FANDOM



サノスは、銀河の支配を狙う凶悪な宇宙人。ソーの義弟ロキや、クリー人のロナンを使ってインフィニティ・ストーンを回収していたが、アベンジャーズガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの活躍によって何度も失敗している。だが、全てのストーンを操れる手袋;インフィニティ・ガントレットを手に入れたことを気に、自らインフィニティ・ストーンを回収するべく動き出す。

IMG 20170205 213520

経歴 編集

ロキとアベンジャーズ 編集

アスガルドから逃亡してきたロキを麾下に置き、彼にインフィニティ・ストーンの存在とそのパワーについて教えた。その後、自分が従えているチタウリの軍団をロキに任せ、マインド・ストーンとそれを操る杖セプターを彼に渡し、テッセラクト(四次元キューブ)が保管されている地球への侵略を命じた。しかし、アベンジャーズの活躍によってロキは敗北し、チタウリの大艦隊を失い、テッセラクトの回収にも失敗してしまう。地球のヒーローチーム・アベンジャーズに興味を持ったサノスは、復讐を決意する。

ロナンとガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 編集

ニューヨークの戦いから2年後、インフィニティ・ストーンの回収を再開したサノスは、ストーンの一つであるオーブを回収するため、ザンダー星への復讐を企むクリー人・ロナンと手を組み、暗殺者である自らの義娘・ガモーラネビュラを派遣した。

しかし、最初からサノスとロナンを裏切るつもりで任務に志願したガモーラは、オーブを回収しに向かったザンダー星でロケットグルート、そしてピーター・クイルに妨害され、ノバ軍に逮捕される。サノスはすぐにロナンを呼び出し、脅迫によってオーブの回収を急がせた。その後、ロナンから回収に成功したと言う報告が入るが、オーブがインフィニティ・ストーンだと知ったロナンは彼への引き渡しを拒否し、ザンダー星を滅ぼした後サノスをも殺すと宣言し、同盟を破棄してしまう。しかしピーター・クイル率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがロナンを撃破してしまい、結果的にオーブはノバ軍が保管することとなった。

サノス動く 編集

二度もストーンの回収に失敗したサノスは、惑星ニダベリアでドワーフに作らせた、全てのストーンの力を操れる手袋;インフィニティ・ガントレットを手に入れ、自らストーンの回収に動き出すことを宣言する

最強の終わり 編集

ラグナロクの発動によるアスガルド滅亡の直後、新天地として地球に向かっていたソー率いるアスガルド人を乗せた宇宙船;ステイツマンを襲撃したサノス率いるブラックオーダーは、インフィニティ・ストーンを血眼になり探した。 この攻撃でアスガルドの民たちを半滅させたサノスは、ソーを拷問し、彼らが持っているはずの物を要求した。兄の窮地に見かねた弟ロキは、サノスが欲する物――アスガルド崩壊に乗じて手中に収めていた「四次元キューブ」を見せる。その瞬間、ハルクがサノスを攻撃した。しかしサノスはハルクの猛攻に耐え、逆にハルクを打ちのめした。ハルクの敗北を受け、ソーの腹心ヘイムダルは最後の力を振り絞り、いくつもの世界を繋ぐ虹の橋・ビフレストの力でハルクを地球へとワープさせた。それは彼が、ブラックオーダーのコーヴァス・グレイヴの槍を使ったサノスに殺される直前のことだった。ハルクがいなくなり、最早息も絶え絶えのソーを守るものはない。ロキはサノスに屈し、四次元キューブを差し出した。サノスをワナにハメるために。しかしそれも失敗に終わった。サノスは圧倒的な力をもって、神であるロキ相手に一切何もさせずロキを首を絞めて殺した。手にした四次元キューブを粉々に破壊し、中に収められている青色のインフィニティ・ストーン;スペース・ストーンを左腕にはめた金色のグローブ;インフィニティ・ガントレットに埋め込む。ガントレットにはもう一つストーンが輝いていた。ザンダー星のノバ軍に保管されていたはずのパワー・ストーンである。ザンダー星を滅ぼして手に入れたその無限の力をもって、サノスはステイツマンを破壊した。死んだロキとヘイムダル、全てのアスガルドの民たち、そしてソーもろとも。 スペース・ストーンを手に入れたサノスは、ブラックオーダーに地球にあるストーンの回収を任せ、自身はエーテルことリアリティ・ストーンを手に入れるべく、惑星ノーウェアのコレクター/タニリーア・ティヴァンの館へと向かった。

人物 編集

残虐かつ凶暴な人物と知られている。 「宇宙の救済」というゆがんだ信念を持ち、そのためには6つのインフィニティ・ストーンを揃える必要があると考え、それを実現すべく宇宙中を駆け巡る。 かつて自身の故郷であるタイタンの滅亡を食い止めようとしたが叶わず、宇宙全体のバランスを保つために大いなる野望を掲げた。完遂のためにはあらゆる犠牲をいとわず、行く先々で虐殺、破壊を繰り返し、果ては自身が愛をもって育て上げた義理の娘の命さえ差し出すほどである。 しかし、娘を失う必要があると察すると涙を流し、部下のエボニー・マウの死を悼んだり、必死に戦ったトニーに対し尊敬の念を示したりと、一切の感情を捨てているというわけではない。

能力と弱点 編集

能力 編集

コラスは、サノスを「宇宙一強大な力を持つ存在」と称したが、その能力は不明。

弱点 編集

ストームブレイカー

装備 編集

  • インフィニティ・ガントレット

インフィニティ・ストーンの力を最大限に発揮できる左手用のグローブ。各指の付け根部分と手の甲にストーンを収容するスペースがあり、それぞれのストーンを着用者が望むタイミングで使用できる。ストーンが発する強大なパワーを制御しているため、ガントレット自体も非常に強靭に作られている。 本作以前の作品ではオーディンの宝物庫に置かれていたが、そちらはレプリカであったと『マイティ・ソー バトルロイヤル』でヘラによって語られた。本作に登場するのはサノスが作成を依頼し、惑星ニダベリアのドワーフたちによって新たに作り上げられたもの。

名台詞 編集

・You should've gone for the head. 頭を狙うべきだったな…(からの指パッチン)

・The hardest choices require the strongest wills. 難しい選択には一番硬い意志が必要だ

トリビア 編集

インフィニティ・ガントレットはレプリカであったと『マイティ・ソー バトルロイヤル』で語られているが、そこにあるガントレットをよく見ると、右手用であった。

参考リンクと出典 編集

参考リンクを入力してください