FANDOM




キック・アス』(テンプレート:En)はマーク・ミラー原作、ジョン・ロミータ・Jr作画によるアメリカン・コミックマーベル・コミックの子会社の一つであるアイコン・コミックスより2008年から出版されている。

日本語版は小学館集英社プロダクションより2010年11月19日に発売される予定である。翻訳は光岡三ツ子

あらすじ 編集

テンプレート:節stub ニューヨークに住むデイヴ・リゼウスキDave Lizewski)は、スーパーヒーローに憧れる普通の高校生。デイヴはオリジナルのスーツとマスクを作って身に付け、自分もヒーローになって街で活動を始める。だが、何の特殊能力も強力な武器も持たない彼は、初出動のときにあっさり犯罪者にボコボコにされてしまう。その後、リハビリを終えたデイヴは松葉杖を持ってパトロールを再開。そのときの活動の動画が見物人によって撮られ、YouTubeにアップロードされ、やがてキック・アスKick-Ass)の名で知られるようになる。デイヴはさらにMySpaceで専用アカウントを取得し、助けを求める人々を探すようになり、また、ヒット・ガールHit-Girl)をはじめとする他のヒーローとも出会う。

プロモーション 編集

本作の主人公の命名権を賭けたチャリティ・オークションが開催され、見事勝ち取ったデイヴ・リゼウスキが自分と同じ名前をつけた[1]

映画化 編集

詳細はキック・アス (映画)を参照

Kick-ass2 wall01 1920x1200

本作創刊の翌月の2008年5月より映画化に向けての脚色が開始された[2]。監督・製作・脚本はマシュー・ヴォーンが務め、また、製作費の一部は彼の私財であるという。共同プロデューサーはブラット・ピット。11歳のヒットガール(クロエ・グレース・モレッツ )の過激なアクションシーンなどが問題視され多くの国でR指定を受けた。なお、日本でもR15+指定作品となる。

脚注 編集

外部リンク 編集

et:Kick-Assms:Kick-Ass (komik)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki