FANDOM



ヒストリー編集

ウィル・シンプソンズはニューヨークの警官である。

トリッシュ・ウォーカーがラジオ番組でキルグレイヴを挑発し、彼女を殺害しようとキルグレイヴが彼女の元にウィルを送り込んだ。助けに来たジェシカによってトリッシュはスフェンタニルで仮死状態になり、ウィルに本当に殺されずに済む。

ウィルはキルグレイヴに彼女の死を報告したが、彼はウィルに屋上からジャンプするように命令した。命令通りにしようとした時にジェシカが現れ間一髪で気絶させゴミ置場の上に落下する。目覚めてキルグレイヴの支配が解けたウィルは、混乱しつつもその場を去った。

ウィルは、トリッシュを殺害してしまったという呵責に負われ警官仲間を連れてトリッシュのアパートに戻る。インターホンを鳴らしても反応がなかったため押し入ろうとする。ところがジェシカがドアを開けていきたトリッシュが出てきたためウィルは非常に驚いた。

ことの経緯を聞いたウィルは安心したが、トリッシュを自分も守りたいとジェシカに進言する。ジェシカはウィルにできることは何一つないと断った。

その後ジェシカはウィルにまだキルグレイヴに立ち向かう気持ちはあるか電話で確認し、ウィルは頷く。ジェシカは誰が彼女の写真を撮っていたか突き止めるために防犯カメラを提供させた。

シンプソンはマルコム・ドゥカスを待ち伏せ激しく尋問する。ジェシカはそれを止めてマルコムと共にキルグレイヴの被害者の会を立ち上げた。

シンプソンはトリッシュのアパートに戻り、トリッシュと話そうとする。まだ彼を恐れていたトリッシュはドア越しにウィルと会話した。彼女がより安全になれるようにウィルはトリッシュに銃をプレゼントした。

ようやくウィルを部屋に入れ、ジェシカがキルグレイヴ捕獲計画を話しにくるまでの間に性行為に及ぶ。

ジェシカの計画を聞いた一行は、計画を実行に移そうとする。ウィルは軍にいた時に知った軍の密閉室に連れてキルグレイヴをここをに閉じ込めようと提案する。しかしキルグレイヴに近づくウィルに彼は気づいた。ジェシカが声をあげて彼の気をそらし、その隙にウィルは麻酔を打つ。ところが警護の男たちがやってきた。ジェシカはなんとか振りはらい車にキルグレイヴを連れ込むが、キルグレイヴに追跡器がつけられており、みつかってしまう。三人で応戦したが人数で負けてしまいキルグレイヴを逃した。

二度目の捕獲作戦で爆弾に巻き込まれウィルは負傷する。トリッシュは彼を病院に連れて行こうとするが、ウィルはコルゾフ博士以外には診られたくないといいコルゾフ博士のもとを訪れた。

意識を取り戻したウィルはトリッシュとの電話でキルグレイヴから離れるようにお願いするが、トリッシュは断る。退院したウィルはキルグレイヴが監禁されていた密閉室に向かうが、現場は悲惨であった。ウィルはクレモンス刑事にことの事情を聞いた後、彼を撃ち抜き、大量の油をまいて現場を燃やす。トリッシュのもとに来たウィルはワクチンの作成の協力を申し出るが、ワクチンを製造している人がキルグレイヴの父親だと知ると激昂し掴みかかる。トリッシュは彼を部屋から追い出しどさくさに紛れて薬を奪った。

ウィルは番組収録中のトリッシュのもとを再び訪れる。薬のせいで精神がおかしくなったこと、組織から外れたことを説明し、トリッシュに謝罪する。そしてジェシカの所在を聞いたもののトリッシュは答えなかった。

ウィルは三たびトリッシュに待ち伏せしてジェシカの居場所を聞こうとする。ところがコルゾフ博士から仕向けられた兵士が現れた。ウィルは薬を飲み、一発で兵士たちを仕留める。ウィルはトリッシュを閉じ込め、死体をトリッシュの部屋に運んだ。そしてジェシカの後を追う。エイリアス探偵事務所にやってきたウィルはジェシカと対峙した。ウィルがジェシカの首を絞め殺そうとした時にトリッシュが到着し、彼の頭に消火栓をぶつけて気絶させる。

性格編集

正義感が強い故に自分が信じたものを邪魔するものは排除しようとする。

力と能力編集

編集

  • 赤の錠剤:赤の錠剤を飲むことによりアドレナリンを増加させ力が強くなる。

トリビア編集

  • コミックキャラクターのフランク・シンプソンがベースになっている。

参考リンクと出典編集

More編集

フットノート編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki