FANDOM


H alternate 3.png ネタバレが含まれています!!
この記事には、近日公開または公開中の
作品のネタバレが含まれています。ご注意ください。

ジュビレーション・リー(ジュビリー)は「X-MEN」シリーズに登場する、ミュータントである。

ヒストリー編集

X-MEN:アポカリプス編集

1983年。ジュビリーは、ミュータントの子供たちが学ぶ恵まれし子らの学園(エグゼビア・スクール)で学ぶ学園の設立者チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の教え子である。変幻自在のミュータントミスティーク(レイブン)に連れられて東ベルリンからやって来た青い肌のミュータント、カート・ワグナー(ナイトクローラー)にスクール内を案内した彼女は、友達のジーン・グレイ(フェニックス)、カートと同じくスクールへやって来たばかりのスコット・サマーズ(サイクロップス)をカートに紹介する。4人はスクールを抜け出し、車でショッピング・モールに出かけて行く。ジュビリーのお気に入りの場所であるモールは、東欧の過酷な環境で育ったカートには全てが目新しく映り、彼は心からの笑顔をにじませた。その後映画館で「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」を4人で鑑賞し、映画について語り合った。

4人がスクールに戻ると、復活した史上最古のミュータントのアポカリプス(エン・サバ・ヌール)に破壊されたスクールから、たまたま訪れていたクイックシルバーが音速を超える速度で爆発からミスティークやスクールの子供たちを次々と救出している最中だった。ジュビリーは助け出されたミスティークたちのもとへ駆け寄るが、混乱に乗じてミュータントの確保にやって来たウィリアム・ストライカーによってみんなが気絶させられ、ミスティークとハンク・マッコイ、クイックシルバーらがヘリで連行されてしまう。この後、難を逃れたジーン、スコット、カートがヘリに潜入し、目が覚めたジュビリーは、仲間たちを連れ去るストライカーのヘリが遠くへ飛んでいくのを見守るしかなかった。

やがてミスティークたちは救出され、X-MENがアポカリプスを打ち倒した後、ジュビリーはカートの隣に立ち、チャールズと対立していたエリック(マグニートー)が金属を操る能力でスクールを再建する光景を見守っていた。

生い立ち編集

Early Yearsの部分を記入してください。

性格編集

Personalityの部分を記入してください。

力と能力編集

電気と火花を発して火球を放つ特殊能力を有する。

編集

Powersの部分を記入してください。

能力編集

Abilitiesの部分を記入してください。

強さレベル編集

Strength Levelの部分を記入してください。

弱点編集

Weaknessの部分を記入してください。

装備物編集

Paraphernaliaの部分を記入してください。

装備編集

Equipmentの部分を記入してください。

移動手段編集

Transportationの部分を記入してください。

武器編集

Weaponsの部分を記入してください。

吹き出し編集

Speech Bubbleの部分を記入してください。

ノート編集

Notesの部分を記入してください。

スタン・リーによる創作秘話編集

Creation by Stan Leeの部分を記入してください。

トリビア編集

Triviaの部分を記入してください。

参考リンクと出典編集

Links and Referencesの部分を記入してください。

More編集

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート編集

Footnotesの部分を記入してください。

出典編集

Referencesの部分を記入してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki