してください。

More編集

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート編集

Footnotesの部分を記入してください。

出典編集

Referencesの部分を記入してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia