FANDOM



ヒストリー編集

”私の遺産は残さなくてはならない。お前の間違いは終わりの無い命に意味は無いと信じていたことだ。でももう少しで終わりに辿りつける。平和...お前が求めていたのは平和だ。そしてお前が望んでいた死を私が与えよう。この感覚...無敵になる...お前のように...”

ヤシダはビジネスマンであり日本で最も大きな力を持つビジネスリーダーであった。第二次世界大戦最終日、長崎で原子力爆弾投下の爆撃危機にさらされたヤシダはウルヴァリンに救われそれ以来ヤシダはウルヴァリンに対し長きに渡り恩を感じるようになった。ヤシダとミュータントとの出会いにより彼はミュータントの秘密を解明することに取り憑かれ、それにより彼の企業は遺伝子技術を扱うベンチャー企業として発展した。

彼は家族を含め息子とも良い関係ではなかったが、孫娘のマリコとは仲が良かった。彼はよくマリコに自分を救ったウルヴァリンの話を聞かせ、ウルヴァリンを神話と結びつけながら彼を守護霊のように考えていた。そしてミュータントのユキオに出会い彼女を孫娘とともに育てた。

ヤシダは自らの死が近づくと、彼はユキオに世界を周りウルヴァリンを見つけるよう指令した。ユキオはウルヴァリンを発見し日本のヤシダと再会、ヤシダはウルヴァリンに過去に救われたことを直接感謝し、その恩返しとしてウルヴァリンに彼の不死の能力を除去させ普通の生活をさせることを提案したがウルヴァリンはこれを拒否。加えてこの能力は恩恵ではなく呪いだとした。ヤシダはその夜に死亡、家族での葬儀が行われウルヴァリン含めその他の参列者も招いて終了した。またヤシダはウルヴァリンに対し自分の死後、孫娘と家族の面倒を見てくれるように頼んでいた。

しかし孫娘であるマリコがヤクザに誘拐されヤシダの研究所へと連れ去られてしまった。そこでヤシダは死んでおらずアダマンチウムで作られたロボットスーツによって生かされていることが判明した。そこでヤシダはウルヴァリンの治癒能力を奪い、不死の能力を得ようとしていた。ウルヴァリンとの戦いにおいてヤシダは加熱されたアダマンチウム性の剣を用いて通常温度では破壊出来ないウルヴァリンの爪を破壊し、更に治癒能力を強制的に摘出した。だがヤシダの孫娘のマリコ、ユキオの急襲によって隙を見たヤシダの胸部をウルヴァリンが貫きヤシダは山脇を落下していった。

装備物編集

装備編集

アダマンチウム製のシルバーサムライアーマー

武器編集

加熱されたアダマンチウム製ソード

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki