FANDOM


テンプレート:公開前の映画

ゴーストライダー: スピリット・オブ・ヴェンジェンス』(原題: Ghost Rider: Spirit of Vengeance)は、2012年公開予定のアメリカのオカルトアクション映画。2007年の『ゴーストライダー』の続編である。

ストーリー 編集

テンプレート:節stub

キャスト 編集

製作 編集

2007年2月9日、マーベルのプロデューサーのアヴィ・アラドがプレス・イベントで『ゴーストライダー2』の企画を発表した[1]。また、ピーター・フォンダはメフィスト役で再出演したいと述べた[2]。2007年12月上旬、ニコラス・ケイジもまたゴーストライダー役での再出演に関心を示した[3]。ケイジは新たなヴィランを提案し[4]、ダニー・ケッチの登場が噂された[5]

ニコラス・ケイジは2008年9月のIGNのインタビューで、コロンビアと続編に向けてのミーティングが始まったと述べ、「ゴーストライダーがカトリック教会と連携し、『ダ・ヴィンチ・コード』のような時代精神のある作品になるだろう」と語った[6]。2009年2月、コロンビア映画は『ゴーストライダー』の続編を製作し、ニコラス・ケイジが再び主役を務め、新たな脚本家が雇われるという話が浮上した[7]。2009年9月23日、デヴィッド・S・ゴイヤーが、続編の脚本家として雇われたと報じられた[8]。ゴイヤーは続編に関してMTVのインタビューを受け、前作の8年後の話となり、2010年までにクランクインすることを希望していると述べた[9][10]。続編のタイトルは『Ghost Rider: Spirit of Vengeance』となり、マイケル・デ・ルカがプロデュースし[11]、PG-13で上映される[12]

2010年7月14日、ニコラス・ケイジの復帰が確定し、マーク・ネヴェルダインとブライアン・テイラーのコンビを監督にするために交渉をしていた[13]。7月、ケイジは2010年11月に撮影が始まると明かした[14]。『Superhero Hype!』のインタビューで、エバ・メンデスは再出演しないことが明らかになった[15]。映画はルーマニアトルコ3Dで撮影される[16]

2010年11月にルーマニアのブカレストで主要撮影が始まり、その後、シビウロヴィナリヴィドラル湖トランスファガラシャンフネドアラに移った[17]。2011年1月24日に撮影は完了した[18]

出典 編集

sv:Ghost Rider: Spirit of Vengeance

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki