FANDOM


"聞いたでしょ!キャプテンの命令よ"
―シャロン・カーター[ソース]
シャロン・カーター(Sharon Carter)は、S.H.I.E.L.D.においてニック・フューリーの指揮の下、エージェント13として任務についていた。S.H.I.E.L.D.の本部トリスケリオンの崩壊後、CIAで働いている。叔母はS.H.I.E.L.D.創設メンバーの1人であるペギー・カーターキャプテン・アメリカの恋人でもある。

バイオグラフィー編集

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー編集

ニック・フューリーは、スティーブ・ロジャースを見守るために彼の隣人としてシャロン・カーターを偽名で配置する。カーターとロジャースは、お互いが気になる様子。ナターシャ・ロマノフはロジャースに、彼女を誘うように声をかけるがロジャースはそれどころではないようだった。フューリーがロジャースのアパートで撃たれたときに、カーターが駆けつけ、自分はエージェント13だとロジャースに身分を明らかにする。救援が来るまで彼女はフューリーに付き添うが、フューリーは死んでいるように見えた。その後、彼女はアレクサンダー・ピアースのもと、ロジャースを追い詰めるためのチームの一員として働く。だが、ロジャースがS.H.I.E.L.D.本部のスピーカーをハイジャックし、ヒドラの計画を明らかにしたとき、彼女はロジャースを助け、真のS.H.I.E.L.D.をつくることに協力した。彼女は後にS.H.I.E.L.D.の崩壊後、CIAに参加する。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ編集

追記


キャラクター特徴編集

若くて積極的。シャロンは道徳的価値観を持っていて、倫理的におかしいと思った時は立ち上がることも恐れない。


力と能力編集

S.H.I.E.L.Dのエージェント13は、銃器や武器の扱いに熟達していて、格闘家としての訓練も受けている。


相関関係編集


登場作品/俳優編集

マーベル・シネマティック・ユニバース(映画2本)


舞台裏編集

  • エミリー・ヴァンキャンプがシャロンとしてキャスティングされる前は、アンナ・ケンドリック、フェリシティ・ジョーンズ、イモージェン・プーツ、テレサ・パルマー、アリソン・ブリー、エミリア・クラーク、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、エリザベス・オルセンとジェシカ・ブラウン・フィンドレイが配役として考えられた。


トリビア編集

  • コミック版では、シャロンが洗濯をしていた時、自分が「不眠症」だと電話で彼女の叔母に話したことをスティーブに伝えたなれそめが描かれているが、映画では語られない。
  • キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』においてアマンダ・リゲッティが演じた無名のS.H.I.E.L.D.のエージェントは、スティーブが長い眠りから目覚めたときに、ペギーとシャロンの2人にも関わる数字「コード13」と緊急コールした。


ギャラリー編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki