FANDOM



イベント概要 編集

多次元の一方でドクター・ドゥームはビヨンダーズに直面していた。彼らは誰が自身達の前に立つ勇気ある人物か問うと、ドゥームは自分だと答えた。

一方、アース1610で近づく最後のインカージョンのためにニック・フューリーは最終的な準備をし、シールドのヘリキャリアー艦隊を送りこんでいた。そして、アース1610バージョンのリード・リチャーズであるメイカーのそばにはカバルがいるのだった。艦隊はインカージョンポイントであるアース616のマンハッタンへと到着し攻撃を開始。多数のヒーロー達がその攻撃に対処していく。

バクスター・ビルディングではミスター・ファンタスティックことリード・リチャーズが、人類の少数を守るために用いられる「ライフボード」の用意が完了していた。アース1610からのアイアンマンはアイアンマン・シックスを配備し、アース616からはガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーにサイクロプスとセンチネルが援護にやってくる。ドックグリーンはコロッサスによって投げられアース1610のトリスケリオンを攻撃。シーハルク等パワーキャラもやってきてトリスケリオンを力技で倒壊させヒューリーとホークアイを殺害する。トリスケリオンが落ちメイカーはチルドレン・オブ・トゥモローを配備し、アース616へのさらなる攻撃を開始する。アベンジャーズタワーが破壊される様を見ていたヴィラン達だったがそこへパニッシャーが現れる。チルドレン・オブ・トゥモローによって「復興チーム」を輸送する船が破壊され、ミスター・ファンタスティックは「ライフボード」を活性化させることを強制された。サイクロプスはフェニックス・エッグによってフェニックス・フォースを得る。「ライフボード」が配備され選ばれたスパイダーマン、サイクロプス、ソー、キャプテン・マーベル、スターロードがマニフォールドによってテレポートされた。

出発したライフボードがインカージョンの中心に近かったために外殻貫通を受けて破損。スーを含むミスター・ファンタスティックの家族達が切り離されてしまう。スーは力を使って再接続を試みるも失敗し破壊された。ついに最後の2つの世界は衝突し破壊されるのだった。そして、ライフボードはどこか知らぬ世界へと到達するのだった。[1]

新たなソーの誕生としてムジョルニアを持ち上げる者を見つける式典から始まる。最初の人物はムジョルニアを持ち上げることに失敗するが、2人目の人物はムジョルニアを持ち上げることに成功。ソー達は新たなソーの誕生を祝福し、最年長のソーが彼が現在神、ドゥームの下で正義の執行者となったことを彼に説明する。若いソーは年長者のソーによって世界創造の物語をかたるよう頼まれる。ドゥームがどのように宇宙と地球を創り出したか、どのように地球に王国を創り出したかを述べる。年長者のソーは若いソーに彼らの義務を説明し、彼を最初の任務へと連れていく。

ミニスター・パワーズはユートポリス王国において自身によって見つけられた敷地に向かった。そこにはあのライフボードが墜落していたのだった。

2人のソーはバー・シニスターへと訪れ、王であるミスター・シニスターと接触する。ミスター・シニスターはゴッド・エンパイア・ドゥームによって運命づけられる法廷に連れていく予定になっていた。3人はシェリフ・ストレンジ(ドクター・ストレンジ)と様々な領域の王が参加する法廷へとテレポートする。ミスター・シニスターはブラドック家が王を務めるハイアーアバロンに反対して密かにユートポリスの王ハイぺリオンと不法同調していることが発覚した。シニスターは陰謀ゲームをしたいわけではなく、ユートポリスとの間に海が明らかな問題を起していると主張した。彼らがメッセンジャーとしてアイアン・パイレーツを用いたことを王であるジェームズ・ブラドック告発するが、シニスターはそれを嘘でたとえ事実であってもそれを証明することはできないと反撃する。さらに名誉棄損であると言われるがシニスターは純真なコメントだと釈明する。結局シニスターは有罪であると判決され金と領土で賠償するよう宣告されるが、シニスターは代わりにアリーナでの告発者との決闘を選ぶ。シニスターは決闘に応じるよう弟のブライアンをけしかけ、まんまと彼は乗せられてしまう。ブライアンは一撃でシニスターの首を落として勝利したように見えたが、シニスターは立ちあがり後ろから彼を攻撃して破る。シニスターが止めの一撃を加えようとするもドゥームによって制止される。ドゥームは質問するためにブライアンの命を助け、「異教徒と泥棒」であるサイレント・チェンバースと連絡を取るためのパイプがハイアーアバロンにあるという噂を彼に話す。さらに供述書にある捕らわれた人物が「ブラドック」の名を示していることも主張する。彼はこの隠れた砦の位置を要求するもブライアンはそのことについて知らず、ドゥームは役立たずとして彼の目、舌、四肢を取り除くよう命じる。王であるジェームズが介入し、捕らわれた人物が弟ではなく自分自身だと話す。王の裏切りに怒りをあらわにしたドゥームは領域すべてを取り除くよう命令するも、パートナーであるスーザン・ストームによって慈悲を与えるよう嘆願され、代わりにジェームズをシールドの中へと追放し弟のブライアンが王となることを許した。

裁判が終わりヴァレリアは非公式にストレンジと話せるよう頼んだ。彼女はミニスター・パワーズが地球が生み出される前に創造された物を発見したことを報告。ストレンジはその地域を隔離するよう実施した。2人のソーはシールドの内側へ行くジェームズに付き添い、基本的なアーマーと剣を与えられ中へとジャンプした。そして、すぐにその土地にアンデッド達が襲い来るのだった。キャッスル・ドゥームに戻ってきた2人のソーはユートポリスにおいて発見されたオブジェクトを隔離するよう、ストレンジに仕事を課せられる。

到着したソーは隔離するアイテムを用意するようモロイドに話すが、好奇心を持ったモロイドの1人が扉を開けるボタンを押してしまう。年長のソーはすぐに退避するよう命令するも複数の槍によって攻撃され、もう一人のソーにストレンジに報告するよう話すが止めを刺される。ライフボードから出てきたのはカバルとメイカーであった。1人のモロイドがプロキシマによって捕えられ、サノスによってどこにいるのか質問されるとモロイドは答えた。我々はこう呼んでいる「バトルワールド」と。[2]

シェリフ・ストレンジはゴッド・エンパイア・ドゥームにバトルワールドでのできごとの週報を述べる。ドゥームはストレンジの記録がつまらなく重要ではないというと、ストレンジはドゥームが全知全能ではなく王座に対する巨意から身を守るために必要なことだと反論する。2人はバトルワールドを作ることの思い出を振り返り、ドゥームは彼に信頼と好意があることを話す。彼ら散歩はドゥームガードからの緊急ニュースによって中断される。

ストレンジはライフボードを調べるためにユートポリスへ訪れ、ソー・コアにカバルを捜索するように命令する。ライフボードの中からマイルズ・モラレスが現れ、バトルワールド前の世界を覚えていることをストレンジに話しショックを受ける。

キャッスル・ドゥームにおいてスーザンはドゥームに話したいことがあると頼む。彼女は「マン・イン・ザ・サン」についての歌に言及し、ドゥームに対して反乱を導こうとしてバトルワールドの太陽に変えられたのが、彼女の弟のジョニー・ストームであるのをドゥームは認めた。ドゥームはバトルワールドの1つの面について不満があることを明らかにする。自分自身、身内に対して奮起させることに失敗したと話した。彼は自分自身にとても密接となっている人物の問題に巻き込まれる代わりに隠しておかなければならなかったと話す。彼はすべての力を持つ代わりに、損害を受けた顔を戻すことができないことを最後に嘆いた。スーは彼の身内に対するものすごい愛情を持つ神であることを示すために顔を見せなければならないと話す。

ストレンジはヒドゥンアガモットにマイルズ・モラレスと若いソーを連れてき、カバルのライフボードと似たもう一つのライフボードを見つけていたことを明らかにする。ストレンジはソーにそれを開けるように指示し、扉からアース616の生存者達が出てきた。マイルズとピーターはお互いを認め、ブラックパンサーとミスター・ファンタスティックことリード・リチャーズが出てきて、ストレンジにイルミナティの秘密のコードフレーズを求めた。ストレンジがそれを完了し、インカージョンの後に神によって造られたバトルワールドが破壊された様々な世界からの破片で8年前に作られたことを明かした。神が誰かと言う問いに対してストレンジはドクター・ドゥームであることを明かした。パンサーはライフボードがいつ発見されたかについて尋ねると3年前にすでに発見しており、バトルワールドの統治を妨げる危険がないよう静かにされていたことを明かす。

カバルはユートポリスで動物達を食べ、マキシマスが太陽がバトルワールドで違った方法で起動をまわっていることを話す。メイカーは彼らが殺したソーからより多くの情報を聞きださなければならなかったと話し、ネイモアもそれに同意していた。サノスは慈悲は必要なかった話し、ブラックスワンによって答えを見つけることができると思うかどうか尋ねると、サノスは答えを見つけると確信していると答える。そして、彼は「なぜなら私が見上げているからだ」と迫りくるソー・コアを見上げているのだった。[3]

カバルとソー・コアが戦闘に入る間、ストレンジは生存者達にバトルワールドの成り立ちについて話していた。彼とドゥームとモレキュールマンがビヨンダーズに直面した時、彼らを殺すことができドゥームは自分自身で彼らの力を持ち、その力をバトルワールドをマルチバースのかけらから作り上げるために用いた。ソーのハンマーが輝きはじめ、戦いのために連絡を取っていることを意味する。

ドゥームにカバルとの対立に関して知らされてすぐ、生き残ったヒーロー達はその戦いに介入しソー・コアのために戦いの流れを変えた。それまで戦いに介入する気がなかったドゥームは現場に現れたリード・リチャーズを発見し、ソー・コアと交換する形でドゥームはユートポリスへテレポートする。新顔達に対してドゥームは支配権を認めるよう要求するが、彼は拒絶。ドゥームは神の力を示すが、サイクロプスがフェニックス・フォースで反撃するも一瞬で殺害される。スティーブンはドゥームに侵入者に偏見を抱かせないために、魔力を使って彼らをバトルワールドの遠方に散らした。ドゥームは戻すよう命令するも、言うことを聞かないストレンジに立ちはだかる。ドゥームはストレンジがリードを恐れているがためにやってきたと言われたことに怒り、彼を殺害するのだった。[4]

次の日、ドゥームは自分自身が原因であることを隠して、ドゥームステイトでスティーブン・ストレンジの葬式が行われた。日が落ち、ヴァレリアはドゥームからファウンデーションを使って世界中に散らばった侵入者を捜し出すよう仕事を課せられる。ヴァレリアが去った後、ドゥームは彼の庭でモレキュールマンの像の下にある入口を開いてモレキュールマンに会った。ドゥームはモレキュールマンにストレンジの死を知らせ、ビヨンダーズに直面した日の記憶を話した。世界中のモレキュールマンを殺すことでビヨンダーズの計画を妨害したドゥームの使命の間、複数のモレキュールマンを捕えたこと。ビヨンダーズと直面しモレキュールマンが彼らの力を盗んでドゥームに与えるパイプとなり、モレキュールマンを用いてビヨンダーズを殺害したことを話した。モレキュールマンはストレンジを殺したことでドゥームがどんな人物でも殺すことができるようになり、崩壊し始めたことを彼に話した。

ドゥームステイトではファンデーションが侵入者を発見しようと試みる。ソーはソー・コアにまぎれ、ブラックパンサーとネイモアはエジプティアにおり、キャプテン・マーベルはバーシニスターで捕らわれ、ブラックスワンはドゥームステイト近くにおり、サノスはシールドの向こう側にテレポートされていたのだった。[5]

3週間後、2隻のライフボードで生き残った人物達はシェリフ・ストレンジの殺人容疑で指名手配されていた。2人の人物がドゥメイン・オブ・アポカリプスに領域でこん睡状態の間にゴッド・エンパイア・ドゥームの下に持ってこられた。ヴァレリアは2人をカービスとプロキシーだと確認したとドゥームに報告するが遮られ、彼につかえているブラック・スワンはレポートを訂正してグレイブとプロキシマであり、サノスの部下の夫婦だと話した。ヴァレリアはファウンデーションに戻り、何が彼女に隠されているのか、ゴッド・エンパイア・ドゥームの力がどこからきているかを知りたがっていた。もう一つの問題として無人偵察機がバトルワールド中に無数に現れてより多くを見つけていく。ヴァレリアはそれが誰によって造られているのか疑問に思う。

プロジェクト42で2人のリード・リチャーズは神を暗殺する最高の方法を討論していた。その神が今死んだならばこの宇宙の考えはどうなるのか、「彼らは神を殺すことができるのか」のために「彼らは神を殺さなければならないのか」。メイカーはこの議論を拒否し、「預言者」を名乗る人物によってドゥームに反乱して進攻する場面を見る。メイカーはミスター・ファンタスティックに自身がより若い別次元の自身のバージョンであるこを明かし、彼がなぜそこまで疲れ果てた老人に変えたか疑問を投げかけるのだった。ミスター・ファンタスティックはそれが人を気にかけているからだと話し、メイカーは孤独だと話しバトルワールドでのドゥーム、彼の妻のスーザンと子供たちを示し、ファンタスティックはドゥームの力の起源を知る必要があると話す。

キャッスル・ドゥームにおいてピーター・パーカーとマイルズ・モラレスがドゥームの力を突きとめようとしており、庭の像まで道に迷っていた。ヴァレリアは彼らに像の下の道を教えて、警報を鳴らさない代わりに2つの答えを要求した。彼らは衝突した船から来たのか、船の人々によってストレンジが殺されたのか。どちらの船の人物もストレンジは殺していないとパーカーは答え、ヴァレリアは困惑して去る。2人は白い空間の中に1人いたモレキュールマンと対面し、空腹だったモレキュールマンにモラレスが持っていたハンバーガーを渡した。ハンバーガーを平らげたモレキュールマンはドゥームの力の源であると自己紹介する。

城ではドゥームが預言者に関して彼の王達と会議していた。彼らが共謀者であると避難するも彼らはそれを否定して、反乱が破壊されることを奨励する。ドゥームは同意する忠誠のテストとして王が軍隊を供給するよう求める。呼び出しが終わった後、ミスター・シニスターは最新の友人である堕落したキャプテン・マーベルにアドバイスを訪ねる。シニスターはキャプテン・マーベルから数回パンチをされ、その喜びを得るために彼は「いけない」、彼女がいいと思う行き先のために決心する。

ネイモアとブラックパンサーはヒドゥンアガモットを訪れて、ネイモアはお互いを殺さなかったことに驚き、ブラックパンサーはもう一度戦うことはもはや無意味だと話す。彼はアガモットの目でドラを開き、ゴーレムを古いイルミナティのパスコードで和らげた。ストレンジは入った人物に二つの物を与える。1つは世界のどこへでも即座にテレポートできるシージ・コレイジアス、もう一つは装着者に無限のパワーを与えるインフィニティ・ガントレットだった。これらの2つのアイテムで神を暗殺することが可能となる。

キャッスル・ドゥームでフランクリンは母スーによって寝かしつけられる。彼はスーにファンタスティック・フォーについて話すよう頼み彼女は応じた。昔々、4人の探検家は宇宙船に登場しました。彼アはスーザン・ストーム、ジョニー・ストーム、父フランクリン・ストーム、友人のベン・グリムでした。旅によって公的権限を与えられて世界に驚きを提供し、世界の終わりと共に新しい世界が始まりました。たえまない戦いが続くこの新しい世界でフランクリン・ストームは死に、ビクター・ヴォン・ドゥームは征服するために彼のパワーを使って平和をもたらしました。ジョニー・ストームは太陽となって夜を追い払うために家族の下を去り、ベン・グリムもまた去りました。フランクリンはベン・グリムに何が起こったか聞くも、彼女はフランクリンが成長するまで決して話さないことを伝えた。

シールドでサノスはベン・グリムと話しており、その人物は怪物を留まらせるためにシールドの一部となるために犠牲となっていた。サノスはベンに彼の力を恐れてドゥームが嘘をついていたと話す。彼はベンがそれについて何をするつもりか尋ねると、突然世界の境界で強大な男が立ち上がりドゥームステイトがある北へと進軍していくのだった。[6]

いよいよドゥームへの最終決戦が始まり、預言者はドゥームに反発する人々を集めてキャッスルドゥームへと進軍。彼がマキシマスであることを明かし、ドゥーム側は最も強力な王達が砦を守って戦った。しかし、ミスター・シニスターはゴブリンクイーンに対する敵意から彼女を攻撃し裏切り、さらにシニスターをアポカリプスが鎮圧した。ソーことジェーン・フォスターによってソー達を彼らの神であるドゥームと戦うよう説得。そこへさらにマエストロ率いるハルク軍団ワールド・ブレイカーズも参戦し戦いは激しさを増す。

2人のリード・リチャーズは密かに構想を練り続け、「マルチバースから出た最も価値あるもの」をドゥームから盗むために戦う予定だった。

ブラックパンサーとネイモアは増援のためにデッドランズからゾンビを解き放ち、「グローリー・アンド・オナー(栄光と栄誉)」のために戦うようゾンビ達を説得する。[7]

ドゥームステイトでの戦いの間、2人のリードはスターロードの運転によってキャッスルドゥームに侵入した。シールドからやってきた巨大シングは乱戦に加わってマエストロのヘリキャリアを破壊。フランクリンがギャラクタスを用いて彼に相対して戦うも、シングが戦っている相手がスーの息子フランクリンであることを知ると降伏。フランクリンによってシングは粉々にされてしまうのだった。乱戦の中へサノスとアナイアレーション・ウェーブが加わると、静観していたドゥームがサノスの下へとテレポートする。

その間にヴァレリアは母スーを見せなければならないものがあるとして、ここから逃げることを説得する。2人のリードがドゥームの力の源を探す間、スターロードが船を修理していた所にブラックスワンが登場。2人は戦いになりユグドラシルへと到達すると、ピンチに陥っていたスターロードがくわえていた木の枝を取り出し、「俺の小さな友達に挨拶しな」の言葉と共にそれをユグドラシルに叩きつける。ユグドラシルはその小さな木の枝によって城を破壊するほどの、巨大なグルートへと変貌するのだった。

スーとヴァレリアは城の破壊を目撃しつつ、モレキュールマンの部屋へとやってきた2人のリードと遭遇する。

一方、サノスの下へやってきたドゥームは彼に対し、王としてドゥームの下に着くよう促すもサノスは拒否。サノスは一瞬にして骨にされアナイアラスはドゥームに降伏した。その直後、シージ・コレイジアスが開かれてゾンビの群れが出現。動揺するドゥームの下へ、インフィニティ・ガントレットを付けたブラックパンサーとネイモアがやってくる。[8]

ドゥームはワカンダとアトランティスを作り直す代わりに戦いを止めるよう、ブラックパンサーとネイモアを説得しようとするも拒絶される。インフィニティ・ガントレットの力でドゥームを破壊するも、すぐさま再生して2人を攻撃。ネイモアは死亡しブラックパンサーはスペースジェムを犠牲にしながらも、2人は超常現象的な戦いをした。

一方、2人のリードはモレキュールマンと接触。彼は2人に何か食べるものを持ってきたか聞くが2人は何もなかった。メイカーは自分に対応する人物が示した弱さを多めに見ることができなかったと話し、リードを裏切って時空間バブルを使って窮地に陥らせた。しかし、モレキュールマンがメイカーをスライスにしてリードを自由にした。

ブラックパンサーと戦うドゥームはインフィニティ・ガントレットを押しつぶし戦いに決着をつけるも、ドゥームは戦いが自身の気をそらせるだけのものだったと知る。ドゥームはすぐにモレキュールマンの下を訪れ、そこにいたリードを滅ぼそうとした。しかし、力が働かなかった時にドゥームは驚くも、モレキュールマンがドゥームに食べ物を持ってきたか尋ねるが彼は持っていなかった。それを知るとモレキュールマンは2人は平等な立場にあると話した。リードはバトルワールドを失うのが恐いがために、あまりにもきつくしてしまったことをドゥームに指摘。自身ならばもっとうまくやれたと主張しながら、自身達の力を使って2人は凄まじい戦いを開始した。ドゥームはもしリードに自身の力があったら、彼が自分よりうまくやることができただろうと思っていたと話した。そして、リードとドゥームが共にそれを認めた時、モレキュールマンは2人が同意したとしてリードに力を与えた。それによってバトルワールドは破壊されていき、ブラックパンサーは破壊される世界の中でリアリティジェムを握りしめた。

すべてが戻った時、ブラックパンサーはマーベルユニバースに再び現れた。

8ヶ月後のマーベル・ユニバースでマイルズ・モラレスとピーター・パーカーはバトルワールドでのモレキュールマンとのことを思い出し、モレキュールマンがマイルズのハンバーガーの代金を払ったと話した。

宇宙のもう一方の側でリードの家族とフューチャー・ファウンデーションは、生まれ変わったマルチバースを海図にしるしていた。リードはフランクリンの助けを借りて作り直された現実にモレキュールマンの力を使った。生きること、死ぬことの違いは恐れを管理してきつく縛り続けることで、自分の好きなものを失うことを恐れることだとスーに話す。

ラトベリアにおいてドクター・ドゥームは彼の城に戻っていた。彼はマスクを脱いで傷が無くなったと気づき、高らかに笑った。[9]

タイイン 編集

ラスト・デイズ

  • Ant-Man: Last Days #1
  • Black Widow Vol 5 #19
  • Black Widow Vol 5 #20
  • Captain America and the Mighty Avengers #8
  • Captain America and the Mighty Avengers #9
  • Loki: Agent of Asgard #14
  • Loki: Agent of Asgard #15
  • Loki: Agent of Asgard #16
  • Loki: Agent of Asgard #17
  • Magneto Vol 3 #18
  • Magneto Vol 3 #19
  • Magneto Vol 3 #20
  • Magneto Vol 3 #21
  • Ms. Marvel Vol 3 #16
  • Ms. Marvel Vol 3 #17
  • Ms. Marvel Vol 3 #18
  • Ms. Marvel Vol 3 #19
  • Punisher Vol 9 #19
  • Punisher Vol 9 #20
  • Silk #7
  • Silver Surfer Vol 7 #13
  • Silver Surfer Vol 7 #14
  • Silver Surfer Vol 7 #15
  • Spider-Woman Vol 5 #10

バトルワールド

  • Age of Ultron vs. Marvel Zombies Vol 1
  • Ghost Racers Vol 1 (replaces All-New Ghost Rider Vol 1)
  • Inhumans: Attilan Rising Vol 1 (replaces Inhuman Vol 1)
  • Korvac Saga Vol 1 (replaces Guardians 3000 Vol 1)
  • Marvel Zombies Vol 2
  • Master of Kung Fu Vol 2
  • Red Skull Vol 2
  • Runaways Vol 4
  • Secret Wars: Battleworld Vol 1
  • Secret Wars: Secret Love Vol 1
  • Secret Wars Journal Vol 1
  • Siege Vol 2
  • Star-Lord and Kitty Pryde Vol 1 (replaces Legendary Star-Lord Vol 1)
  • Thors Vol 1 (replaces Thor Vol 4)
  • Ultimate End Vol 1 (replaces Miles Morales: Ultimate Spider-Man Vol 1)

ウォーゾーンズ!

  • 1602 Witch Hunter Angela Vol 1 (replaces Angela: Asgard's Assassin Vol 1)
  • 1872 Vol 1
  • A-Force Vol 1
  • Age of Apocalypse Vol 2
  • Amazing Spider-Man: Renew Your Vows Vol 1 (replaces Amazing Spider-Man Vol 3)
  • Armor Wars Vol 1
  • Captain Britain and the Mighty Defenders Vol 1 (replaces Captain America and the Mighty Avengers Vol 1)
  • Captain Marvel and the Carol Corps Vol 1 (replaces Captain Marvel Vol 8)
  • Civil War Vol 2
  • E Is For Extinction Vol 1
  • Future Imperfect Vol 1
  • Giant-Size Little Marvel: AVX Vol 1
  • Guardians of Knowhere Vol 1 (replaces Guardians of the Galaxy Vol 3)
  • Hail Hydra Vol 1 (replaces All-New Captain America Vol 1)
  • Hank Johnson, Agent of Hydra Vol 1
  • House of M Vol 2
  • Howard the Human Vol 1
  • Inferno Vol 1
  • Infinity Gauntlet Vol 2 (replaces Nova Vol 5)
  • M.O.D.O.K. Assassin Vol 1
  • Mrs. Deadpool and the Howling Commandos Vol 1 (replaces Deadpool Vol 3)
  • Old Man Logan Vol 1
  • Planet Hulk Vol 1
  • Secret Wars 2099 Vol 1 (replaces Spider-Man 2099 Vol 2)
  • Secret Wars: Agents of Atlas Vol 1
  • Spider-Island Vol 1
  • Spider-Verse Vol 2
  • Squadron Sinister Vol 1
  • Weirdworld Vol 1
  • Where Monsters Dwell Vol 2
  • X-Men '92 Infinite Comic Vol 1
  • X-Men '92 Vol 1
  • X-Tinction Agenda Vol 1
  • Years of Future Past Vol 1

バトルワールド 編集

Secret Wars - Battleworld Map (Updated).jpg

マルチバースの多数のインカージョンの後、様々な現実の残りは新しいバトルワールドを作るために融合された。これらの現実のすべては領域として知られ、ほとんどがお互いに相互作用する能力がある。わずか3つ(デッドランズ、パーフェクション、ニュー・ザンダー)の領域はシールドによって切り離された。3つの領域の脅威を阻止するために孤立させ、それが緩められる時、他の領域を破壊する。[2]

参照 編集

リンクとリファレンス 編集

  1. Secret Wars #1
  2. 2.0 2.1 Secret Wars #2
  3. Secret Wars #3
  4. Secret Wars #4
  5. Secret Wars #5
  6. Secret Wars #6
  7. Secret Wars #7
  8. Secret Wars #8
  9. Secret Wars #9

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki