FANDOM



イベント概要 編集

反ミュータント・プロバガンダの台頭 編集

ミュータント人口の激増で、反ミュータント感情は高まった。平和のための活動や、ミュータントのスーパーヒーロー活動を行っても危険とみなされた。反ミュータントは抗議を行い、集会はアメリカ合衆国で現れ始め狂暴になった。ワシントンD.C.での「マーチ・オブ・ピュリティー」において正しき主唱者ヘンリー・マッコイ博士は、反ミュータント抗議者によって撲殺された。[1]

オールバニ 編集

少女の力が炎を伴う爆発で明らかにされた後、反ミュータント感情は法的牽引を得る。レポートには爆発がフェニックスのように見えたとあった。爆発でニューヨークのオールバニを平らにし、およそ60万人が死亡した。[2]

ディシメーション 編集

オールバニ事件で「ミュータントの脅威」という彼らの性格がはっきりしたと反ミュータント法律が進み、アメリカ政府はミュータントを探すロボット、エクソニムスの作成を認可した。[3]

エクソニムスは定量生産に入り、ミュータントとミュータントと同じ系統の人間を集め始める活動を開始。ミュータントは逮捕されるか殺害された。数ヶ月でミュータント人口は大幅に減少。ミュータント人口の低下は「ディシメーション」として知られるようになった。[4]

次に標的にはミュータントを持つ人間の家族も狙われるようになり、X遺伝子を増殖させないために避妊や禁固にされた。研究者はミュータントの状態を消すための「キュア」を開発するよういらいされた。[3]

世界中でミュータントは少しも平等ではなかった。イギリスではミュータントをアイルランドの小さな島に追放しようとした。しかし、船は彼らの目的に決してたどり着かなかった。かわりにミュータント過激派によって解放され、大部分のミュータントはカナダとアメリカに逃亡した。彼らはミュータントを助けるか、または逮捕された。人気のスーパーヒーローチーム、ファンタスティック・フォーはミュータント逃亡者をかくまっていたために、公的に検挙された。ミュータントがスー・ストームの息子フランクリンを負傷させたことで彼女は事件を報告した。[5]

フォートレスX 編集

反ミュータント感情の中で、マグニートーとして知られるミュータント・テロリストはサンフランシスコ、ジェノーシャ、バトンルージュ、ニューヨーク市でミュータントを開放するために組織した。マグニートーもブラザーフッドとアコライツのようなミュータント権利組織を発足。

力を誇示しミュータントを結集するために複数の摩天楼をマンハッタンから奪い、ミュータントを守るために磁気制御をつかって要塞化した。現在、マグニートーは彼の拠点を維持して、ミュータント種族の最後の姿勢として集まるよう勧誘した。マグニートーと彼の支持者は多数のテロ行為を行い、アメリカ政府はこれら最後のミュータントを追い詰めるために人間のヒーローの先鋭チームを集めた。[6]

読むべき順番 編集

  • Age of X: Alpha #1
  • X-Men: Legacy #245
  • New Mutants Vol 3 #22
  • X-Men: Legacy #246
  • New Mutants Vol 3 #23
  • Age of X Universe #1
  • X-Men: Legacy #247
  • New Mutants Vol 3 #24
  • Age of X Universe #2
  • X-Men: Legacy #248
  • X-Men: Legacy #249

リンクとリファレンス 編集

  1. Historical Log 1A: March of Purity
  2. Historical Log 2B: The Phoenix destroys Albany
  3. 3.0 3.1 Age of X: Alpha #1
  4. Historical Log 3C: Mutant-Hunting Exonims begin "The Decimation"
  5. Historical Log 4D: Fantastic Four arrested
  6. Historical Log 5E: Avengers Tasked with Hunting Mutants

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki