FANDOM


H alternate 3.png ネタバレが含まれています!!
この記事には、近日公開または公開中の
作品のネタバレが含まれています。ご注意ください。


ヒストリー編集

スコット・サマーズはアレックス・サマーズと兄弟のミュータント。1983年に学校のトイレで誤って発射したのがきっかけで自身がミュータントだと発覚した。アレックスはエグゼビアの運営する恵まれし子らの学園に彼を連れて行った。彼はそこでスコットがミュータントパワーをコントロールできるようになると思っていた。

恵まれし子らの学園 編集

目隠しをされていたスコットはジーン・グレイと遭遇する。ジーンはテレパシーを使ってスコットと会話するが、スコットはいきなりのことに困惑した。その後スコットは学校の教員を務めるハンク・マッコイチャールズ・エグゼビアに会った。二人はスコットのパワーを見るために裏庭に連れて行き彼に能力を使わせた。大木を倒したスコットは、この恐ろしい力を見て追い出されるかと思ったが、エグゼビアは快く彼を迎えた。

ハンクはスコットにいつでも目が開けられるようにルビー・クォーツ製のサングラスをプレゼントする。スコットとジーンが友人になれるようにの配慮だった。ようやくスコットはジーンを目視することができた。

ジーンと会話している間、周囲の学生が二人を異様な目で見ていることに気づいたスコットは自分のパワーを怖がられていると思ったが、ジーンは自分のテレパシー能力を周りが恐れていると説明した。

翌日、学園に閉じ込められることにうんざりしたスコットはジーンと学友のジュビリーカート・ワグナーを連れてショッピング・モールに行く。カートはに今までショッピング・モールに行ったことがなかったことを打ち明け、スコットは嘲笑した。

彼らがスターウォーズ:ジェダイの復讐を見終わって学園に戻ったちょうどその時学園が何者かによって爆破される。危うく瓦礫に下敷きになりかけたがクイック・シルバー(ピーター・マキシモフ)が超高速で全員を避難させたので無事助かった。

しかしハンクによってアレックスが助からなかったこと、チャールズが誘拐されたことを聞かされた。スコットは瓦礫の中へ走り出し兄を探した。ちょうどその時、ウィリアム・ストライカーの乗る軍用ヘリがやってくる。ストライカーはその場にいたミュータントの能力を無効化して、ハンク、ピーター、ミスティーク、そしてCIAのモイラ・マクタガートをヘリに乗せた。ジーンはテレパシーで自分とスコット、カートの姿を隠し、カートは三人をヘリにテレポートさせ仲間の救出を試みるも、ヘリコプター内では能力が使えずヘリは出発してしまった。

X-MEN参加 編集

彼らヘリコプターではカナダの施設に連れてこられた。ジーンとスコットは仲間を救い出す手がかりはないか施設周りを模索する。彼らは偶然プロフェッサーがエン・サバ・ヌールにテレパシーで会話しているのを聴いた。その間にプロフェッサーがジーンに当てて秘密のメッセージを送った。

三人は警備にすぐに見つかったため、逃走しつつ出口を探した。発電機を見つけた三人は部屋に逃げみ、中で雄叫びが聞こえる密封されたケージを見つける。スコットは中に動物がいると思ったが、ジーンの能力で中に男性が閉じ込められているのがわかった。警備たちが追いついてきたため三人はゲージの陰に隠れ、ジーンはテレキネシスを使って箱を開け中にいたミュータントを外に出した。ミュータントは施設内を暴れまわり警備の人たちを全滅させてしまう。彼が雪に覆われた森に逃げる前にスコットたちは呼びとめて捕まえた。ジーンはミュータントに近づいて彼の頬にそっと手を当てて何かを念じた後、彼を解放し彼は雪の積もる森の中へと消えた。スコットがどうしたか尋ねると彼の記憶がなくなっていたので集められた分だけテレパシーで元の戻したという。スコットはもう二度と会いたくないな、とコメントした。警備がいなくなった施設の中に戻り、スコットはレーザーでドアを破壊する。ミスティークが警備が全滅したのはなぜかと尋ねたが、スコットはちょっとした助けがあったとだけ述べた。

彼らは戦闘機と飛行スーツを発見し、カイロに向かうことになる。戦地へと向う途中、ジーンはミスティークに初任務は怖かったかと尋ねた。ミスティークは彼らを落ち着かせるために彼女の最初に経験した任務を語った。彼らは手分けしてエン・サバ・ヌールの黙示録の四騎士を破るための計画を立てる。スコットとミスティークが出発する前にスコットは、彼ら全員をうまくコントロールできないのではないかと指摘したが、ミスティークは、コントロールするのではなく受け入れて全力で発揮するように言った。スコットは天候を操るミュータントパワーを持つストームと対決する。視覚効果を使ってストームからなんとか逃れる。スコットはハンクの戦闘の援助に加わりエン・サバ・ヌールに応戦する。途中からストームとマグニートーが味方に加わった。プロフェッサーの指示でアポカリプスの頭上に現れたジーンが最大限のテレパシー能力を発動させ、アポカリプスを倒す。

ジーンとマグニートーの力で学園を修復した後、一行は学園へと戻った。そしてプロフェッサーの指揮のもと、スコット、ジーン、ナイトクローラー、ピーター、ビースト、ミスティーク、ストームで学園の精鋭平和維持部隊X-MENを結成した。

性格編集

スコットは非常に勤勉で真面目で良きチームのリーダーである。X-MENとはいい関係にあり、チャールズとも仲が良い。

フィアンセのジーンに惹かれているローガンを嫌っている。時々ローガンに喧嘩をふっかけている。

力と能力 編集

能力 編集

  • オプティック・ブラスト:目から破壊光線を出す能力を持つ。彼が目を開けている限りで続ける。普段は特殊加工したルビー製のサンバイザーやサングラスをつけている。
  • 至近戦闘戦:白兵戦にも強い。
  • パイロット:X-ジェットを飛ばすことができる。

弱点 編集

  • コントロール不能:ルビー・クォーツ製のサングラスやサンバイザーをつけなければ普段目を開くことができない。
  • ルビー・クォーツ:唯一破壊光線のエネルギーを吸収する物体。

装備物編集

装備編集

サングラス

移動手段編集

X-ジェット

武器編集

吹き出し編集

Speech Bubbleの部分を記入してください。

ノート編集

Notesの部分を記入してください。

トリビア編集

  • コミックでは、脳損傷により破壊光線のコントロールが効かなくなりサングラスをかけるようになった。
  • サイクロップスのナンバープレートはB10-1212
  • コミックではアレックスという名の弟がいる(ハボック)。X-MENフューチャー&パストでアレックスが登場したが、スコットとの関係性は明かされていない。

参考リンクと出典編集

Links and Referencesの部分を記入してください。

More編集

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート編集

Footnotesの部分を記入してください。

出典編集

Referencesの部分を記入してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki