FANDOM



ヒストリー編集

弁護士として活躍するジェリー・ホガースは、ウェンディ=ロス・ホガースと結婚していた。ホガースはジェシカ・ジョーンズの才能を見込んで事務所に引き入れようと誘うが、ジェシカはこれを拒否し、フリーで活動する。ホーガスはジェシカにポールダンサーの事故の調査を頼んだ。ホーガスは、ジェシカの手荒い方法に不賛成であり、たびたび叱責している。ジェシカが香港に飛ぼうとした時に報酬の前借りをホーガスに申し入れたがこれを拒否している。

その後、ホーガスは秘書のパンと関係を持つようになる。

ホーガスは最初、キルグレイヴの存在を信じていなかった。キルグレイヴの洗脳で親を殺害したホープは有罪だと信じていたが、ジェシカに説得されることになる。

医者のデイヴィッド博士は、キルグレイヴに操られて彼の手術をしたことをホガースに報告する。ホガースはホープと話して彼女の心の内をやっと理解できた。ホガースは、ジェシカにキルグレイヴのことを話すように促すが、ジェシカは話したがらなかった。その代わりにジェシカが見つけ出したキルグレイヴの洗脳を受けた人たちを集めることに成功し、支援グループを設立し証拠を集める。

ホガースとパンがランチに出かけようをした時、先に元妻ウェンディが来ていた。ウェンディに同じレストランでプロポーズを受けたことを聞かされたパンは帰ってしまった。

ホガースはパンにプロポーズをするが、パンは、先に離婚を終わらせることを望んだ。ウェンディに改めて離婚の申し入れをするホガースだったが、ウェンディは彼女の資産の75%を請求する。

一方でホープがキルグレイヴの子供を身ごもっていることを知り、妊娠中絶を受けさせる。

ホーガスはジェシカの捕獲を手伝うが、キルグレイヴが逃走した際に彼に洗脳されてしまう。

性格編集

計算高い性格。レズビアンである。

トリビア編集

  • コミックでは男性キャラクターである。

参考リンクと出典編集

More編集

フットノート編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki