FANDOM



”自分はそのサマリア人だと思ってた。おかしいだろ?

立派な人間でも自分の本質に気づかないことがある。

私はサマリア人じゃない。祭司でもレビ人でもない。

私はあの旅人を、襲った邪悪な男だ。

あの道を通る奴が悪い。”

ーウィルソン・フィスク

ヒストリー編集

幼少期、ウィルソン・フィスクは彼の両親のビル・フィスクとマレーネ・フィスクと一緒に暮らした。

父には借金があったが、地区選挙に出馬し、その資金のためにさらに借金を重ねた。父はそれでより良い人生が歩めると思っていた。

ウィルは度々父の暴力を受ける。父は子供が成功した人生を歩むのを望んでいた。内向的であった息子(当時12歳)に勇気づける目的で父はアルコールを飲ませようとする。選挙出馬を馬鹿にする近隣の侮辱を受けた結果だった。

ある夜、ビルがお金を借りに行っている間に壁を見つめてなりたい自分の将来を考え続けるようにと息子に命令する。ビルが家を出る前にマレーネはビルに金銭問題について叱責した。逆上したビルはベルトで妻を殴り続ける。ウィルは壁を見つめることを強いられていたため、最初は母が鞭打たれる様子を聞く以外何もできなかったが、耐えきれなくなった彼はテーブルにあったハンマーを手に取り父に立ち向かう。父は息子をなじったが、ウィルは構わず父の頭部を殴り、昏倒させた後数発殴り続け、父を殺害した。

マレーネはビルの遺体を隠そうと息子に提案し、死体をのこぎりでバラバラにする。二人はバラバラの遺体を川に遺棄した。周辺の人間はフィスク一家が借金を抱えていることを知っていたため逃れるために二人は街を出る。ウィルはビルの持っていたシャツのカフスボタンを持ち出して大事に保存した。その後、ウィルは親戚の農場で暮らす。

ヘルズキッチンのキングピン 編集

成人したフィスクはビジネスマンとして財産を蓄えていた。ヘルズキッチンに戻った彼は増えていた犯罪の立案者になる。多くの犯罪組織を率いて国際犯罪組織とも同盟を結んだ。フィスクはゆっくり着実に組織を支配し、街を自分のイメージ通りに再建するつもりだった。邪魔をするものは排除した。

フィスクはアートギャラリーでヴァネッサ・マリアンヌと出会った。最初のデートでヴァネッサはフィスクが何かしらの富豪だと知る。次のデートではフィスクはヴァネッサに都市計画を話す。だが、ヴァネッサは彼についていくことを明かす。

フィスクはヘルズキッチンにいたロシア人マフィアを追い出すために爆弾を仕掛ける。フィスクの情報を得るためにロシア人を追っていたマット・マードックは爆発に巻き込まれ倉庫の地下に落ちた。フィスクは、自分のことを探っているマットに無線を使って語りかける。自分たちが似ていること、だからこそ共存は無理だと話した。

ロシア人の一件から、フィスクは周辺の人間を疑い始めた。そして、マット(メディアにはヘルズキッチンの悪魔と呼ばれた)への懸念も大きくなる。そこでヴァネッサの提案で自らの存在を公表し慈善家であることをNY市民に印象付けさせた。

フィスクは慈善パーティーを開いたが、何者かが飲み物に毒を混入させて何人かが倒れる。ヴァネッサも飲んでしまい病院に運ばれた。これはヴァネッサに肩入れしすぎてビジネスに手が回らなくなるのを懸念したリランド・オウルズレイマダム・ガオの策略だった。その上、フィスクの右腕だったジェームズ・ウェスリーがカレン・ペイジによって殺される(フィスクの過去を探るカレンにやめるようにジェームズが倉庫に連れ出した結果だった)。

マダム・ガオがニューヨークを発ったのを見送った後フィスクはリランドに会う。そこでオウルズレイの会計記録の不合性を指摘した。オウルズレイはフィスクの金を横領していたことを認め、さらにはヴァネッサを殺そうとしたことも話した。ところが、カール・ホフマン(フィスクの情報をすべて持っていた)を盾に24時間ごとに連絡しないと自首させる話を持ちかける。フィスクは怒りでオウルズレイを絞殺し、ホフマンの行方を追った。

ホフマンの捜査無線を偶然聞いたマットはホフマンを追ってから救い出し、ホフマンを出頭させた。ホフマンの自供でフィスクの従業員名簿すべてが明かされFBIによって全員逮捕される。フィスクもすぐに逮捕された。

フィスクを輸送中、彼の手下が輸送車を襲撃しフィスクは一時逃げ出すも、新しいスーツを身にまとったマットに妨害され再び捕まり投獄される。

投獄 編集

翌日、新聞ではマットは「デアデビル」の名で一面を飾る。

フィスクはライカー島の施設に収容されて独房に入る。彼は街に帰還した時の復讐の計画を静かに考えていた。

性格編集

ウィルソン・フィスクは、マット・マードック (後のデアデビル)との街の縄張り争いに転じるほどのビジネスマンである。ニューヨークでもトップの犯罪支配者であるが、その性格は内向的である。

大人数で行動することを嫌い一人で過ごすことが多かったが、ヴァネッサ・マリアンヌと出会ってからは彼女と過ごすようになる。

彼の破綻した幼少期時代は大人になったフィルクにも影響をし、時折悪夢を見た。

非常に尊敬と礼儀に重きを置く人柄で部下にもこれを求めるが、示さなかった場合は容赦なく処罰する。

貧しい生まれでありながらのし上がってきたフィスクは富豪並の生活を送っていた。スポーツ、食事、芸術とどれも最高のものを楽しんでいる。

フィスクが怒りを覚える時、彼は感情を制御させることができない。自分の都市計画の邪魔をするものなら容赦なく制裁した。自分はヘルズキッチンの正義のためにしていたと思っている。


力と能力編集

能力編集

  • マルチリンガル:英語、中国語、日本語を話すことができる。
  • 戦闘技術:フィスクは至近距離戦の達人である。デアデビルとの戦闘で彼を半殺しにさせた。また彼を容易に投げ飛ばすほどの力持ち。

強さレベル編集

弱点編集

彼の唯一の弱点は彼の過去と私生活だ。彼の判断を曇らせる要因になる。ベン・ユーリックが母の元を訪れた際は彼を絞め殺している。

トリビア編集

  • シーズン1第5話でヴァネッサが「白いスーツとアスコットの男性にそそのかされた」と発言しているが、これはコミックにおけるフィスクの服装の言及である。

参考リンクと出典編集

More編集

フットノート編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki