FANDOM



ヒストリー編集

ヘルズキッチンの悪魔 編集

クレア・テンプルはメトロ総合病院で看護婦として働いている。ヘルズキッチンの巷で自警団が活躍しているのを耳にしていた。

ある時彼女の隣人のサンティーノはアパート裏のゴミ収集箱に人が倒れているのを発見する。その人は自警団であるマット・マードックであった。クレアとサンティーノは彼を運び出しクレアの部屋に連れていき治療した。

回復した彼は、怪我を負わされたロシア人がまだ追跡していることを話す。そこに警察の扮装をしたロシア人がクレアの部屋に尋ねてきた。クレアは当たり障りなく対応し見過ごさせる。その場を去ったロシア人に消火器をぶつけたマットは彼を尋問し、ある男の子の場所を吐かさせる。

マットは、クレアにしばらくはこの家にいないようと忠告し、クレアは友人の家に避難した。

以降、マットは怪我をするたびにクレアの元を訪れるようになる。

ジェシカ・ジョーンズ 編集

デアデビルとの再会 編集

ルーク・ケイジ 編集

トリビア編集

  • マットとクレアが出会った時、クレアは正体を明かそうとしないマットに「マイク」と仮名を付けるが、コミックではクレアがマットの正体を守るために双子の兄弟を創造して「マット」と名付けている。

参考リンクと出典編集

More編集

フットノート編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki