FANDOM




テンプレート:Infobox comics character ケーブルCable)は、マーベル・コミックの漫画に登場する架空の人物である。初登場はNew Mutants#87(1990年3月)、作者はルイス・サイモンソン(原作)とロブ・リーフィルド(作画・原作)である。

出版の歴史 編集

製作 編集

キャラクターの初登場はNew Mutants#86(1990年2月)のカメオ出演で、翌号のNew Mutants#87(1990年3月)でそれに続いてフル出演を果たした。

作画のロブ・リーフィルドはケーブルの人格、ビジュアル・デザイン、名前など多く設定を担当しているが、その際、編集のボブ・ハラスからいくらかのインスピレーションを得たと述べている[1]。リーフィルドはキャラクタの製作について次のように説明している。

テンプレート:Cquote

ニューミュータンツ、X-フォース・アンド・ ケーブル (vol.1) 編集

ケーブルは最初に、ストライフのMutant Liberation Front[2]、合衆国政府、およびフリーダム・フォースとの衝突で確認できる[3]。ニューミュータンツは介入し、そして、彼はMutant Liberation Frontに対して彼らの助けを求めた[4]。ケーブルはストライフとの戦いで彼らを潜在的軍人だとみなした。彼は彼らの新しい教師とリーダーになって、彼らを武装させた[5]。ケーブルとウルヴァリンの間にはの古い因縁があったらしく、すぐに衝突した[6]。ケーブルとニューミュータンツはウルヴァリンとサンファイアと共にMLFに対抗して団結した[7] 。また、ケーブルはジェノーシャをニューミュータンツに誘った[8]。ニューミュータンツが解散した後は、多くキャラクターとケーブルが新シリーズのX-フォースに現れた[9]。そのシリーズは、ケーブルのバックストーリーに触れ、彼が未来世界の出身であり、そして、彼がアポカリプスの力の上昇を防ぐだけでなく、ストライフの計画を止める目的で過去まで旅をしていたことを明らかにするストーリーだった。ケーブルは彼の船のGreymalkinとともに1990年代と未来の間を移動し、それはプロフェッサーと呼ばれるコンピュータープログラムを積んでおり、プログラムには未来の見解がX-ファクターの船に組み入れられていたテンプレート:要出典

1992年に、キャラクターには、2号のミニシリーズがあり、Cable: Blood and Metalの題で、フェビアン・ニチーザが原作、ジョン・ロミタ・Jr.がコンテ、ダン・グリーンによってインクが着色し、1992年10月、11月に発行された。そのシリーズはケーブルとヴィランのストライフの進行中の戦い、および彼を囲む人々への影響について掘り下げた。

Blood and Metalのすぐ後に、ケーブルに彼自身の進行中のタイトルを与えられた。ケーブルは1991年7月のX-Factor#68(vol.1)で未来に連れて行かれたX-メンのサイクロプスマデリーン・プライアーの息子であるネイサン・クリストファー・サマーズであり、1986年1月のUncanny X-Men#201で登場していたことが、1993年12月の#6号(vol.1)で原作者のクリス・クレアーモントの紹介によって明らかになった。そのシリーズは1993年5月からソルジャーXに含んで紙面変更して2003年8月まで出版され、初めは、安定した製作チームを見つけるのに苦労した。ジェフ・ローブとイアン・チャーチルが#20で仕事を始めて、#35で終わるまで、原作・原画チームは3冊を連続で完成させるつもりだった。ローブとチャーチルは、#20から#39の20冊のうち15冊に一緒に取り組んで、最初の安定期をもたらした。連載の間、彼らはケーブルの過去、ネイサン・グレイの元へに向かった彼の気持ち、ドミノとBlaquesmithとの彼の関係、およびカーン、シュガーマン、およびミクロヴァースとの更なる冒険でキャラクターを調査した。

1994年のミニシリーズ、The Adventures of Cyclops and Phoenixでキャラクターのバックストーリーを詳細に描かれた。未来世界で、母アスカニ(時間移動したレイチェル・サマーズ)は"Slym"と"Redd"としてスコットとジーンの心を引きつけ、彼らは12年間ケーブルを育てた。一緒過ごした時間、その「家族」は、アポカリプスが彼のエッセンスを新しい身体に移すのを防ぎ、彼の恐怖政治を終わらせだ[10]

ケーブル・アンド・デッドプール、 ケーブル (vol. 2) 編集

彼のソロシリーズが終わった後、『Cable & Deadpool』で報酬目当てのデッドプールと対決させられた。シリーズは世界を改善するためのケーブルの奮闘を主に扱っていた。メシア・コンプレックスに備えて、ガンビットサンファイアがプロビデンスを起爆したとき、ケーブルは死んだふりをしたため、シリーズの次の約6冊ではほとんどデッドプールに焦点を合わせることになった。このシリーズを50号でキャンセルされ、すぐにケーブルの単独主演のコミックに取り替えられた。

ほぼ同じくらいの期間、ケーブルはローグアイスマンキャノンボールセイバートゥースミスティークレディ・マスターマインド、およびオメガ・センティネルから成るX-メンのチームのメンバーになり、そして、彼が任務の1つの間殺されるように見えたテンプレート:要出典

それは、ケーブルが生存し、X-メン、マラウダー、およびプリファーがメシア・コンプレックスのストーリーの間に探しているミュータントの女の子を連れていたことを明らかにした[11]2008年に、マーベル・コミックスは、Duane Swierczynskiと画家のアリエル・オリベッティによる新しい現行シリーズのケーブル(vol.2)をリリースした[12]。シリーズはケーブル、および救世主的な子供の時間旅行に冒険に続く。未来の危機とビショップによる追跡は「Cable the soldier」の人間が「Cable the Nanny」となることでバランスをとっていた[13]

それはケーブルが、ミュータントの救世主と共に、将来、ケーブルが結婚した、ニューリバティの人里離れた安全な避難所で難を逃れ、ホープが子供をかばって死ぬことを明らかにした。ケーブルは、彼女の死んだ継母の名誉で、彼女をホープと命名すると決める[14]

2009年のケーブル(vol.2)は、「X-Men: Messiah Complex」で始まった、3部のストーリーのうちの2番目の話であるX-フォースの「X-Force/Cable: Messiah War」とのクロスオーバーを7冊出すだろう[15]

能力編集

ケーブルは強大なテレパシーサイコキネシスの能力を持って生まれたが、彼がこれらの力を利用できる範囲は彼の登場中ガラッと変わった。元々、両方ともテクノ・ウィルスの感染を抑制する必要性があるため制限され、そして、彼の戦闘の技能と比べて力は取るにたらなかった。しかしながら、感染の鎮静の後で、それらは徐々に遺伝子上の同一人物であるネート・グレイのものと同様の地点まで増加した。それらの高さで、彼は同時に、プロビデンスの水上都市を空中に浮揚させ、シルバーサーファーと戦う能力を示した[16]。その話に続き、彼のパワーは焼き尽くされ、そして彼は両方を技術的な代用品に取り替えた。その後、彼は、テレパシーとサイコキネシスの両方が全く落ちていないと述べた[17]

彼のテクノ・オーガニック・ボディの一部は強さと耐久性を高め、そして、彼のテクノ・オーガニック・アイは人間より高い視力を彼に与え、赤外線スペクトルで見ることができるようにした。また、彼はテクノ・オーガニック・ボディの一部を機械に接続でき、コンピュータにハッキングして、電子ロックを開けたり、時間を旅行するのにそれらを使用する。

他の世界でのケーブル 編集

ケーブルは正史のマーベル・ユニバースの他に、並行世界にも登場する。

アースX 編集

アースXの時間軸では、テクノ・オーガニック・ウイルスがケーブルの身体に侵食して、有機金属の一滴になったテンプレート:要出典

アルティメットケーブル 編集

アルティメット・X-メンでは、ケーブルは、アポカリプスが世界を支配するのを防ぐために過去に戻るウルヴァリンの未来のバージョンであるテンプレート:要出典アルティメットウルヴァリンを参照。

What If? 編集

What If…の2部分のストーリーで、「ケーブルがX-メン滅ぼしたなら、どうなるか?」が語られる。 この話では、ケーブルは方向性や信念の違いでプロフェッサーXやX-メンと衝突します。結局、ケーブルは自信に忠誠なミュータントの派閥を率いて、暴力的な革命を始める前に、プロフェッサー、サイクロプス、およびジーン・グレイを暗殺する。ケーブルは結局、ウルヴァリンによって倒されるが[18]、彼の行動は既にミュータントの更なる抑圧につながった。マグニートーは、混乱の中でアメリカを支配するのを試みるが、センティネルズによって邪魔にされる。センティネルズは人類を奴隷にするのが、ミュータントを根絶する最も良い方法であると決める。しかしながら、ウルヴァリンは、センティネルズと戦うために生き残っているミュータントを新X-メンとして再結成する[19]

Geshem 編集

グラフィック・ノベルの「Wolverine: TerraのRahne」で描かれた幻想世界で、ケーブルに当たる人物は、ウォーロック・スタッフとクロスボウを運んだ、マジェーと呼ばれる魔法使いであるテンプレート:要出典

出版 編集

メインシリーズ(古い順)

  • アンキャニィ X-メン (vol. 1) #201 (1986, as Nathan Summers)
  • ニューミュータンツ (vol. 1) #86-100, Annual #6-7 (1990-1991)
  • アンキャニィ X-メン Annual #14 (1991)
  • X-フォース (vol. 1) #1-70 (1991-1997)
  • Cable: Blood and Metal #1-2 (1992)
  • Cable #1-107 (1993-2002)
    • X-Force & Cable Annual(s) '95, '96, '97
    • Cable Minus 1 (1997)
    • Cable & Machine Man Annual 1998
    • Cable Annual 1999
  • The Adventures of Cyclops and Phoenix #1-4 (1994, as Nathan Dayspring)
  • Askani'son 1-4 (1996)
  • X-Men: Books of Askani #1 (1996)
  • アンキャニィ X-メン #381-391 (2000-2001)
  • Soldier X #1-12 (2002-2003)
  • ウェポンX #6-13 (2003)
  • ケーブル&デッドプール #1-42 (2003-2007)
  • X-フォース (vol. 2) #1-6 (2004)
  • X-メン (Vol. 2) #188-200, 205-206 (2007-2008)
  • Cable (vol. 2) Ongoing series (2008)

増刷 & 特別版

  • Cable Second Genesis #1
  • Ghost Rider and Cable: Servants if the Dead #1 (Reprints Marvel Comics Presents 90-97)
  • Prophet/Cable #1-2
  • Wolverine/Cable Guts and Glory #1
  • X-Men: Cyclops and Phoenix Novel. (Novelization of Adventures of Cyclops & Phoenix #1-4)

アルティメット・マーベル

単行本 編集

:en:Cable & Deadpool#Collected editions」も参照

多くのペーパーバックに話を集めてある

  • Cable Classic:
    • Volume 1 (collects New Mutants #87, Cable: Blood and Metal and Cable (1993) #1-4, 248 pages, Marvel Comics, March 2008, ISBN 0-7851-3123-X)
    • Volume 2 (collects Cable (1993) #5-14, 240 pages, Marvel Comics, August 2009, ISBN 0-7851-3744-0)
  • X-Force and Cable: Legend Returns (collects X-Force #1-6, 144 pages, April 2005, ISBN 0-7851-1429-7)
  • X-Force: Shatterstar (collects X-Force: Shatterstar #1-4 and New Mutants #99-100, 160 pages, August 2005, ISBN 0-7851-1633-8)
  • Cable (2008):
    • Volume 1: Messiah War (collects Cable #1-5, 128 pages, Marvel Comics, hardcover, October 2008, ISBN 0-7851-3226-0, softcover, January 2009, ISBN 0-7851-2972-3)
    • Volume 2: Waiting For The End Of The World (collects Cable #6-10 and King-Sized Cable, 160 pages, Marvel Comics, hardcover, June 2009, ISBN 0-7851-3391-7, softcover, September 2009, ISBN 0-7851-2973-1)
    • X-Men: Cable & Bishop (collects Cable #11-12 and X-Men: The Lives and Times of Lucas Bishop #1-3, 120 pages, hardcover, July 2009, ISBN 0-7851-3927-3, softcover, August 2009, ISBN 0-7851-3928-1)
    • X-Force/Cable: Messiah War (collects Cable #13-15, Messiah War one-shot, and X-Force #14-16, 192 pages, hardcover, September 2009, ISBN 0-7851-3157-4)

他のメディア 編集

映画 編集

2009年にマーベルは、ブラックパンサーやケーブル、ドクター・ストレンジアイアンフィストナイトホークヴィジョンなどのように、あまり知られていないキャラクターを売り込む創造的な方法を考えるために脚本家の会議を開いた[20]

テレビ 編集

ケーブルは、テレビアニメ版で多く出演し、英語版はローレンス・ベイン、日本語版では玄田哲章声優を担当した。

テレビゲーム 編集

編集

Cable#34と#35は、1997年度のコミック・バイヤーズ・ガイドのファンアワード で最多得票だったオンスロートの筋書きの一部だった。

注釈 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. Comic Book Legends Revealed #201, en:Comic Book Resources, April 2, 2009
  2. New Mutants #87
  3. New Mutants #88
  4. New Mutants #89
  5. New Mutants #90
  6. New Mutants #92-93
  7. New Mutants #94
  8. New Mutants #95
  9. New Mutants #100
  10. en:The Adventures of Cyclops and Phoenix, May - August 1994
  11. X-Men #205
  12. Duane Swierczynski Is Your New "Cable" Provider, en:Comic Book Resources, December 4, 2007
  13. Cable #7-8
  14. Cable #7-10
  15. Kyle/Yost/Choi Talk "Messiah War", en:Comic Book Resources, December 12, 2008
  16. Cable and Deadpool #10
  17. Cable #10
  18. What If? #45 vol. 2 (February 1993)
  19. What If? #46 vol. 2 (March 1993)
  20. テンプレート:Cite news

外部リンク 編集

テンプレート:Manga-stubfi:Cableka:კაბელი (პერსონაჟი) nl:Cable (superheld)tl:Cable (komiks)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki