FANDOM



イベント概要 編集

荒廃したニューヨークシティ。その上には強大な要塞が浮遊している。廃墟となった都市でホークアイは人々を襲うグループを襲撃し、グループがオウルとハンマーヘッドに率いられているのを知る。ホークアイは彼らに対処しながら地下室に捕らわれていたスパイダーマンを助けだす。しかし、ウルトロンの衝撃波によって攻撃され、オウルはウルトロンに対して取引したとことを主張し説得を試み、その隙にスパイダーマンとホークアイは脱出に成功する。脱出後、ホークアイとスパイダーマンはセントラルパークの破壊されたヘリキャリアにやってきて、ルーク・ケイジとシーハルクに直面する。彼らはホークアイとスパイダーマンを捕えてウルトロンによる感染症にかかっていないかを検査される。ホークアイはヒーロー達がスパイダーマンを見捨てたことを批判するも、アイアンマンはキャプテン・アメリカが取り組んでいると話す。しかし、落ち込んで見えるキャプテン・アメリカのそばには粉砕されたシールドがあるのだった。[1]

壊滅するサンフランシスコの通りで、顔の一部に傷を負ったブラックウィドウは、一般人に襲われ遠距離からムーンナイトに助けられる。その後、彼女は人々がウルトロンに殺される中でニック・フューリーの古い基地でムーンナイトと出会う。ニューヨークでスパイダーマンは事件が起きた時のことを思い出していた。如何に突然の出来事で世界が攻撃を受けているのを知ったか。ヒーロー達はウルトロンがなぜ世界を降しているのに、オウルやハンマーヘッドのような低レベルな犯罪人と取引しているのか考え、キャプテン・アメリカが立ちあがり彼らに案があると話す。[2]

荒廃するニューヨークを歩くルーク・ケイジとシーハルクは、ウルトロンと会うための準備をするためにシーハルクは自身を殴らせ気絶させる。数時間前、キャプテンは捕まっていたスパイダーマンが取引されるはずだったことから、誰かを取引の材料として持っていきウルトロンの要塞に入り襲撃することを提案する。すでに死亡しているソーやハルクの代わりに、ルーク・ケイジとシーハルクがその任務に就いた。一方、シカゴでレッドハルク、タスクマスター、ブラックパンサーは共に動き、ウルトロン・センチネルを破壊すべく行動するもブラックパンサーは死亡する。ニューヨークでルークはシーハルクを担いでウルトロン・センチネルと接触。彼らは取引するために要塞へと案内される。しかし、そこにいたのは上半身だけとなっていたヴィジョンだった。[3]

ウルトロンの要塞でルークはなぜヴィジョンがここにいるのか尋ねると、彼はウルトロンが人類を罰するパイプとして未来から彼がコントロールしていると答える。その間にシーハルクは目覚め、ルークを逃がすために彼を要塞の外へと投げ、ウルトロン・センチネルの前に死亡する。要塞の外でルークはウルトロンを退けていくも、最終的に核攻撃を受けるのだった。一方、サンフランシスコでブラックウィドウはニック・フューリーによって考案される終末のシナリオを読み、サベッジランドにその鍵があることを知る。シカゴではレッドハルクがタスクマスターを待ち伏せし、ウルトロンテックと共に逃げようとした彼を殺害する。8日後、サベッジランドへと逃れたヒーロー達はケイザーと遭遇し、ルークが生きていることを知らせる。ウルヴァリンの嗅覚とエマ・フロストのテレパスで確認され、彼が核爆弾による攻撃瀕死の状態であることを知る。そして、エマはウルトロンによって操作されるヴィジョンを媒体にウルトロン・センチネルが未来から来ていることを知る。そして、ヒーロー達はニックの計画によってやってきたブラックウィドウ、ムーンナイト、レッドハルクと出会う。[4]

サベッジランドでヒーロー達は隠されたベンカーを訪れ、そこでニック・フューリーと遭遇する。彼が現在ウルトロンを破るためにドクター・ドゥームのタイム・プラットフォームを使く計画をしていた。アイアンマンはウルトロンが自分達が来たときのための準備をしているだろうと指摘する。ウルヴァリンはすでに失われた命を救うために、未来ではなく過去に戻りウルトロンを作りだす前にハンク・ピムを殺害することを提案する。しかし、ピムがしてきた良い行いのために、多くの人物がその考えに同意しなかった。ヴァルキリーはピムにウルトロンを作らないよう説得することを提案するが、ウルヴァリンは結局彼は作るだろうと指摘する。結局、一部のヒーロー達、キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ニック・フューリー、レッドハルク、ストーム、クイックシルバー、クエイクはフューリーが蓄えていた武器を持って未来へと旅立つ。彼らが去った後、ウルヴァリンは残ったヒーロー達にピムを殺す計画を実行すると話すのだった。[5]

結局、過去へとやってきたウルヴァリンだったが密かにスーザン・ストームも来ていたことを知る。彼女はウルヴァリンがピムを殺害するのを止めるためにやってきたと話す。そこへやってきた過去のフューリーが乗っていた車を奪って2人はピムの下へと飛び立つ。一方、未来にやってきたヒーロー達はスーザンがいないことを知るが、ウルトロンへの攻撃を開始する。しかし、大量のウルトロン・センチネルの前にヒーロー達はなすすべなく破られていく。過去ではピムの研究所にやってきたウルヴァリンとスーザンだったが、結局彼女は自身の家族、友達を救うためにピムを殺すしかないと話すウルヴァリンを止めることができず、彼はピムの喉を切り殺害するのだった。[6]

ウルヴァリンとスーザンは現代へと帰還しするも、彼らの知る世界とは大きく異なっていることに気づく。スーザンはクリーがいることを知り、クリースクラルウォーが地球で起きてしまったと推理する。2人はサベッジランドを去ってニューヨークへやってくると、複数のヘリキャリアによって隔離されているのを見る。彼は現在のディフェンダーズによって襲撃され、2人を見てディフェンダーズは驚く。スクラルではないかと疑い、結局彼らは戦い始める。2人はディフェンダーズによって鎮圧されて、彼らがスクラルではないと理解する。そこへ何が起きているのか質問をしにサイボーグとなっているトニー・スタークが到着するのだった。[7]

捕らわれたウルヴァリンとスーザンはプロッフェサーXとエマの精神鑑定で、2人が別の時間軸の人物であることを知り驚く。トニーはこの記憶が本物であると認めるが、モーガン・ル・フェイの差し金のスパイだと疑っている。トニーはウルヴァリンと会い、ソーがラトベリアとアスガードの間の戦争によっていなくなり、自身も怪我を負ったこと話し、モーガンによって世界の半分が支配されたことを説明する。さらに彼はハンク・ピムを殺害したことで科学が魔法に敗れ、ウルヴァリンが世界を壊したと話した。この時間軸でのシングがスーザンを救おうと、ウルヴァリンが自身と話そうとするためにヘリキャリアにやってくる。トニーはウルヴァリンに彼がピムを殺害する代わりに、ウルトロンを止めるためのウィルスを仕込んでおくことをさせるべきだったとは責める。逃げ出していたスーザンだったがトニーに発見され攻撃されるも、そこへモーガン・ル・フェイによる襲撃が起きる。大量のドゥームボットと彼女の攻撃によって2つのヘリキャリアがニューヨークの中心に落とされるのだった。[8]

モーガン・ル・フェイによって落とされたヘリキャリと共に多くのヒーロー達が死亡した。5日後、ウルヴァリンは目覚めて瀕死のトニーが、時間は生きていてあまりに多く時間を引き裂くことになれば壊れてしまうと話す。しかし、ウルヴァリンはまた過去へと向かうのだった。過去においてピムを殺そうとするウルヴァリンを止めるために、時間軸が大きく変わった現在からやってきたウルヴァリンがくる。ウルヴァリンはピムを殺すことで起きる未来を話し、ウルトロンを作る歴史を続かせなければならないと話す。ピムはより良いA.I.を作ることができ、シャットダウンで変わることができると話す。スーザンがそこへ訪れ彼がそれを忘れなければならないと言う。サベッジランドへ戻ってきたスーザンと2人のウルヴァリンだったが、現代に戻るのはどちらか一方のウルヴァリンであると話し、彼らは洞窟に入り1人だけ戻ってくる。アベンジャーズ・マンションではピムが彼を「パパ」と呼ぶウルトロン1を生み出すのだった。[9]

現在、ハンク・ピムは彼の研究室で、密かにスーザンによって置かれたパッケージを発見する。彼はそこから映像を再生して、より若い自身のメッセージを見てウルトロンが戻り永久に止める方法があることを話す。数ヶ月後、スパイダーウーマンを救い出すためにアベンジャーズはインテリジェンシアの本部を攻撃するが、ウルトロンが復活してしまう。ウルトロンが復活した時、ハンク・ピムは彼が与えられたウルトロンを止める方程式をトニーにアップロードさせる。そして、ウルトロンをシャットダウンするコードが完全にアップロードされてウルトロンは破壊された。スーザンとウルヴァリンは過去から現在に戻り、正常な世界に安堵する。彼らが祝う前に大きな振動と共に時間と空間が傷づけられる。アベンジャーズタワーではハンク・ピム、アイアンマン、ビーストがウルヴァリンによる度重なるタイムトラベルが、時空連続体にあまりに多くのストレスを与えすべての多次元を傷つけたと理論をだす。アルティメット・ユニバースでは閃光と共にアース616のギャラクタスが出現し、アース-616にアンジェラがやってくるのだった。[10]

タイイン 編集

  • Avengers Assemble Vol 2 #14AU
  • Avengers Assemble Vol 2 #15AU
  • Fantastic Four Vol 4 #5AU
  • Fearless Defenders #4AU
  • Superior Spider-Man #6AU
  • Ultron #1AU
  • Uncanny Avengers #8AU
  • Wolverine and the X-Men #27AU

余波 編集

  • Avengers A.I.
  • Guardians of the Galaxy Vol 3 #5-7
  • Hunger
  • Indestructible Hulk #11-15

リンクとリファレンス 編集

  1. Age of Ultron #1
  2. Age of Ultron #2
  3. Age of Ultron #3
  4. Age of Ultron #4
  5. Age of Ultron #5
  6. Age of Ultron #6
  7. Age of Ultron #7
  8. Age of Ultron #8
  9. Age of Ultron #9
  10. Age of Ultron #10

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki