FANDOM



ヒストリー編集

"バトリン”ジャック・マードックは一人息子のマット・マードックを男手一つで育てるヘルズキッチンのボクサーである。安定した収入を得るために賄賂による負け試合をし続けてきた。

ジャックは息子に自分のようにならないように勉学に励むことを勧める。マットが9歳の時にマットは老人を助ける代わりにトラックの事故に巻き込まれる。トラックからこぼれた放射性化学物質に目が侵され失明してしまう。

ジャックはロスコーの手引きで”クラッシャー”クリールとの試合をすることになる。これも事前に口裏合わせした負け試合であった。第五ラウンドで負ける手はずだった。だが、試合前にマットに勝ってほしいと言われ、息子の誇りでありたいと考え直したジャックは試合に勝つことを決心する。

ジャックは掛け屋に勝利した時の賞金は全部マットの口座に振り込むように連絡した。ジャックは第一ラウンドでクリールをノックアウトする。彼が試合から帰宅した時、待ち受けていたスウィーニーの部下に暴力を受け、撃たれて亡くなった。マットはその様子を隣の部屋で聞いていた。

性格編集

ジャックは父親らしい父親だった。彼は、息子が立派になれるように常に願っていた。息子の誇りになれるなら自分の命も賭す人である。

トリビア編集

  • コミックでは、ジャックはハロルド・ホーガンと戦っている。

参考リンクと出典編集

More編集

フットノート編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki