FANDOM


経歴編集

生い立ち編集

ワンダ・マキシモフと双子の弟 ピエトロが10歳の時、故郷ソコヴィアが爆撃され、両親は死亡した。双子は救助されるまでの2日間、家のがれきに埋もれながら、目の前にあるいつ爆発するとも知れない不発弾を見ながら生き延びた。そこにはスターク・インダストリーズの名前が刻んであったため、2人はアイアンマン/トニー・スタークを憎んでいた。

ヒドラによる実験編集

ワンダとピエトロは、ヒドラ のメンバーであるバロン・ストラッカーに持ちかけられ、人体実験の被験者となった。双子は過酷な人体実験を生き延び、改造人間として生まれ変わった。

アベンジャーズがソコヴィアにあるヒドラの基地を攻撃した際、ワンダとピエトロはその防衛に加わった。研究所内を探索していたスタークはストラッカーが実験に使っていたロキの杖を発見。その時、ワンダは人の心を操るパワーを使い、スタークの仲間たちが彼の力不足により全滅してしまう幻影を見せる。そしてアベンジャーズを対立させるため、わざとスタークに杖を取らせた。

ウルトロンへの協力編集

ソコヴィア中心部の教会でワンダとピエトロはスタークの下から逃亡したウルトロンと出会う。二人は彼とアベンジャーズ打倒について話し合い、両親が死んだのはスタークの兵器のせいだとして、ウルトロンに協力することを決めた。

その後、ワンダとピエトロは彼とともに武器商人のユリシーズ・クロウが武器密売所にしている廃船を訪れ、最強の金属ヴィヴラニウムを入手するが、そこをアベンジャーズが急襲。迎え撃ったワンダは、ソー、ロマノフ、ロジャース、そしてバナーに幻影を見せるが、バートンに反撃され退却する。

ヴィブラニウムを手に入れたウルトロンはワンダとピエトロを伴ってソウルのユージン遺伝研究所へ。ロキの杖の力でヘレン・チョ博士を操り、ヴィヴラニウムを取り込んだ生体ボディを作らせるが、生体の記憶を読めるワンダは、ウルトロンが平和維持のために人類を消滅させようとしていることを知ってしまう。二人はウルトロンに反抗し、チョ博士をマインド・コントロールから解放する。やがて、アベンジャーズがソウルへ到着。ワンダとピエトロはアベンジャーズがウルトロンと戦うのを助ける。

アベンジャーズ参加編集

ワンダはピエトロ、キャプテン・アメリカ/ロジャースと共にアベンジャーズ・タワーを訪れる。そこではスタークとバナーが、ウルトロンがチョ博士に作らせた新しい体にスタークをサポートしてきた人工知能J.A.R.V.I.S.をアップロードしようとしていた。また危険な結果になることを恐れたロジャースはこれに反対し、ピエトロも作業を妨害するが、未来を見たソーの協力により起動は成功、ヴィジョン が誕生する。

二人はアベンジャーズに協力し、ソコヴィアでロボット兵士を量産し兵力を蓄えているウルトロンと戦うことを選択。市民の安全を最優先するアベンジャーズの計画を助けるために、ワンダは心を操るパワーを使い、人々を迅速に避難させる。

アベンジャーズに追い詰められたウルトロンは装置を作動させ、ソコヴィアの街を宙に浮かせる。彼は浮き上がった街を落下させ、隕石のように地球に衝突させようとしていたのだ。ワンダはこの事態に直面し、対峙している敵の強大さとそれを助けてしまった責任を感じ、一時的なパニックに襲われる。しかしバートンに諭されたことで、アベンジャーズとして戦う決意を新たにする。

ワンダはニック・フューリーS.H.I.E.L.D.ヘリキャリアに乗って現れるまでアベンジャーズと共に戦った。メンバーが市民の避難を助けている間、ワンダは街の落下を防ぐため浮上装置を守った。だが、弟であるピエトロがホークアイとソコヴィアの少年をかばって命を落としたことを感じ取ったことで感情が爆発。復讐に燃えるワンダはバスの残骸の中に破壊されたウルトロンを見つけると、テレキネシスでロボットの“心臓”を彼の体から引き剥がした。その後まもなくソコヴィアの街は落下しはじめ粉々になっていったが、飛来したヴィジョンが彼女の命を救った。

戦いの後、ワンダはブラック・ウィドウ、ヴィジョン、ファルコン、ウォーマシンらと共に新たなアベンジャーズの一員として迎え入れられた。

シビル・ウォー 編集

キャラクターの特徴編集

ワンダとピエトロは東ヨーロッパのアクセントを持つ。

力と能力編集

編集

  • テレキネシス:ワンダには念じるだけで物体を動かし、浮揚させ、操作する力がある。ヒドラの研究所にいた時に、手を触れずにブロックを破壊し、その力を示した。彼女は、分子と粒子に影響を与え、コントロールすることもできる。
  • エネルギー爆発:ワンダには手から独特の赤みがかったエネルギーを発生させる力があり、それを利用してエネルギー爆発を引き起こすことができる。このエネルギーはあらゆる形態に変容する。。
  • エネルギー・シールド:エネルギーによるシールドやバリアを作り、自身や仲間を守ったり攻撃をそらしたりすることができる。
  • テレパシー:ワンダは他の、例えばトニー・スタークのように意志を持つ存在の心を読む力がある。しかし、ロボットであるウルトロンの心を読むことはできなかった。彼女は、心を通して意思疎通をすることもできる。
  • 心理操作:ワンダは他人に最大の恐怖を見せることができる。同時に彼女は他者の心を探ることができる。彼女はこの力を使ってアベンジャーズの辛い記憶を思い起こさせ、その思考を麻痺させた。この力が使用されるとき、ワンダの赤みがかったエネルギーは霧のようになる。そして、ニューロンの形で犠牲者の脳内に漂う。その影響は犠牲者の虹彩の色を歪め、赤みがかった光を放つ。これにより彼女は他人の行動をコントロールすることができる。ソコヴィアの多数の市民の避難を促す際にしたように、彼女の能力は非常に強く、チョー博士を解放した時のように、作品世界において最も強大な力のひとつであるマインド・ストーンの効力を跳ね返すほどである。

人間関係編集

登場作品/女優編集

作品背景編集

  • 映画中の登場人物はアルティメット・マーベル版に基づいている。

トリビア編集

関連リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki