FANDOM


ゴーストライダー』(テンプレート:En)は、2007年米国で公開されたマーク・スティーヴン・ジョンソン監督のオカルトアクション映画日本での公開は、同年3月3日

マーベル・コミック社の同名コミック作品テンプレート:Enlinkが原作。

あらすじ 編集

移動サーカスのオートバイスタント芸人だった17歳のジョニー・ブレイズは、肺癌が全身に転移して死に瀕した父親を治すことを条件に、悪魔:メフィストと契約を結んだ。しかし父親は健康な体になった直後に事故死。悲嘆にくれるジョニーは、サーカスも恋人のロクサーヌも捨てて旅に出る。

それから13年が過ぎ、不死身のバイクスタントとして名声を得ていたジョニーは、ケーブルテレビのレポーターとなったロクサーヌと再会する。

その頃、メフィストの息子・ブラックハートが地上に姿を現し、配下の3体の魔物“隠れしもの(ヒドゥン)”を呼び覚ました。彼は父メフィストを倒すため、千の悪しき魂を思うままにすることができる「サン・ヴェンガンザの誓約書」を探していた。悪魔にとって恐るべき力の源泉となる「サン・ヴェンガンザの誓約書」は、その強大な力をメフィストに渡すことを拒んだ先代のゴーストライダーによっていずこかに持ち去られ、行方不明となっていたのだ。

再びジョニーの前に現れたメフィストは、悪魔の契約からの解放を条件にブラックハートを滅ぼすことを命令する。父の形見のバイクとジョニーの肉体を地獄の炎が包み、燃える髑髏の顔を持つゴーストライダーが誕生した。

能力編集

地獄の炎(ヘルファイア)
ゴーストライダーの全身を包む灼熱の業火。銃弾などの攻撃を防ぎ、悪魔をも燃やすことができる。チェーンなどにこの炎を帯びさせることで自在に操ることができる。
贖罪の目(ペナンス・ステア)
ゴーストライダー最大の武器。燃える眼窩を見つめると、自らが犯した全ての悪事と他人に与えた全ての苦痛が本人に舞い戻り、過去の罪を悔い改めさせる。悪魔のように魂を持たない相手には効き目が無い。
ヘルバイク
父の形見のハーレー・ダビッドソン・グレイスが、ゴーストライダーの変身に感応して、炎の車輪を持ち、車体各部から炎を吹き上げる姿に変化する。垂直の壁面や水面も走ることができるが、飛行能力はない。ゴーストライダーは口笛で呼び寄せることができる。

キャスト 編集

役名:俳優(DVD版吹き替え)

スタッフ 編集

その他 編集

  • ジョニーのハーレーは、『イージー・ライダー』でピーター・フォンダ演ずるワイアットの愛車の精巧なレプリカである。[2]劇中でもメフィストがジョニーのハーレーを「いいバイクだ」と感想を述べるシーンがある。
  • ピーター・フォンダが出演依頼を受けたのは撮影開始の直前(クランクインが2月17日、出演依頼を受けたのは2月12日)であった。フォンダの起用はニコラス・ケイジの発案である。[3]

ノベライズ編集

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 テンプレート:Cite web
  2. パンフレットより
  3. DVDのメイキングより
ar:غوست رايدر

az:Kabus yarışçı (film, 2007) bg:Призрачен ездач (филм) da:Ghost Riderfi:Ghost Rider – aaveajajahu:A szellemlovas id:Ghost Rider (film)nl:Ghost Rider (film) no:Ghost Rider (film)sq:Ghost Rider (film) sr:Ghost Rider (филм) sv:Ghost Rider (film) tr:Hayalet Sürücü (film) uk:Примарний вершник (фільм) vi:Ma tốc độ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki