FANDOM


The-evolution-of-captain-americas-uniform-uso-2 この記事はあなたの編集を待っています!!
編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!
(ページ下部のEnglishから英語版のページに行けます。)
書きかけの記事については書きかけのページについて


ローガンまたはウルヴァリンとしても知られるジェームズ・ハウレットは、カナダ出身のミュータントである。彼の異母兄弟ビクター・クリード(セイバートゥース)もミュータントであった。彼はミュータントとしての特徴を複数備えている。その一つが両手の拳から飛び出す鋭利な爪である。この他、聴覚や嗅覚にも秀で超人的な強度、負傷してもすぐ回復する非常に高い治癒能力(ヒーリングファクター)などを持つ。後年、骨格と爪が人工的に特殊合金アダマンチウム化され、ほぼ破壊不可能な体になった。治癒能力の影響で歳をとらず、ほぼ不老不死に近い。

経歴編集

ミュータントとしての覚醒編集

ジェームズ・ハウレットは1832年のカナダに生まれる。幼少期のジェームズは、病弱な少年だった。彼のミュータント・パワーは発現したのは、1845年のある夜、母エリザベス・ハウレットの下へ怒鳴り込んだ使用人のトーマス・ローガンによって父ジョン・ハウレットが銃殺される現場を目撃した時だった。打ちひしがれたジミーは骨格が急激に成長し、両手の指の付け根から生えた爪でローガンを刺した。死の間際、トーマスは自分が実の父であるとジミーに明かして息を引き取る。怯える母の前で動揺するジミーは、すでにミュータントとして覚醒していた異母兄ビクター・クリードと屋敷から逃走した。

南北戦争と二度の世界大戦編集

ジミーとビクターは南北戦争で北軍に参加し、第一次世界大戦と第二次世界大戦ではどちらも連合軍に加わった。

1945年、ジミーは日本軍の捕虜となり長崎の収容所に囚われていた。8月9日、長崎に原子爆弾が投下されると、日本兵たちは捕虜を逃がし始めた。収容所の指揮官たちが切腹する中、ハウレットは自分を助けようとした日本兵ヤシダの切腹を止めた。2人は迫る爆風から逃れようと、重い金属の覆いをかけられた枯れ井戸に避難した。ジミーは金属製の蓋をヤシダに押し付けて爆風から守り、自分は肌を焼かれた。ジミーの肌が能力で回復するところを見たヤシダは驚きを見せたあと、井戸から出ようとした。しかしジミーは安全になるまで中にいるよう諭した。ヤシダは命を救ってくれた礼としてジミーに日本刀を授けようとしたが、彼はいつか受け取りに来るまで待つように頼んだ。やがて安全になってから2人は外に出た。

エグゼビアとレーンシャーの訪問 編集

1962年、各地のミュータントを仲間にしようと動いていたチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)エリック・レーンシャー(マグニートー)が、初めてセレブロで感知した数名のミュータントの中にジミーがいた。ミュータントによる世界支配を企む集団ヘルファイア・クラブとの戦いに彼を呼び込もうとした2人はバーにいるジミーのもとを訪れた。しかし、2人が説明し始める前に彼は「おとといきやがれ」と言い放って、彼らを追い返した。ジミーは出ていった2人に少し目をやってから、もう一杯酒を注文したのだった。

ベトナム戦争編集

1973年、ジミーはニューヨークにおり、マフィアのボスの娘と一夜を共にしたのだった。

その後、ジミーとビクターはアメリカ軍の一員としてベトナム戦争に参加した。ビクターは村の女性を襲うのを止めようとした同僚を殺害し、武装した友軍の兵隊に囲まれた。この時、ハウレットは兄に味方し、爪を出して戦った。だが、2人は捕らえられてすぐさま銃殺刑に処された。治癒能力によって銃殺刑を生き延びた2人は、彼らがミュータントであることを知るウィリアム・ストライカー少佐の秘密部隊チームXに勧誘された。チームXには他にテレポート能力者のジョン・ライス、頑強な肉体を持つフレッド・デュークス、エージェント・ゼロと呼ばれる狙撃手デヴィッド・ノース、電気を操るクリス・ブラッドリー、そして剣術使いウェイド・ウィルソンがいた。アフリカでのアダマンチウムの探索任務中、ジミーは他のメンバー、特に血に飢えたビクターが喜々として無実の人々を殺すことに嫌気がさし、チームXを去った。

恋人の死と復讐の旅編集

6年後、カナダに戻ったジミーは実の父親の姓であるローガンを名乗り、木こりとして女性教師ケイラ・シルバーフォックスと共に静かで平穏な生活を送っていた。ある日、ローガンを探していたビクターにケイラが殺された。怒りをあらわにしたローガンはビクターを探して戦いを挑むが敗れ、片腕の爪をへし折られてしまう。

ビクターに復讐するため、ローガンはストライカーの誘いに応じ、骨格と爪にアダマンチウムを結合するウェポンXプログラムの強化手術を受け入れた。手術前、ローガンは認識票に生前ケイラが聞かせてくれた伝承から引用したウルヴァリン(クズリ)の名を刻むようストライカーに頼む。ヒーリングファクターの能力で耐え難い激痛を乗り越えて手術は成功する。しかし手術はローガンをミュータント兵士「ウェポンX」とするものであり、ストライカーが彼の記憶を消し、そのDNAを更なる実験に利用しようと企んでいたと知り、ローガンは実験場から逃亡した。

追跡してきたエージェント・ゼロたちを全滅させたウルヴァリンは、かつて共に戦ったジョン、フレッドと接触し、ストライカーのミュータント実験施設について尋ねる。その施設はスリーマイル島にあり、潜入するには施設から唯一生還したミュータントで「ガンビット」として知られるギャンブラー・レミー・ルボーの力が必要だった。ニューオリンズでガンビットを探している間、ウルヴァリンはビクターとの再戦を果たし勝利した。怒り狂っていたウルヴァリンは兄を殺す寸前だったが、ガンビットの妨害により逃がしてしまった。

ガンビットの協力でスリーマイル島に着いたウルヴァリンは、ケイラの正体がミュータントで死を偽装していたこと、ストライカーに命じられてウルヴァリンを監視していたことを知り愕然とする。しかし、ケイラが心からローガンを愛していたことを知ると彼は落ち着きを取り戻した。ウルヴァリンはまたもビクターに襲い掛かったが、命を奪うことはなかった。ウルヴァリンはストライカーの施設に捕らわれていたケイラの妹エマスコット・サマーズら若いミュータントたちを解放して出口に向かった。だが、そこに今や「ウェポンXI」となったウェイドが立ちはだかった。彼の口はふさがれ複数のミュータントのパワーを併せ持っていたが、ウルヴァリンはビクターと協力してウェポンXIを倒した。そしてビクターはウルヴァリンを殺すのは自分だと語って立ち去った。

ケイラを連れて島を脱出する直前、ウルヴァリンはストライカーにアダマンチウム製の弾丸で頭を撃たれた。瀕死のケイラの能力でストライカーを追い払うが、回復して目覚めたウルヴァリンは頭に受けた銃弾のために記憶が失われていた。傍らにケイラの死体が横たわっているものの彼女が何者なのかわからず、駆け付けたガンビットにローガンという名を教えてもらえた以外、過去を知る手掛かりのないまま彼は島を立ち去った。

X-MENへの参加編集

十数年後、カナダでケイジ・ファイトで賞金を稼いでいたローガンはある晩、ローグというミュータントの少女に出会った。彼女はローガンがアダマンチウムの爪を拳から出すところを目撃した。彼はすぐトラックへ立ち去ったが、ローグは荷台に身を隠していた。それに気付いたローガンは彼女に荷台から降りるよう言ったが、気を変わり助手席に乗せた。

森を走行中、二人はより獰猛化しセイバートゥースと呼ばれるようになっていたビクターの襲撃を受けた。記憶を失っていたローガンはビクターと戦うが、敗れて気を失った。セイバートゥースがさらに攻撃を仕掛けようとすると、サイクロップスとして成長したスコットと天候を操るミュータントストームが現われた。二人はローガンとローグを助け、彼らが暮らす恵まれし子らの学園へと連れ帰った。

ローガンは学園の設立者・プロフェッサーXの助手ジーン・グレイの治療で意識を取り戻す。医務室から逃げ出し施設内を歩き回った彼は、そこがミュータントがパワーをコントロールする術を学ぶ特別な学校だと知る。プロフェッサーXはローガンにXメンとして学園に留まり、失った過去を探るよう提案した。ローガンがサイクロップスの恋人であるジーンに好意を抱いたことで、2人の間に対抗意識が生まれる。

やがて、ローグの能力を利用して人間をミュータント化する装置を動かそうと企むマグニートー(エリック・レーンシャー)たちに彼女が誘拐されると、ローガンはX-MENと共にニューヨークへ向かい、マグニートーに従うミュータントミスティークに傷を負わせ、サイクロップスの光線を利用してセイバートゥースを自由の女神から弾き飛ばした。そしてローグを解放し、マグニートーの計画を打ち砕いた。

負傷から回復し再び学園で目覚めたローガンはジーンに好意を打ち明ける。Xメンの勝利を祝してプロフェッサーXはローガンに過去を探る手掛かりとしてカナダのアルカリ湖に関する情報を教えた。

過去の亡霊とミュータントの団結編集

サイクロップスのバイクを駆ってアルカリ湖にたどり着いたローガンは、古く打ち捨てられた工場があっただけの光景を見て失望し、恵まれし子らの学園に戻ってきた。ローガンはプロフェッサーXが不在の間、子供たちの面倒を見るよう頼まれる。その夜中、かつてローガンに強化手術を施した張本人ストライカーの軍隊が施設に侵入しセレブロを探し始めた。ローガンは兵士たちの襲撃からミュータントの子供たちを守って戦った。彼はローグと彼女の恋人であらゆるものを氷結化できるボビー(アイスマン)、体を金属化できるピーター(コロッサス)、炎を自在に操るジョン(パイロ)らにこの場から逃げるよう諭した。そしてローガンは脱出の最中にストライカーと再会するが、記憶を失っている彼にはストライカーが何者か思い出せなかった。ローグ、ボビー、ジョンと学園を脱出したローガンは、ボストンにあるボビーの実家に向かった。

残りのXメンと合流したローガンは、ブラックバード・ジェットで飛行中にストライカーからミサイル攻撃を受けた。墜落寸前のジェットを救ったのは、脱獄したマグニートーであった。ミスティークを伴ったマグニートーは、ストライカーがアルカリ湖の地下施設でプロフェッサーXと密かに建造したセレブロのコピーを使い、全てのミュータントを殺そうとしていると言ってXメンに共闘を申し出る。ローガンたちはこれに同意した。その夜、ローガンはジーンにキスしたがスコットを愛していると言われ拒絶された。これを見ていたミスティークはジーンの姿に変身してローガンのテントに忍び込む。だが、ローガンは自由の女神での戦いで自分がミスティークにつけた傷がこの”ジーン”の腹にあることに気づいて見破ると、気分を悪くしてミスティークを追い出した。

アルカリ湖の施設に潜入し、壁に爪痕を見つけたローガンは、記憶とアダマンチウムの骨格を得た経緯を少しずつ思い出し始める。ストライカーはウルヴァリンを創ったのは自分だと認め、ローガンと同じくアダマンチウムの骨格と爪を持つミュータント、レディ・デスストライク(ユリコ・オオヤマ)を刺客として放つ。戦いは激しく続き、ローガンは彼女を殺さざるを得なかった。ほかのXメンがプロフェッサーX、サイクロップス、ミュータントの子供たちを救出している間、ローガンはストライカーを追った。

ローガンはヘリで脱出しようとしたストライカーを鎖で縛りあげて施設の前に残し、立ち去った。施設の地上部分のダムが崩壊したとき、ジーンは自らを犠牲にして仲間たちの乗るブラックバードを守って命を落とした。サイクロップスは悲しみ、ローガンは後に彼女がサイクロップスを選んでいたことを伝えた。

キュアを巡る戦い編集

ローガンはジーンの死から立ち直れないサイクロプスの代わりとして、恵まれし子らの学園において、より大きな役割を果たすようになっていた。彼は「デンジャー・ルーム」と呼ばれる学園内の施設で訓練を担当した。ローガンは、生徒たちはまだ戦いの準備ができていないと感じていた。

世間では、ミュータントの突然変異を抑制する「キュア」が開発され、ミュータントと人間の対立が激化していた。時を同じくして、アルカリ湖へ向かったサイクロプスが行方不明となり、死んだはずのジーン・グレイが発見された。彼女は潜在的なパワーを開放して助かったが、かわりに、かつてプロフェッサーがパワーを抑止して封じ込めた凶暴な二重人格「フェニックス」に意識を支配されていた。Xメンはジーンを追ってその実家まで訪れたが、そこにはマグニートー率いるブラザーフッド・オブ・ミュータンツの姿もあった。Xメンとブラザーフッドは休戦してフェニックスとの交渉を行ったが、プロフェッサーはフェニックスの怒りを買い、肉体をバラバラに分解されたのだった。

フェニッククスを仲間に加えたブラザーフッドがアルカトラズ島にある「キュア」の研究施設を襲撃すると、ローガンはプロフェッサーを失ったXメンを指揮して戦った。ローガンはビーストとともにマグニートーを相手に戦い、「キュア」のダートをその胸に打ってマグニートーを無力化した。さらに、暴走するフェニックスを制止しようとしたが、つかの間蘇ったジーン自身の意識の懇願に応じて、ジーンを爪で刺し殺したのだった。

追憶 編集

失われた記憶を徐々に取り戻しつつあったローガンは、日本人の女性が店員を務めるバーで酒を飲んでいた。女性に日本語でアメリカ人かと聞かれたローガンはカナダ人だと答えた。続いて、飲んで忘れたいことでもあるのかと尋ねられると、思い出したいことがあるのだと話した。

日本への招待編集

ローガンはカナダの山林で世捨て人同然の暮らしを送っていた。ある日、ハンターの毒矢によって殺された野生の熊を見つけると、ローガンは残虐な行いを咎めるために酒場でハンターたちと対面した。ローガンはハンターたちと争いになったが、日本人の女性ユキオがローガンに加勢した。彼女は第二次大戦中にローガンが救った日本兵ヤシダの使いであった。戦後、実業家として成功し、地位と財産を得たヤシダは年老いて病床にあり、死期を悟ったヤシダはローガンに会いたがっていた。ローガンは一度は拒否するものの、ユキオとともに日本へ向かうのであった。

病床のヤシダはローガンに、かつて命を救ってもらった礼として彼を生き地獄から解放させてあげようと告げた。ローガンはこれを断るが、その夜、ヤシダは息を引き取った。

ローガンはヤシダの孫娘マリコと共に葬儀に参列した。だが、葬儀中にヤクザに襲われたマリコをかばい、彼女を連れて逃走する。ヤクザとの戦いの最中、ローガンは本来の力を発揮できずに苦戦を強いられた。ヤシダの主治医である白人女性Dr.グリーン(ヴァイパー)の策略によって、彼の治癒能力は吸い取られていたのである。

やがて長崎へたどり着いた2人は一時の安息を得て、互いに惹かれあっていく。だが、ローガンが目を離した隙に、マリコはヤクザたちに連れ去られてしまう。ローガンとユキオはマリコを取り戻すため、ヤクザを率いるマリコの父シンゲン・ヤシダと対決し、奪われていた治癒能力を取り戻した。さらにローガンはヴァイパー、謎のパワードスーツシルバーサムライと戦った。戦いの最中、シルバーサムライはその正体を現した。全ては不老不死の力を得ようとしたヤシダの陰謀だった。一度はヤシダに治癒能力を奪われそうになったものの、マリコとユキオの協力で形成を逆転したローガンは、「サヨナラ」と約束通りに別れを告げ、ヤシダを倒したのだった。

空港での再会 編集

日本での戦いから2年後、ローガンはカナダの空港で思わぬ人物に出くわした。それは、パワーを取り戻したマグニートーであった。マグニートーはそのパワーでローガンの攻撃を制すると、暗黒の力が迫っていることを教えた。ローガンが信じられないと口にすると、マグニートーは自分を信じなくてもよいと言ってローガンの背後へ視線を向けた。そこには、死んだはずのプロフェッサーXが居た。困惑するローガンにプロフェッサーは、かつて言ったように特別な力を持つのは君だけではないと語るのだった。

暗黒の未来 編集

2023年、ミュータントと彼等を助ける人類は対ミュータント兵器センチネルによって絶滅の危機に瀕していた。ローガンは再びXメンに加わっており、その爪はマグニートーの力によって再びアダマンチウムで覆われていた。中国の山奥の修道院でキティ・プライド達と合流したとき、プロフェッサーとマグニートーは、1973年に起きたミスティークによるセンチネル開発者ボリバー・トラスク博士暗殺事件がセンチネルの開発へと繋がった経緯を説明した。キティ・プライドの新たな能力を使い、1973年へと戻ってトラスク暗殺を阻止しミスティークを護るというアイデアが提案されたが、遠すぎる過去に飛ばされると精神が破壊される恐れがあった。ローガンは自身の長命と治癒能力なら耐えられると考え、過去への旅に志願した。

二度目のチャンス編集

ローガンの意識は、1973年のニューヨークで眠る過去の彼自身へと転移したのである。

歴史改変の最中とその後の改変後のタイムラインにおけるウルヴァリンについては、ウルヴァリン/ジェームズ・ハウレット(アースTRN414)を参照

性格編集

気が短く好戦的で、時として怒りに任せて暴れたりもする。チームや組織で行動するより単独で行動することを好むが、義に篤く仲間思いである。彼は一般的に防御より攻撃を優先します。また相手に対する皮肉などで、意外なユーモアセンスを秘めている。

力と能力編集

治癒能力(ヒーリングファクター)、復活能力編集

ウルヴァリンは体に受けた傷を負っても(損傷の度合にもよるが)急速に細胞、筋肉、骨、手足や臓器を再生することができる。肉体を大きく損傷し臨床的な死に達しても、傷跡もなく内外すべての損傷を回復させて復活する。復活後の彼の身体および精神は常に20代のピーク状態にある。ただし脳に損傷を受けた場合、脳昨日は完全に回復るが損傷以前の記憶は失われている。この能力とアダマンチウムはウルヴァリンが実質的に不滅の存在として成り立たせている。

不老不滅の肉体編集

ウルヴァリンは肉体が滅ぶこともなければ20代に成長して老化が止まり100年以上も全盛期の肉体を保っている。恒久的に無限の生命力を有しているがゆえに、彼は感情的に、精神的に疲れ苦しむことがあり、言わば生の苦しみから解放されないという苦悩を抱えている。

高度な免疫力編集

ウルヴァリンはすべての毒素や病原菌、放射線、感染症など身体に及ぼす有害な異物に対する免疫力を持っている。肉体的にも精神的、遺伝的にも完璧なミュータントである。ただしウルヴァリンには麻酔も効果がなく、アダマンチウム注入時には一時的に仮死に至るほどの激痛を伴っている。

超人的な感覚編集

ウルヴァリンの視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚、そして本能はすべて超人的なレベルと精度を有している。完全な暗闇の中でもその感覚は維持され、遠方の存在を通常の人間よりも身近に感じ取ることができます。彼の聴覚は人間が聞き取れない音域を感知し、遠方の音も聴き分けられる。アダマンチウム結合手術時、ローガンはこの能力でストライカーの会話を聴き記憶を消される前に逃げ出した。またその嗅覚をもって対象を追跡することも可能だ。また、彼の研ぎ澄まされた本能は相手の嘘や弱点を察知し、危険を感知することも可能だ。

環境適合能力編集

超高度な存続能力を有するウルヴァリンは異質な環境、条件、状況で生き残るために心体を適応させ、生命活動を維持させられる。また彼のたくましいボディ、完璧なプロポーションボディは時間や食料摂取量に関係なく維持される。

超人的なパワー、スピード、持久力 編集

超人的な力と耐久性を有すウルヴァリンは、5トンの加重でベンチプレスができる。時速100㎞ほどで走ることができ、カナダ潜伏時に伐採現場からケイラの車まで疾走した例がある。また、オリンピック選手級の人間よりもはるかに長いために物理的に行動できる持久力を有している。

アダマンチウムの骨格 編集

ウルヴァリンは、アフリカで発見された地球上で最も高い硬度を持つ超金属:アダマンチウムが結合されたことで、その筋骨格と両手の爪は不滅にして強靭なものとなった。パワーと耐久力も相乗的に強化され、その爪や骨を打ち砕くことは容易ではない。まさにウルヴァリンの不動の強さを象徴する特徴である。

装備物編集

Paraphernaliaの部分を記入してください。

装備編集

Equipmentの部分を記入してください。

移動手段編集

Transportationの部分を記入してください。

武器編集

Weaponsの部分を記入してください。

吹き出し編集

Speech Bubbleの部分を記入してください。

ノート編集

  • ヒュー・ジャックマンが「X-MEN」シリーズ8作品においてウルヴァリンを演じた。『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の少年時代のウルヴァリンはトロイ・シヴァンが担当した。
  • 映画「X-MEN」シリーズ全てに登場したのはウルヴァリンとプロフェッサーXの2人のみである。そして全作に出演した俳優はヒュー・ジャックマンのみである。
  • ヒュー・ジャックマンは原作コミックのウルヴァリンよりはるかに背が高い。

スタン・リーによる創作秘話編集

Creation by Stan Leeの部分を記入してください。

トリビア編集

Triviaの部分を記入してください。

参考リンクと出典編集

Links and Referencesの部分を記入してください。

More編集

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート編集

Footnotesの部分を記入してください。

出典編集

Referencesの部分を記入してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki