FANDOM



”ジェシカ、君の秘密を知っているぞ、友人のことも、君の贈り物も、

ジェシカ、ジェシカ・ジョーンズ…私は何でも知っている”

ーキルグレイヴ

ヒストリー編集

キルグレイヴはケヴィン・トンプソンとして生まれ、12歳の時に変性神経障害と診断される。研究者であった両親は彼の治療を名目に人体実験を施した。実験は成功し、彼が望んだものは誰でも何でも言うことを聞く洗脳能力を得る。ケヴィンは母親に熱した鉄板を顔に押しつけるように命令した後、両親の元を立ち去った。その後彼は世界中を歩き回り、やがてキルグレイヴと名乗るようになる。

ジェシカとの出会い 編集

マルコム・ドゥカスがチンピラに絡まれているのを助けていたジェシカ・ジョーンズを偶然発見し、彼女に興味を持つ。キルグレイヴは彼女を洗脳して同行させた。相当の期間ジェシカをコントロールして彼女と過ごし、一緒に住まわせ、性的関係をも強制した。

ジェシカを失う 編集

幼少期、実験を受けた動画ファイルをレヴァ・コナーズが持っていると知ったキルグレイヴはコナーズに場所を聞き出し、ジェシカにドライブを掘り出すために地面を割るように命令し、ドライブを見つけた。ステップを踏み外したコナーズが落ちそうになり、キルグレイヴはジェシカに「気をつけるように」と命令したが、間に合わずにコナーズは地面に強く体を打ち亡くなる。それを見たジェシカはひどく混乱した。キルグレイヴは彼女に戻るように命令したが、洗脳が解かれたジェシカはこれを無視してその場を立ち去る。去り際にコナーズの遺体が飲酒運転のトラックに轢かれそうになったところを守り車が横転、代わりにキルグレイヴが下敷きになった。

復活 編集

事故によって瀕死になったキルグレイヴは医師を洗脳し、外科手術をするように命令する。また別の男には腎臓を提供するように強制し、完全に回復した。彼の知る人間で初めて自分の能力が効かなくなったジェシカにますます興味をもち、狂気的に固執するようになる。

性格編集

キルグレイヴはジェシカ・ジョーンズに執着している。基本的な道徳が欠如しており、人を操って自殺させたり、他人を殺させたりするのを厭わない。そしてそれらの行為を悪だとは思っていない。自分の手を汚さずに人を殺すことに快楽さえ覚えている。癇癪持ち。

力と能力編集

編集

  • マインドコントロール:キルグレイヴは催眠暗示の類と同じく言葉による強力な行動コントロールを行える。操られた人間は彼の気まぐれに従う他ない。この支配は最低12時間は続き、最高24時間は支配され、彼の声が遮断されない限り続く。電子機器を通した声による支配は不可能だったが、シリーズ終盤では能力を強化し可能になった。麻酔注射などによってキルグレイヴを眠らせることにより、彼の支配を終わらせることも可能。

トリビア編集

  • コミックでのキルグレイヴの名前は「ゼベディア・キルグレイヴ」別名「パープルマン」であり、ドラマ版でも紫色を用いた演出や衣装が多く見られた。
  • コミックではクロアチア人だが、ドラマではイギリス人。

参考リンクと出典編集

More編集

フットノート編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki