Fandom

マーベル・コミック Wiki

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(映画)

480このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(原題:Guardians of the Galaxy)は、マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給による映画作品である。日本では2014年9月13日に公開した。

同名コミックの実写映画化作品であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては10番目の映画作品となる。


ストーリー編集

1988年、地球。癌を患ったメレディス・クイルには死が迫っていた。メレディスは病室に息子ピーターを呼んで最期の贈り物を渡し、「手を握って」と頼む。しかし母の死を受け入れられないピーターが目を逸らしている間に、メレディスは息を引き取った。泣きながら病院を飛び出したピーターは、突然光に照らされて宇宙船に攫われてしまった。

26年後、宇宙海賊ラヴェジャーズの任務で「オーブ」を探すスター・ロードことピーター・クイルは、愛機ミラノ号から惑星モラグに降り立った。太古の寺院でピーターがオーブを手に入れると、オーブを狙うロナンの手下コラスとサカール兵が現れる。ピーターは大人しく譲るふりをして油断させると、サカール兵を倒してオーブを奪い返し、寺院を脱出した。起き上がったコラスに追われながらミラノ号に飛び乗ったピーターは、砲撃を躱してモラグを後にした。そこへラヴェジャーズのリーダーでありピーターの育ての親でもあるヨンドゥから通信が入る。独断で取引を進めようとするピーターを捕まえるため、ヨンドゥは賞金をかける。

戦艦ダーク・アスターに戻ったコラスは、クリー帝国のロナン・ジ・アキューザーにオーブが盗まれたことを報告していた。ザンダー星とクリー帝国の結んだ平和条約に反対するロナンは、タイタン人サノスにザンダー星を滅ぼしてもらうためにオーブを探しており、サノスの養子ガモーラ、ネビュラ、コラスを雇っていたのだ。ロナンはガモーラにオーブ奪取を命じ、ラヴェジャーズにオーブを依頼したブローカーのいるザンダー星へ向かわせる。

ザンダー星に着いたピーターはブローカーにオーブを届けるが、ロナンが狙われたことを話した途端、関わることを恐れたブローカーに店から追い出されてしまう。店を出たピーターはガモーラにオーブを盗まれて後を追い始めるが、ピーターの賞金に気付いた賞金稼ぎ、ロケットグルートはガモーラを妨害してピーターを追い始める。オーブとピーターを巡る三つ巴の戦闘の末、4人はノバ軍に逮捕された。一方ザンダー星を治めるノヴァ軍本部、クリー帝国政府がテロ行為を無視していることに憤る最高指揮官の元にロナンの部下逮捕の報が入る。一同はまとめてキルン刑務所に送られた。

揃ってキルン刑務所に収監された一同に、ガモーラはロナンを裏切ってオーブを売るつもりだったことを明かす。しかし囚人たちにはロナンに恨みを持つ者も多く、ガモーラは命を狙われていた。夜、ガモーラが囚人たちに攫われるのを見たピーターとロケットは後を着けると、そこへロナンに妻子を殺された破壊者ドラックスが割り込んでガモーラを殺そうとするが、仲裁に入ったピーターが裏切ったガモーラを生かしておけばロナンが現れると諌める。ガモーラの買い手がオーブに4億ユニットの大金を出すことを知り、ピーター、ガモーラ、ロケット、グルートは金のため、ドラックスは復讐のため、手を組むことになる。

一方ガモーラの裏切りを知ったサノスの部下ジ・アザーに呼び出され、ロナンはサノスの元へ赴く。小煩いジ・アザーを殺したロナンはこれ以上失敗は許さないとサノスに告げられ、ネビュラと共にキルンへ発つ。

翌朝ロケットが脱獄計画を説明していると、早まったグルートが警報を作動させてしまう。やむなく計画を始動させた一同は、看守をリモコんを奪い、監視塔に乗り込む。刑務所内の人口重力を切って駆けつけたノバ軍の攻撃を止めたロケットは監視塔ごと監房区を脱出、それぞれの荷物を回収してミラノ号に乗り込んでキルンを出る。一人ウォークマンを取り返しに行ったピーターを一同は見捨てようとしたが、オーブを持つピーターを待たざるをえなかった。

一足遅くキルンに着いたロナンとネビュラは、キルンを破壊して一同の捜索に出る。他方ザンダーを訪れたヨンドゥはブローカーからオーブの買い手を聞き出した。

古代人セレスティアルの頭蓋骨に開発された都市ノーウェアを訪れた一同は、賭博場で買い手を待つ。ドラックス、ロケット、グルートが賭けを楽しんでいる間、バルコニーに出たピーターとガモーラは互いの過去を語って良い雰囲気になったが、ガモーラは怒ってナイフを喉に突きつける。その頃中では酔っ払ったドラックスとロケットが喧嘩を始めていた。望まない改造を施されたことを気にしているロケットは自分を害獣呼ばわりするドラックスに銃を向けるが、あと一晩の辛抱だとピーターとガモーラが仲裁する。ドラックスはいつまでもロナンが現れないことに業を煮やして一同の元を離れた。

4人の元に従者カリーナが現れ、オーブの買い手コレクターのミュージアムへ案内する。コレクターはオーブを開いて中から紫色の石を取り出し、その正体を語り始める。石は宇宙誕生と共に生まれた6つあるインフィニティ・ストーンの一つで全世界を消滅させるほどの力があるが、力のない者には扱えず、焼き尽くされてしまうという。しかしコレクターが離れると、奴隷生活に耐えられなかったカリーナがオーブを掴んで爆発、ミュージアムは吹き飛ばされてしまう。ガモーラはストーンをオーブに戻すと、ノバ軍に保管してもらえば安全だと提案する。

しかしそこにロナン軍が現れる。ロナンとの決闘を望むドラックスが居場所を知らせたのだった。ピーター、ガモーラ、ロケットは工業用ポッドに乗り込むと、ネビュラとサカール兵の乗るネクロクラフトとの攻防戦が始まった。追い詰められてノーウェアを出たガモーラは、ネビュラにポッドを破壊されオーブを奪われてしまう。ピーターはガモーラを救うためにポッドを飛び出すと、マスクを被せて一命を取り留め、ヨンドゥを誘き出してラヴェジャーズの船に回収された。ロナンに敗れたドラックスをグルートが助けたところにロケットが合流、3人はピーターとガモーラの救出に向かう。

オーブを手に入れたロナンは中身がインフィニティ・ストーンだと知り、ストーンを取り出して武器に装備すると、サノスを裏切って自らザンダー星を滅ぼしに赴く。

ピーターを捕まえたヨンドゥは船長として制裁しようとしたが、ピーターは咄嗟にロナンを倒す奥の手があると嘯き、オーブを売って儲けようと持ちかけて解放される。和解を知らないロケットがミラノ号の部品で作ったハドロン・エンフォーサーで脅しにやってくると、ピーターが制止して3人を船に迎える。ピーターの説得に4人は立ち上がり、妥当ロナンを誓って団結した。

5人が提案したのはダーク・アスターに穴を開けて乗り込み、防護ドアの動力源を切断、飛行甲板でロナンを倒してストーンを空のオーブに回収するというものだった。ノバ軍にも援軍を頼み、ピーターたちとラヴェジャーズはザンダー星へ向かう。

ザンダー星に到着し、ラヴェジャーズの攻撃が始まった。ロケットの部隊は予定通りダーク・アスターに穴を開けたが、予想以上の敵の数にヨンドゥ機は墜落、ミラノ号も近付けなくなっていた。そこへデナリアン・サアル率いるノバ軍が到着し、援護を受けてミラノ号は侵入に成功する。ダーク・アスターの着陸を阻止するため、ノバ軍機は連結してブロック網を展開していた。飛行甲板を目指す4人は二手に分かれ、動力源を狙うガモーラはネビュラと、3人はコラスとサカール兵と戦闘になる。外ではネクロクラフトが自爆作戦を開始し、ロケットとラヴェジャーズが応戦していた。ブロック網はストーンの力に破れ、ダーク・アスターは降下をを開始した。ネビュラを倒したガモーラは仲間になるよう説得するが、ネビュラは飛び降りてラヴェジャーズの船を奪い、飛び去った。遂にロナンの元へ辿り着いた4人はハドロン・エンフォーサーで止めを刺すが、ロナンは無傷で立ち上がる。作戦は失敗したかに思われたその時、ロケット機が飛び込んで来てロナンを倒し、ダーク・アスターは墜落を始める。仲間たちを救うためにグルートは繭を作り、4人を守って木片に散ってしまった。

一同と市民の前に、またも無傷のロナンが現れる。ロナンが復讐を果たすためにストーンを振りかざした時、ピーターが踊り始めた。ピーターが注意を引いている間にハドロン・エンフォーサーを直したロケットはロナンの武器を壊し、ストーンが剥き出しになる。ピーターは飛び出して、それを掴んだ。ピーターの体が崩壊を始めると、ガモーラが手を伸ばす。ガモーラに母親の死に際を重ねたピーターは手を掴み、ドラックス、ロケットもそれに加わると、ストーンの暴走が収まった。ストーンの力でロナンを倒し、ガモーラがストーンを空のオーブに入れて戦いは終わった。

ヨンドゥが約束通りストーンを受け取りに来ると、ピーターは別のオーブを渡して絶対に開けないようクギを刺す。ピーターから本物のオーブを預かったノバ軍は、ピーターの父親が未知の古代人であることを教え、感謝の意を伝えた。さらに壊れたミラノ号を修復した上、彼らの犯罪歴を抹消してくれた。

4人と再生し始めたグルートは、ミラノ号に乗って宇宙へと旅立った。

キャスト編集

役名 役者 日本語吹替
ピーター・クイル クリス・プラット

ワイアット・オレフ(幼少期)

山寺宏一

西田光貴(幼少期)

ガモーラ ゾーイ・ザルダナ 朴璐美
ドラックス デイブ・バウティスタ 楠見尚己
グルート ヴィン・ディーゼル 遠藤憲一
ロケット ブラッドリー・クーパー 加藤浩次
ロナン リー・ペイス 白熊寛嗣
ヨンドゥ・ウドンタ マイケル・ルーカー 立木文彦
ネビュラ カレン・ギラン 森夏姫
コラス ジャイモン・フンスー 乃村健次
コープスマン・デイ ジョン・C・ライリー 大滝寛
ノヴァ・プライム グレン・クローズ 一柳みる
コレクター ベニチオ・デル・トロ 石住昭彦
メレディス・クイル ローラ・ハドック 宮島依里

Additionally, Gregg Henry makes a cameo as Peter Quill's Grandfather[23][22] Melia Kreiling appears as Bereet Tom Proctor portrays Horuz. Stan Lee makes a cameo as a Xandarian ladies' man.[26] Tomas Arana appears as a Kree ambassador. Lloyd Kaufman and Nathan Fillion cameo as inmates in the Kyln.[27][28] Alexis Denisofand Ophelia Lovibond reprise their roles as The Other and Carina, the Collector's aide, respectively.[5] Josh Brolinmakes an uncredited appearance as Thanos[29] Fred the Dog appears as Cosmo. Rob Zombie and Raed Abbasappear as Ravagers. Director James Gunn portrays a Sakaaran soldier and Dancing Baby Groot. In the post-credits scene, Seth Green voices Howard the Duck in an uncredited role.

プロダクション編集

Productionの内容を入れてください。

マーベル・シネマティック・ユニバースとの関連性編集

Continuity and References to the Marvel Cinematic Universeの内容を入れてください。

トリビア編集

Triviaの内容を入れてください。

ギャラリー編集

Galleryの内容を入れてください。

ビデオ編集

Videosの内容を入れてください。

トレイラー編集

Trailersの内容を入れてください。

クリップ編集

Clipsの内容を入れてください。

インタビュー編集

Interviewsの内容を入れてください。

外部リンク編集

External linkの内容を入れてください。

出典編集

Referencesの内容を入れてください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki